カーライフニュース

カーライフニュース - 総合

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

19日午前8時30分ごろ、石川県加賀市内の国道364号を走行していた軽乗用車が赤信号を無視して交差点へ進入。対向車線側で信号待ちをしていた中型トラックに衝突する事故が起きた。運転者の高齢男性は死亡したが、疾病原因とみられる。

石川県警・大聖寺署によると、現場は加賀市黒瀬町付近で片側1車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。軽乗用車は赤信号を無視して交差点へ進入するとともに、対向車線側で信号待ちのために停車していた中型トラック・・・

ニュースを読む

車内に飛び込んだハチに驚いて急ハンドル、バスと正面衝突

by 石田真一 on 2017年09月20日(水) 21時48分

19日午前7時40分ごろ、愛知県岩倉市内の県道を走行していた軽乗用車が対向車線側へ逸脱。対向してきた大型路線バスと正面衝突する事故が起きた。この事故でバスの乗客3人と、軽乗用車の運転者が負傷している。

愛知県警・江南署によると、現場は岩倉市西市町付近で片側1車線の直線区間。軽乗用車は斜行するようにして対向車線側へ逸脱。直後に対向車線を順走してきた大型路線バスと正面衝突した。

衝突によって双方の車両が中破。バスの乗客乗員17人のうち、・・・

ニュースを読む

19日に発表されたトヨタの新スポーツカーブランド「GR」。GRとして世に送り出される車両は気軽にスポーツドライブを楽しめる「GRスポーツ」をボトムとしていくつかのシリーズに分かれており、その頂点に立つのが広範囲にチューニングを施した究極のスポーツモデル「GRMN」だ。

「GRMN」として発売が予告されているのは現時点では『ヴィッツGRMN』1モデルのみ。2018年春ごろの発売を予定している。

驚くのは心臓部だ。スーパーチャージャーを・・・

ニュースを読む

2017年8月の訪日外国人旅行者数が、8月単月として過去最高の247万8000人に上った。前年同月比20.9%の増加。また、9月15日には独自推計で2000万人を超え、昨年より45日早く目標を達成した。観光庁が20日に発表した。

押し上げ要因として最も大きかったのは中国からの旅行者。単月として過去最高の81万9700人(前年同月比21.1%増)が来日した。8月の旅行者が過去最高を数えた国は、ほかにも16の国の地域があり、韓国62万90・・・

ニュースを読む

『ゴルフ』か『ポロ』か…。もはやパッと見たら見分けがつかないくらい立派になったと思ったら、なんと4世代目のゴルフとほぼ同じサイズなんだそうです。MQBプラットフォーム第2弾。新しいコンパクトカー用のMQBプラットフォームの採用で、これ1台でOKというオールマイティ性はグーンと高まりました。後部座席然り、荷室スペース然り。パーソナルユースを超えて、ファミリーカーとしても使えるレベルです。

インテリアにもダッシュボードがカラーパネルとなる・・・

ニュースを読む

アイシングループ6社(アイシン精機、アイシン高丘、アイシン化工、アイシン・エィダブリュ、アイシン・エーアイ、アドヴィックス)はフランクフルトモーターショー2017に出展。一般公開に先駆けた9月13日、アイシン精機の伊原保守社長がグループを代表して事業報告を行った。

アイシングループでは、欧州で初展示となる「高容量FR用10速AT」、「高容量マルチステージ ハイブリッドAT」をはじめ、最新の「FF用8速AT」や「高容量FF用6速MT」な・・・

ニュースを読む

マツダは9月20日、「2017年度 セントラル・リーグ クライマックスシリーズ ファイナルステージ」の冠協賛社に決定したことを発表した。

これにより、10月18日から「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島」で開催される大会の正式名称は「2017 マツダ クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ」となる。マツダがクライマックスシリーズの冠協賛社となるのは、初めて広島でファイナルステージが開催された2016年から2年連続2回・・・

ニュースを読む

アウディ ジャパンは、『Q5』シリーズの高性能バージョン「SQ5」をフルモデルチェンジし、新型「Q5」と同じ10月2日より販売を開始する。

新型SQ5もQ5同様、ボディサイズは従来型に対して若干拡大したが、70kgの軽量化を実現する。新設計の3.0TFSIエンジンは、過給システムを機械式スーパーチャージャーからツインスクロールタイプのターボチャージャーに変更。354psの最大出力、500Nmの最大トルクを発生すると同時に、レスポンスも・・・

ニュースを読む

スズキ アドレス125 復活へ、新型エンジン搭載…22万1400円

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年09月20日(水) 18時30分

スズキは、原付2種スクーターの新型モデル『アドレス125』を9月29日より発売する。

スズキの原付2種スクーターといえば、「通勤快速」の異名をとった『アドレスV125』が2005年の発売以来、好調なセールスを続けていたが、平成28年自動車排出ガス規制の影響で生産を中止。今回発売するアドレス125はその後継モデルとなる。

新型アドレス125は、燃焼室形状の最適化と曲線形状の吸気ポートの組み合わせにより燃焼効率の向上を図った新開発124・・・

ニュースを読む

スズキは、ストリートスポーツバイク「GSX-Sシリーズ」に125ccのエントリーモデル『GSX-S125 ABS』を追加し、10月11日より発売する。

GSX-S125 ABSは、124cc水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを軽量・高剛性フレームに搭載。GSX‐Rシリーズの解析技術を用いた燃焼室の最適化や、吸気効率の向上、燃料噴射の最適化などにより、最高出力11kW、最大トルク11Nmを発揮するとともに、48.2km/リットル(60k・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

チャッピーパパ

2017年、夏の燃費

車種名:トヨタ アクア
投稿ユーザー:チャ***** さん
総合評価:

今年も暑い夏でした。朝からエアコンを付ける日もままありました。 5月以...[ 続きを見る ]

マイロ

35系PHV高速500km走破

車種名:トヨタ プリウスPHV
投稿ユーザー:マイ***** さん
総合評価:

北関東道経由で平均85km/hで500kmを自然エアコンにして、8時間か...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針