社会

カーライフニュース - 社会

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

大雪による大型車の立ち往生 国交省が対策

by レスポンス編集部 on 2021年12月04日(土) 09時00分

国土交通省は12月1日、大雪時の大型車立ち往生の発生を防止する対策を実施すると発表した。

大雪時の立ち往生防止対策として冬用タイヤの装着やチェーンの携行・装着の徹底を訴求する。とくにチェーンを、立ち往生する前、早めの装着を要請する。運送事業者に対しては道路管理者が撮影した写真も踏まえて各地方運輸局が指導・監査を実施する。雪道で悪質な立ち往生事例が発生した場合、監査で事実関係を確認した上で、講じた措置が不十分と判断された場合、行政処分の・・・

ニュースを読む

交通運輸分野を脱炭素化…先進技術を募集 国交省

by レスポンス編集部 on 2021年12月01日(水) 14時45分

国土交通省は11月30日、交通運輸分野におけるカーボンニュートラル実現につながる技術を募集すると発表した。

国土交通省では、交通運輸技術開発推進制度として安全、安心で快適な交通社会の実現や環境負荷軽減につながるイノベーティブな技術を発掘して社会実装するのを支援する制度。毎年度、交通運輸分野の政策課題の解決につながる研究開発テーマを公募している。

今回、制度創設以来初となる短期集中型の研究課題として「交通運輸分野におけるカーボンニュー・・・

ニュースを読む

コロナ時代の非接触・非対面配送モデル構築 国交省が実証実験へ

by レスポンス編集部 on 2021年12月01日(水) 14時15分

国土交通省は11月30日、非接触・非対面型輸配送モデルを創出してサプライチェーンの強靱化を図るための実証事業を実施すると発表した。

実証事業では、地域内のラストワンマイル物流の持続可能性を高めるとともに「新しい生活様式」に適応した「新たな配送形態」を構築するため、地域コミュニティや配送事業者が連携、AIやIoTなどの先端技術、シェアリングを駆使して非接触・非対面型でのBtoC配送モデルについて検証する。

また、貨客混載輸送や中継輸送・・・

ニュースを読む

自動車メーカーの完成検査にAIを活用、自動化設備の使用を解禁 国交省

by レスポンス編集部 on 2021年12月01日(水) 11時30分

国土交通省は11月30日、自動車メーカーの完成検査で、人工知能(AI)を活用した自動化を解禁するため、法令を整備すると発表した。

道路運送車両法では、自動車メーカーに製造した自動車を一台毎に完成検査することが義務付けられている。ここ数年、生産年齢人口の減少、労働者の働き方の多様化が進み、人材確保が困難になりつつある中、AIなどを活用した完成検査の自動化は、完成検査員の育成負担軽減や完成検査の合理化に加え、品質管理の面でも高度化や完成検・・・

ニュースを読む

地域住民の利便性支援を目的にMaaS を活用…加賀市

by 会田肇 on 2021年12月01日(水) 11時00分

加賀市(石川県)は11月26日、デジタルを活用したデータに基づく効率的な交通体系の実現に向け、MaaS Tech Japanおよびヴァル研究所と協定を締結。MaaSを活用した交通版EBPMによる公共交通の改善に取り組む。29日には協定の締結式を実施した。

◆MaaSを核に公共交通機関を連携させてサービス向上につなげる
これは加賀市におけるMaaSを活用した質の高い住民サービスやスマートシティの実現を目指して実施されるもの。地域の課題解・・・

ニュースを読む

新車・中古車のサポカー補助金、11月29日で受付終了

by レスポンス編集部 on 2021年12月01日(水) 09時00分

経済産業省は、自家用の新車・中古車を対象とした「サポカー補助金」(安全運転サポート車普及促進事業費補助金)について、予算の上限に達したため、11月29日到着分で申請受付を終了したと発表した。

2019年度補正予算で措置している「サポカー補助金」は、予算を繰り越し、2021年度も事業を実施してきた。11月29日申請受付分を集計した結果、これまでの申請状況等を勘案すると11月30日の受付分で予算額を超過することが明らかとなったため、11月・・・

ニュースを読む

三菱自動車と東日本三菱自動車販売は11月26日、国土交通省、神奈川県川崎市と合同で、「落雷により川崎市内数か所で停電が発生し、福祉機器への充電が必要な施設に三菱自動車製の電動車を届ける」というシナリオを想定した実証訓練を実施した。

三菱自動車はこれまで、災害により停電が発生した地域に電動車等を速やかに貸し出す災害時協力協定を全国150以上の自治体と締結しているが、円滑な災害対応を目的とした同様の動きは全国で加速している。国土交通省は今・・・

ニュースを読む

EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省

by レスポンス編集部 on 2021年11月29日(月) 09時21分

経済産業省は11月26日、電気自動車の購入や充電・水素充てんインフラの整備の補助金を引き上げると発表した。

同日に政府が閣議決定した2021年度補正予算案に、電気自動車・プラグインハイブリッド車・燃料電池自動車の購入への補助金と、充電・水素充てんインフラの整備への補助金が盛り込まれた。補助額を引き上げるとともに、条件も緩和する。

新しい補助金は11月26日以降の新規登録の登録車または新規検査届け出した軽自動車が対象で、補助上限額は軽・・・

ニュースを読む

クルマに事故はつきもの。目の前の傷病者へのバイスタンダー(そばにいる人)の対応で、救命率(後遺症も)は大きく変わる。今では運転免許取得時のカリキュラムに入っているほどだ。

しかし、コロナの今、外を歩く人ですらマスクをし、エアロゾル(ウイルスなどが浮遊した空気)対策で不織布マスクが推奨されているなか、だれかを助けるために人工呼吸もしなければいけないのか? 応急手当はどのようにすればいいのだろう。

そんななか、日本救急医療財団の心肺蘇生・・・

ニュースを読む

交通事故被害者や自動車業界団体などによる「自動車損害賠償保障制度を考える会」(以下、考える会)は11月22日、自賠責保険料からの積立資金が国の一般会計に繰り入れられたままとなっている問題で、国土交通省の斉藤鉄夫大臣に善処を要望した。

考える会は、事故被害者団体や日本自動車会議所、自動車総連など幅広い関係機関で構成され、2010年に設立されている。自賠責資金が一般会計にプールされている問題は、本来、交通事故被害者支援などのために積み立て・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

スズ(_ _)

AWDモデルについて

車種名:スズキ キザシ
投稿ユーザー:スズ***** さん
総合評価:

キザシの魅力、AWDモデルの機能についても掘り下げます。 燃費に付いて、...[ 続きを見る ]

デカ耳こーぎー

【全般】  Aピラー下端を除き良好な視界で不思議な安心感があり、見た目も...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針