テクノロジー

カーライフニュース - テクノロジー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダは、低ノイズのオーディオ機器用蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500 for Music」を200台限定で発売。12月18日までホンダ公式ウェブサイト上で購入申し込みを受け付ける。価格は29万7000円で、デリバリーは2020年2月中旬より開始する。

LiB-AID E500 for Musicは、ホンダ独自の正弦波インバーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたハンディータイプ蓄電機「LiB-AID E500」をベース・・・

ニュースを読む

アルプスアルパインは幕張メッセ(千葉市)で10月18日まで開催したCEATC 2019において、昨今の技術トレンドとなっているCASEへの取り組みや、次世代自動車の車室内空間に新たな付加価値を生み出すPremium HMIテクノロジー、IoT市場における導入事例などを紹介した。

展示で最も目を引いたのが、5G通信によって自動車があらゆるモノとつながるIoT時代を見据えた「Seamless Smart Mobility Solution・・・

ニュースを読む

デンソーテンは、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展し、先進の車載音響技術やコネクティッドサービス事例などを紹介する。

デンソーテンブースのテーマは「The Fine Vehicle Experience」。感動の音空間を創造する車載音響技術や、次世代移動サービス「MaaS」の普及・発展に貢献する先進のコネクティッドサービス事例など、安心・快適な移動空間の提供を目指した最新・・・

ニュースを読む

矢崎総業は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」にて、クルマと人をつなぐ「見守りシステム」と「統合コックピットコンセプト」を世界初公開する。

矢崎総業の展示コンセプトは「新たなモビリティ社会に向けた挑戦」。未来につながる現在の技術とともに、新しいモビリティ社会に貢献できる同社の技術やサービスを映像で表現する。

統合コックピットコンセプトは、開発中の「統合制御ユニット」と「ドライ・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は10月17日、『インプレッサ』および『XV』のイグニッションコイルなどに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年10月3日から2019年3月22日に製造された27万9558台。

不具合箇所はイグニッションコイル、ブローバイガス還元装置(PCVバルブ)、ブレーキホースの3つ。

イグニッションコイルについては、エンジンコントロールユニット(ECU)の制御プロ・・・

ニュースを読む

八千代工業は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展、高圧密閉樹脂製燃料タンクなど、軽量化に貢献する各種製品を紹介する。

高圧密閉樹脂製燃料タンクでは、十分な容量を確保しつつ内外部からの圧力変化に耐える技術と、低コストを実現する樹脂支柱を用いた密閉化技術を紹介。低炭素社会に寄与する燃料電池車用水素タンクも参考出品する。

サンルーフ「パノラマ フラッグシップ」は、部品の最小化・・・

ニュースを読む

国土交通省は、先進安全自動車(ASV)を広く紹介するため、10月23日から開催される「第46回東京モーターショー2019」にブースを出展すると発表した。

ブースでは、ASV推進計画の概要やこれまでの取り組みを来場者に紹介するとともに、パネル展示や、実用化されたASV技術を紹介する映像を上映する予定。

また、会場周辺では大型バスのドライバーが安全に運転できない状態に陥った場合、車両を自動的に停止させる「ドライバー異常時対応システム」の・・・

ニュースを読む

中型自動運転バスの実証実験を実施するバス業者5社を決定

by レスポンス編集部 on 2019年10月17日(木) 15時15分

経済産業省と国土交通省は、交通事故削減や高齢者の移動手段の確保に活用できる中型自動運転バスの実証実験を実施するバス運行事業者を選定した(16日発表)。

自動運転は、交通事故削減や高齢者の移動手段の確保につながることから早期の実用化が期待されており、政府は2020年までの限定地域での無人自動運転移動サービスの実現を目標に掲げている。

経済産業省と国土交通省は、産業技術総合研究所(産総研)に「高度な自動走行システムの社会実装に向けた研究・・・

ニュースを読む

オフィスや商業などの施設警備を主要業務とする全日警は、10月16日、米国Turing Video社が開発した今までにない新しい警備ロボット「Nimbo」の販売に向けて業務提携したことを発表した。同社はこのロボットを使い、社会問題化している人手不足の解決につなげる考えだ。

◆コンパクト化により中小規模施設での運用も可能

「Nimbo」はシリコンバレーで技術を積み上げてきたテクノロジーベンチャー企業「Turing Video社」が開発し・・・

ニュースを読む

国土交通省は、後付け急発進抑制装置(ペダル踏み間違い時加速抑制装置)を国が認定する、先行個別認定を開始すると発表した。

昨今の事故情勢を踏まえた交通安全対策に関する関係閣僚会議では、未就学児、高齢運転者の交通安全緊急対策として「既販車への後付け安全運転支援装置の性能認定制度の創設と2020年度からの実施を検討すること」とされた。

国土交通省はこれを踏まえて、後付けの急発進等抑制装置の性能認定制度について2019年度内に認定基準を整備・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針