カーライフニュース

カーライフニュース - 総合

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

デンソーは7月17日、新たなサテライトR&D拠点として米国に「シアトル・イノベーション・ラボ」を開設。新拠点にてオープンイノベーションを強化し、モビリティサービスの研究開発を加速させていく。

デンソーは、多様な車両データを収集・解析するための車載コンピューター開発や、車両データをクラウドコンピューターと通信で連携させる技術を培ってきた。今回、拠点を新設したシアトルには、多くのIT系企業や大学が集結しており、デンソーが保有する車両向け技・・・

ニュースを読む

◆新型「A6」は“カッコいい”

新型『A6』を目の前にして思ったのはかっこいいということ。なんとも淡白な表現で恐縮だが、確かにそう思った。SUVばかり進化しているように思わせといて、アウディのサルーン系はこのところいい感じに進化している。

新デザインのスタートは『A8』、そして『A7スポーツバック』と続いた。2017年に新設されたインゴルシュタットのデザインセンター以降、新しいデザイン言語を用いたと言える。新デザインセンターに足を踏・・・

ニュースを読む

総武線・外房線・内房線、京成千葉線、千葉モノレールが接続するターミナル、千葉駅。この駅に、「仕事帰り、買い物ついでに、手ぶらでバーベキュー」をうたうオープンBBQ施設が出現した。その名も「THE BBQ GARDEN」。11月24日までの期間限定駅前バーベキュー会場だ。

この THE BBQ GARDEN 。炭火で焼く熱々な道産牛、特大たらば蟹、道産ホタテなども心惹かれるけど、鉄道好きにはこの現場がまた熱い。

実はこの THE BB・・・

ニュースを読む

マツダは7月18日、『ロードスター』の兄弟車であるアバルト『124スパイダー』のトランスミッション制御コンピュータに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年9月2日〜2019年3月20日に製造された730台。

ATモデルのトランスミッション制御コンピュータにおいて、クラッチ制御プログラムが不適切なため、Dレンジ(マニュアルモード含む)で走行中にレンジ信号ノイズを検出した場合に、意図・・・

ニュースを読む

日産自動車は7月18日、電気商用車『e-NV200』のパーキングケーブルに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2014年9月19日〜2017年1月30日に製造された2468台。

パーキングケーブルにおいて、シフトレバー連結部留め具の材質が不適切なため、加水分解にて劣化することがある。そのため、留め具が破損し、シフトレバーとの連結が外れてパークロック操作ができなくなり、最悪の場合、パークロ・・・

ニュースを読む

鈴鹿サーキットにて7月24〜28日の間、2018-2019 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会が開催される。今年初めて観戦する方向けに基礎知識を交えながら鈴鹿8耐について紹介したい。

前述のとおり、今年で42回目の開催となる鈴鹿8耐は日本で最大規模の2輪レースで、日本でも開催される世界選手権(MotoGP日本GP)よりも観客動員数では上回っており、盛り上がりをみせている。80年代から90年・・・

ニュースを読む

600馬力のポルシェ 911ターボカブリオレ 新型、市販へ準備着々!

by Spyder7編集部 on 2019年07月20日(土) 12時00分

ポルシェ『911』(992世代)の派生モデルとなる最強オープン『911ターボ カブリオレ』新型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュが薄い状態でカメラが捉えた。

赤いファブリックルーフを装着した車両は、911カブリオレと比べるとより大型のコーナーエアインテーク、サイドスカートを装備するほか、リアフェンダー前部にはエアスクープも見てとれる。まさに「ターボ」の風格だ。

またリアエンドでは、可変式リアウィング、クワッドエキゾーストパ・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは、『N-WGN』のフルモデルチェンジに合わせ、女性ドライバー向けのインテリアコーディネート第6弾として、「エレガントカラーコレクション」を8月9日に全国のホンダカーズから発売する。

ホンダアクセスでは、2013年からカーライフをより楽しんでもらうため、車内を自分の部屋のようにコーディネートできるインテリアアイテムを中心とした純正アクセサリーを提案。「マカロンカラーコレクション」(2013年11月N-WGN/N-ONE用・・・

ニュースを読む

オイルシールメーカーのNOKは、「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展し、「未来のモビリティーを支えるNOK製品」をコンセプトに企画・展示を行った。

NOKが主力としているオイルシールとは、油を注入した機械の摩擦部分から油が隙間から漏れないようにするパーツのこと。大半が機械の中にセットされているため、いわば「ユーザーには見えない陰の立て役者」的な存在とも言える。NOKはそんなオイルシールの分野で「国内シェアNo. 1」の実・・・

ニュースを読む

◆日本にジャストサイズのCX-30

「いまの日本にはこれだ」と思わずにはいられないコンパクト・クロスオーバーの『CX-30』は、見た瞬間に吸い寄せられた。何故か、そのスタイリングが魅力じゃないか!

ハッチバックのような、ワゴンのような、若干アイポイントが高めなのも、いまや軽までが背の高いのが多いこの国では、見晴らしのため、安全性にも寄与するから少し高いほうがいい。まあともかく、ファミリーセダンの新しいカタチは、このクラスだと思う。
・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

しゅうちゃん

最高燃費は36キロ

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:しゅ***** さん
総合評価:

買って最初の年に50キロの市街地走行(郊外?会社の行き帰りで)出ました。...[ 続きを見る ]

としろー

EL41 まだ現役

車種名:トヨタ カローラII/コルサ/ターセル
投稿ユーザー:とし***** さん
総合評価:

走行距離はもうすぐ4万キロ、エンジンは極めて良好。 でも過去スターター・...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針