テクノロジー

カーライフニュース - テクノロジー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

今回からスタートする当連載では、「ドライブと音楽はセット」、そう考えているドライバー諸氏に向けて、その音楽を今よりもっと良い音で楽しむための「“低予算”サウンドアップ術」を1つ1つ紹介していく。まずは“予算ゼロ円”で実行できる「簡単音調整法」を公開する。

◆左右の音量差を整える「バランス」機能の、ベストな設定法とは…
ところで「ハイエンド・カーオーディオ」では、高度な「サウンドチューニング機能」がシステムに付与されそれが駆使される。車・・・

ニュースを読む

トヨタ プリウス、13万台をリコール…走行中にドアが開くおそれ

by 纐纈敏也@DAYS on 2024年04月17日(水) 17時30分

トヨタ自動車は4月17日、『プリウス』の後席ドアアウターハンドルについて防水性能に不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。対象となるのは2022年11月24日〜2024年4月3日に製造された13万5305台。

後席ドアハンドルの開スイッチの防水性能が不十分なため、洗車等で多量の水がかかるとスイッチ内部に浸入することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、スイッチ内部の回路がショートして作動し、最・・・

ニュースを読む

当特集では、「カーオーディオ・プロショップ」と呼ばれる“音のプロ”がいることを、そして彼らのバリューを解説している。今回は、彼らが「サブウーファーボックス」を自在に作れることについて深掘りする。

◆カーオーディオでは「サブウーファーボックス」がワンオフされることが多い。なぜなら…
ところでホーム用のスピーカーは、スピーカーユニットが箱に取り付けられた状態で完成品となっている。しかしカー用のスピーカーは、スピーカーユニットが裸の状態で販・・・

ニュースを読む

カーオーディオシステムのバージョンアップに興味を持つドライバーに向けて、その思いを形にしようとするときに役立つ製品情報を幅広く紹介している当コーナー。現在は、「サブウーファー」に関する情報を発信している。今回は「単体サブウーファー」について解説する。

さて、前回の記事にて説明したように、クルマのドアに取り付けられるスピーカーは大きさ的な限界がある。大きくても17cm口径のスピーカーまでしか取り付けられない。しかしその大きさではもっとも・・・

ニュースを読む

レジャーカーとして手に入れた三菱『デリカD:5』だったが、音楽好きな神崎さんはオーディオのグレードアップにも力を入れる。ネット検索で見つけた千葉県のログオンで絶好のスピーカーと出会いシステムアップを開始、一気にオーディオに魅了されることになる。

◆バンドも経験して音楽も大好きなオーナー
当然のように高音質オーディオが欲しくなった
キャンプやスキーなどのアウトドアレジャーやウインタースポーツが好きな神崎さん。そんなレジャーの移動手段とし・・・

ニュースを読む

カーオーディオは専門性が高い趣味だと思われがちで、ゆえに敬遠されることもある。当連載は、そのイメージの払拭を目指して展開中だ。まずは「スピーカー」に関する“わかりにくい”事柄について説明している。今回は、スペックを気にするべきか否かを解説していく。

◆スペックからは、スピーカーの“音色”は推し量れない!?
クルマを買うとき、カタログスペックを比較したことがあるドライバーは多いに違いない。さて、スピーカーもスペックを比較することで買うべ・・・

ニュースを読む

現代ハイエンド・カーオーディオでは、デジタルチューニングが必須項目となっている。なおその設定はプロに任せた方が確実だが、それと並行して自分でやっても楽しめる。当連載ではそれを推奨し、その設定方法をガイドしている。

現在は、マルチウェイスピーカーに対して再生範囲の割り振りを決める機能である「クロスオーバー」の設定の仕方を説明しているが、今回からはフロント2ウェイスピーカーのツイーターとミッドウーファー間の「クロスオーバー」の設定方法を解・・・

ニュースを読む

チューニングパーツメーカー・BLITZ(ブリッツ)が販売中の「TV-NAVI JUMPER」(テレビナビジャンパー)に、レクサス『LBX』、『NX』、『RZ』とトヨタ『クラウン』(AZSH32)の適合モデル[NCT47]が追加された。税込価格は3万1900円。

「TV-NAVI JUMPER」は走行中でも同乗者のテレビ視聴が可能になるだけでなく、カーナビでの目的地設定を可能にする電子パーツ。車両側の配線を切断したり加工することが一切不・・・

ニュースを読む

当特集では、全国の有名カーオーディオ・プロショップ」に取材して、カーサウンドシステムのクオリティを上げるための具体的な“スタートプラン”をさまざま紹介している。今回は、純正スピーカーのままで音を激変させるプランをフィーチャーする。

案を示してくれたのは、石川県金沢市にて店舗を構える実力店『アンティフォン』の松居さんだ。さて、氏が推す“スタートプラン”の中身とは……。

◆“パワーアンプ内蔵DSP”を導入すれば、“アクティブ制御”を実行・・・

ニュースを読む

釣り用のレジャーカーに高音質化のシステムアップを施した岡本さんのマツダ『CX-8』。フロントスピーカーには試聴でピンと来たことからセレクトしたフォーカルのユートピアMをチョイス。広島県のリクロスががリクエスト通りのシンプルでスマートな取り付けを実施した。

◆デモカーの試聴で空間から音が現れる
ユートピアMのサウンドに惚れ込んで導入
釣り仕様の岡本さんのCX-8には前編でお伝えした通り、ラゲッジを犠牲にせずに高音質なシステムデザインを構・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

よもぎもち

概ね満足

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:よも***** さん
総合評価:

実際、多少期間を設けてハイブリッドかディーゼルを買う予定だったけど、前の...[ 続きを見る ]

Well

中距離ですが

車種名:ホンダ N-ONE
投稿ユーザー:Wel***** さん
総合評価:

日帰りで用事も兼ねて中距離走行しました。一番の目的は最高燃費を出したくて...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針