試乗記

カーライフニュース - 試乗記

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日本でも『C3』と『C3エアクロス』、『C5エアクロス』に続いて『ベルランゴ』と、立て続けにヒットさせているシトロエン。それらの間に挟まれて、欠くべからざる欠番の1ピースとなっていただけに、新しい『C4』は気になる存在だ。

シトロエンが十八番としてきたミドルレンジは、パッと見には個性的で風変りでスタイリッシュ、そして使ってみると驚くほど実用性に富み、かつクラスを超えた快適性を備えている点が、その伝統だ。だから実用車でありながら歴代、外・・・

ニュースを読む

新型『GR 86』/『BRZ』は袖ヶ浦サーキットでの試乗会を経て、今回は一般道で試乗することができたのでレポートしたい。

サーキットでの印象は、BRZのフロントサスペンションの反応がリニアで手ごたえがあり、ラップタイムも速かった。それに対してGR 86はリアサスペンションの踏ん張りが強く、特にパワースライドコントロールのしやすさでBRZより優れていたが、ラップタイム的には少し劣っているという結果だった。

その違いが果たして一般道でど・・・

ニュースを読む

ヤリスとは違う「小さな高級車」
新型『アクア』に対面し、そして試乗してみると、飛躍的な進化に驚かざるを得ない。

外観は、初代アクアの印象を残しながら、より美しく上質になっている。試乗の折にレストランの駐車場で新旧を比較する機会を得た。初代も特徴ある姿だが、新型は外観の造形の面構成により凝った抑揚ある美しさを、5ナンバーの枠の中で見事に仕立てた様子を確認することができた。

室内も、見栄えがよくなり、上級車のような居心地だ。運転していて・・・

ニュースを読む

新たなジャンルを印象づけるスタイリング
セダンボディの特権か、硬質感のかたまりは、まるでドイツ車のようである。それが、プロトタイプだがほぼ完成形の『WRX S4』の初乗り印象だ…。

写真で見る新型WRX S4はブリスターフェンダーの張り出し、特にリアフェンダー後端のキックアップしたデザインが、個人的には引っ掛かっていた。が、実車を前にすると台形のフェンダープロテクションとアーチを含めた造形が新鮮に感じられ、テールランプにつなげた面の美・・・

ニュースを読む

なんか、おかしなタイトルである。おい中村!いぶし銀は輝かねぇよ!とおしかりを受けそうである。

確かにいぶし銀はその色だけを見ればマット調だから輝きはない。でも一方でいぶし銀という言葉は、歳いった老俳優の味のある演技などに比喩として使われることがあることもご存じだと思う。

ルノー『メガーヌ』の現行モデルがデビューしたのは2016年のことで、2017年から日本で販売されている。そして今回フェイスリフトを受けてエンジンや外観に少し変更が加・・・

ニュースを読む

スバル『BRZ』とトヨタ『GR 86』は、当初はダンパーの違い程度で、基本的な走りの味付けにそう大きな違いはなかったという。が、開発終盤でガラッと変わった『GR 86』に対し、『BRZ』側の方針、コンセプトは変わらなかったそうだ。

話を伺ったお1人、スバル側で『BRZ』の全体のとりまとめを担当された商品企画本部・原田弘之幸さんも、ドラマのあった(!?)開発を経て「結果論でいえば、両車の考え方がしっかりと出ていて、選びやすいクルマになっ・・・

ニュースを読む

開発スタート時、GRを名乗るかどうかは未定だった。その後GRブランドの専売車として「トガったスポーツカーを出すんだ」の意志表明のもと、今回の『GR 86』は誕生した。ただし、発表直前にセットアップのし直しが入ったのは本当のことらしい。

「楽しくない、86らしくない」から大きく変えた
「“GR”と“86”の両看板の重みを語れるクルマになっていたか? 86らしさはあるか? GRを名乗れるか?とマスタードライバー(=モリゾーこと豊田章男社長・・・

ニュースを読む

昨年9月に出来た「超小型モビリティ・型式指定車」は、軽自動車の中に制定された新基準。その適合車第1号として昨年12月から限定販売されていた『C+pod(シー・ポッド)』が、2022年にいよいよ個人向けにも販売されることとなった。

最高速度は60km/hだが、最大定員は2名
ボディサイズは、これまであった原付のミニカーと同サイズで、全長2.5m以下、全幅1.3以下というもの。ところが型式指定車ということで衝突安全試験の破損試験や、エアバ・・・

ニュースを読む

Gクラスのチームが監修したCクラス オールテレインとは

by 渡辺慎太郎 on 2021年11月22日(月) 08時00分

メルセデスベンツの新型『Cクラス』は、実はCクラス史上初めてセダンとワゴンを同時に発表したモデルである。これまではセダンから遅れて1年後くらいにワゴンが追加されることが多かったのに、今回同時発表に踏み切った背景には昨今の時代背景があるのだろう。

セダンとワゴンの開発は通常ほぼ同時に進められていたが、両車の発表時期をずらすことにより、そのモデルに対する市場の注目を長い期間に渡って継続的に集められるといった販売面での戦略が主な理由だった。・・・

ニュースを読む

走り屋さんを自任するなら、探すだけの価値はある
まず初めにお断りしておく。すでに本国では新しい『2シリーズクーペ』が発表されていて、日本ではこの『M2コンペティション』はカタログ落ちした。というわけで、もしこのクルマを御所望なら、ディーラーをめぐって在庫の確認を急ぐべきだろう。

その価格といい(試乗車の場合オプション込みで983万5000円)、サイズ感といい、卓越した性能といい、新しく誕生するであろうM2がこの値段を超えることは想像に・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

ゴートシ

ゴトゴト異音

車種名:三菱自動車 アイ
投稿ユーザー:ゴー***** さん
総合評価:

今年中古で2006年グレードG2WDを購入し通勤で往復70キロ乗っており...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算68回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算68回目)を11/28に行いました。前回の給油から562.4k...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針