ニューモデル

カーライフニュース - ニューモデル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

テスラのイーロン・マスクCEOは12月4日、2022年に生産開始予定のEVピックアップトラックの『サイバートラック』(Tesla Cybertruck)の最初のモデルが、4モーター車になるとの見通しを発表した。

サイバートラックは2019年11月に初公開された。サイバートラックは、トラックの実用性とスポーツカーの性能を備えた設計が特徴になる。デザインは、従来のピックアップトラックとは全く異なり、非常に斬新だ。真横から見ると、三角形に見・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は12月3日、新型『タンドラ』(Toyota Tundra)の生産を米国テキサス州の「トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・テキサス」で開始した。ハイブリッドの生産開始は、2022年春を予定している。

◆「テクニカルマッスル」を掲げる外装デザイン
エクステリアは、トヨタ自動車の北米デザインスタジオ、「Calty Design Research」によって設計された。Caltyのデザイナーは、新型タンドラの外装に・・・

ニュースを読む

BMW、最新機種『CE 04』を展示…EVバイクコレクション2021

by 二城利月 on 2021年12月07日(火) 08時30分

2021年12月4日、5日に東京国際フォーラムで開催された「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」にBMWが出展、最新機種の『CE 04』と従来製品の『C evolution』を実車展示した。

小型のモビリティ展示が多い中、確かな存在感を示す両車には、イベントを訪れたユーザーは目を奪われていた。

C evolutionは2014年にEVバイクの先駆けとして登場したモデルで、600ccクラスの大型スクーターをEV化したも・・・

ニュースを読む

レクサスは12月2日、『ROVコンセプト』を欧州で発表した。レクサス初の水素エンジン搭載車になる。

◆さらなるアドベンチャーを求める顧客に向けた提案
ROVとは、「レクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークル」の略だ。「ATV」=All Terrain Vehicle(全地形対応車両)や、横2人乗りなので「サイドバイサイド」、あるいは誤用ながら4輪バギーとも呼ばれる。

日本メーカーでROVを手がけているヤマハによると、ROVは乗車定・・・

ニュースを読む

マツダは、トヨタからOEM供給を受け、『マツダ2ハイブリッド』を2022年春より欧州に導入すると発表した。

マツダ2 ハイブリッドは、トヨタ自動車の欧州事業統括会社からOEM供給されるトヨタ『ヤリス・ハイブリッド』をマツダブランド車として販売するもの。欧州におけるマツダ2のラインアップに追加される。

マツダ2ハイブリッドは、軽快なハンドリング、上質な乗り心地と快適な室内空間、最新の安全技術を備えたコンパクトカー。直列3気筒1.5リッ・・・

ニュースを読む

今回試乗したのは、ハーレーダビッドソン初となるビッグアドベンチャーモデルの『Pan America 1250 Special』です。

私はハーレーのバイクに乗った経験があまりなかったので、それらと比べてのインプレは難しかったのですが、ビッグアドベンチャーならいろいろ体験してきたので、その違いを大きく感じることができました。

車高を自動で調整してくれる秘密兵器を搭載
まず身長160cmの私にビッグアドベンチャーは体格的に手強いかと思い・・・

ニュースを読む

シトロエンは12月2日、欧州で2022年に発売予定の『C5 X』(Citroen C5 X)のプラグインハイブリッド車(PHV)に、「プラグインリマインダー」を採用すると発表した。

◆ユーザーに充電を促しEVモードでの走行を増やすのが狙い
プラグインリマインダーは、車両が定期的に充電されていない場合、車載ディスプレイを通じて、ドライバーに通知するシステムだ。ユーザーがPHVのパフォーマンスを最適化し、環境への影響をさらに減らすのに貢献・・・

ニュースを読む

イタリアのモーターサイクルメーカー、MVアグスタ(MV Agusta)がリースした電動キックスクーターがかっこいい。スキラーナ発のマシンと同じ伝統のカラーを身にまとった電動キックスクーターは、その名を『ラピード・セリエ・オロ』という。

都市で生活する人の間で、毎日の仕事や日常の用事にスタイリッシュで高性能な電動ビークルを使いたいと考える人は増えている。そういった高感度な人に向けて、電動自転車の『アモ』についで、MVアグスタのeモビリテ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツのエントリーモデル、『Aクラス』改良新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。現行「W177」型は、2019年モデルとして2018年に登場、これが初の大幅改良となる。

スウェーデンの北部山中にある、同社寒冷気候テストセンター付近で発見されたプロトタイプは、カモフラージュの奥に新しいメッシュパターンが見えており、グリル中央に運転支援システム用のセンサーが設置されているようだ。このセンサーはアップデートされたロゴと統合される・・・

ニュースを読む

モーガンモーターカンパニー(以下、モーガン)は12月2日、8月に生産を終了したモーガン『3ホイーラー』の後継車として開発中の新しい3輪車を、2022年に発売すると発表した。同車のデザインスケッチを公開している。

◆3ホイーラーの流線形デザインを継承
このスケッチは、新しい3輪モデルのデザインの方向性を示すもの。モーガンのデザインチームの製図板から切り取られたイラストは、新しいモデルの美的センスと、それを支えるインスピレーションを示す、・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

いく

シートヒーター

車種名:ミニ 3DOOR
投稿ユーザー:いく***** さん
総合評価:

D営業担当さんがシートヒーター付きは温かくて、 他乗れないって言ってたの...[ 続きを見る ]

スズ(_ _)

AWDモデルについて

車種名:スズキ キザシ
投稿ユーザー:スズ***** さん
総合評価:

キザシの魅力、AWDモデルの機能についても掘り下げます。 燃費に付いて、...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針