試乗記

カーライフニュース - 試乗記

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

3代目となる新しい『X3』を見ての第一印象は「ん?変わった?」であった。よく見れば各所が更新されているのだが、特徴的なキドニーグリルとそのシルエットからは大きく変わったという印象は受けない。それくらい、デザイン的には保守的なモデルチェンジとなったX3だが、中身はかなり挑戦的だ。

X3はその名の通り『3シリーズ』クラスのSUV。初代、2代目は3シリーズのプラットフォームを使用して作られたが、新しいモデルは『7シリーズ』や『5シリーズ』と・・・

ニュースを読む

AGS。この言葉を投げかけたら、「コーヒーギフトはエイ、ジー、エ…♪」と、脳内に音楽が流れるのではないだろうか。違う。それは、味の素さまが新しくした社名(味の素AGF)だ。

最後の一文字がSである「AGS」は、Auto Gear Shift。スズキが開発した変速機である。マニュアルミッションをベースにして、クラッチなしで操作できるこのシステム。長所はコンパクトで安上がりで、燃費もよろしいと三拍子そろったものだ。しかし、それらを合わせて・・・

ニュースを読む

ひと昔まで、「デザインがなんとも洒落ている」というのはヨーロッパ車の専売特許だったようにも思う。だが最近は日本車もその分野での進捗が著しく、「デザインにこだわるならやっぱ欧州車だよね」と一概には言えなくなってきている。特に近年のマツダ各車は、ある意味「日本車離れしてえる」とさえ言えそうなデザイン性の高さにより、従来はヨーロッパ車しか眼中になかったユーザー層をそれなり以上に取り込んでいるはずだ。

そして例えば今、プジョーのSUVラインア・・・

ニュースを読む

その顔つきから、ホイールベースを延長して3列シートを構築した、『CX-5』のストレッチモデルとばかり思っていた新しい『CX-8』。だが、その実態はそうではなかった。

これまでマツダから、CX-8に関するCX-5との違いについては一切の言及がなかった。だから、試乗させていただくまで、筆者自身もてっきりこのクルマはCX-5のストレッチバーションだと思っていた。ところがどっこい、このクルマのルーツは実は別にあったのである。

その話は後述す・・・

ニュースを読む

日本市場でこのサイズのセダンに、存在価値はあるのか。いつもそう思っている。ハッチバックより荷物は載らない。車内は狭い。ボディラインが把握しにくく車庫入れがしにくい。なにせ、たたずまいそのものがジジ臭い。しかしながら、あら?『シビックセダン』のデザインは悪くない。

(顔はともかく)真ん中から後ろへと続く屋根のラインはクーペのように美しい。いやいや、惑わされるな。このクーペのようなカタチだとほらね、後席に入ろうとすると屋根が低くて頭をぶつ・・・

ニュースを読む

ディーゼルエンジンによって新境地を開いたマツダ。今のところ純粋なセダンでディーゼルエンジンを搭載するモデルをラインナップするのは、日本メーカーではマツダだけである。

『アクセラ』には、これまで2.2リットルディーゼルはセダンにも搭載されていたが、新たに1.5リットルモデルも加えられ、ディーゼルラインナップがさらに拡充された。勿論エンジンとしてはこれまでも『デミオ』に搭載されていた「15XD」と同じものだが、チューンは若干異なっており、・・・

ニュースを読む

フルモデルチェンジで、プレミアム感のエッセンスを入れられた『コンパス』。グレードの中核を担う「ロンジチュード」は、Aピラーからルーフラインにかけて黒く塗られ、SUVらしからぬシャープなボディラインを表現している。全高は1640mmと、弟分の『レネゲード』よりもわずかに低め。すらりとしたスタイルで勝負に出てきた。

ただし、このAピラー(窓枠)、内側から見るとナナメぶりと太さが気になる。ここにサイドミラーがついているので、死角が大きいのだ・・・

ニュースを読む

このセグメントのライバルが一気にモデルチェンジを果たす中で、市場的にも遅れてはならないということだったのか、新しいBMW『X3』の日本導入は、本国デビューからたった3か月遅れでやってきた。

具体的なライバルといえば、アウディ『Q5』、ボルボ『XC60』、メルセデス『GLC』などで、このうち、アウディとボルボはつい先ごろ日本市場でニューモデルを公開したばかりである。正直言えば、見た目に最も変化の乏しかったのがX3かもしれない。しかし、そ・・・

ニュースを読む

セダンに続いてハッチバックのシビックにも試乗した。こちらはセダンと違い、トランスミッションによってグレードが分かれている。

セダンと同じCVT搭載車と、何とマニュアルトランスミッションの設定がある。しかも予注開始から1万2000台販売されたモデルのうち、ハッチバックはほぼその半数、つまり6000台ほどで、このうち35%がMT車だというから、MT比率はかなり高いということになる。

それだけではない。CVT仕様とMT仕様ではエンジンのチ・・・

ニュースを読む

ホンダ『シビック』が7年ぶりに日本市場で販売されることになった。このシビックという車名、1972年から使われている伝統あるホンダの名前で、勿論ホンダでは最も息の長い車名であり、世界的にも長寿車である。

もう一つ言えば、ベーシックなモデルにハッチバックモデルが設定されるのは、2005年以来だから実に12年ぶりのこと。だからシビックを覚えている人も、ましてやハッチバックがあったことを知っているユーザーも、かなり少なくなったと考えても不思議・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

コースケ

なかなかイイ車

車種名:ミニ クロスオーバー
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

2013年モデル、クーパーSのATをディーラー認定中古車で購入。1年延長...[ 続きを見る ]

コースケ

納車3日目

車種名:BMW X1 (ディーゼル)
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

納車3日目、スキー旅行で片道 約300Kmを走行した感想です。 慣らし...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針