燃費

カーライフニュース - 燃費

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

経済産業省と国土交通省が共同で設置した燃費基準に関する審議会が、乗用車の新たな燃費基準に関する報告書をとりまとめ、2030年度の燃費基準目標を正式に決定した(25日)。

エネルギーの使用の合理化等に関する法律に基づく乗用車の新たな燃費基準については、経済産業省、国土交通省が共同で設置した燃費基準に関する審議会が2018年3月から検討してきた。今回「乗用車の新たな燃費基準に関する報告書」をとりまとめた。

新たな燃費基準は2030年度に・・・

ニュースを読む

◆カタログ燃費にウソ偽りなし?

プジョー『508』の諸元表を見ていて驚いたことがある。それは燃費である。今、燃費表示は徐々にWLTCモード燃費に切り替わる過渡期で、すべてが切り替わるのは2020年9月だ。

でもって、プジョー『508 GTライン』(1.6リットル・ガソリンターボ)の燃費はJC08モードで14.7km/リットルだったものが、WLTCで14.1km/リットルへと下がった。たった4%のダウンである。日本車の場合など、少なく・・・

ニュースを読む

ホンダのインドにおける二輪車生産・販売会社ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアは6月12日、世界初となるタンブル流強化技術を搭載した新型スクーター『アクティバ125』を発表した。

125ccと110ccモデルで構成する「アクティバシリーズ」は、安定した品質とCBS(コンビブレーキシステム)等の先進技術の積極的な採用などで、インド市場を代表するモデルへ成長。ホンダの二輪事業を支える基幹モデルとなっている。

今回、インドの排・・・

ニュースを読む

マツダの欧州部門は6月5日、新型『マツダ3』(Mazda3)の新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載車の欧州での受注を開始した。納車は今秋から開始される予定で、同車のスペックも発表している。

SKYACTIV-Xは、マツダ独自の燃焼方式の「SPCCI」(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)を実用化した世界初の内燃機関だ。ガソリンエンジンならではの伸びの良さに、デ・・・

ニュースを読む

新しい燃費基準、2030年度に25.4km/リットル---PHVとEVも対象に

by レスポンス編集部 on 2019年06月04日(火) 09時12分

経済産業省と国土交通省の議会は6月3日、乗用車の燃費基準に関する審議会が開催され、2030年度に2016年度実績と比較して32.4%燃費改善する新たな基準値が提示された。

新たな燃費基準の目標年度は2030年度で、基準値が25.4km/リットルと、2016年度実績比で32.4%の燃費改善となる。

対象はガソリン自動車、ディーゼル自動車、LPG自動車に加え新たに電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)を加える。EVとPH・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

10年後の目標とはいえ、「努力」ではなく「義務付ける」ということらしい。国土交通省と経済産業省が、乗用車の新たな燃費基準の原案を発表した。燃費を2030年度に16年度の実績比で約3割改善、新たな燃費基準では、各自動車メーカーに対し、乗用車の燃費値の・・・

ニュースを読む

BMWは、改良新型『X1』(BMW X1)にプラグインハイブリッド車(PHV)を初設定し、2020年3月から生産を開始すると発表した。

改良新型X1のPHVは、「X1 xDrive25e」グレードだ。フロントに積まれるのは、BMW「i」ブランドのPHVスポーツスポーツカー、『i8』用がベースの1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンで、このエンジンのパワーが前輪を駆動する。

モーターはリアアクスルに配置され、後輪を駆動する。エ・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、5月16日にオーストラリアで開催された「ブリスベン トラックショー」で新型大型トラックを発表し、6月1日より発売する。

大型トラックはオーストラリアとニュージーランドでは「Shogun(ショーグン)」の名称で呼ばれる。欧州排出ガス規制「ユーロ6」に準拠し、コモンレールシステムを採用した11リットル「OM470」型エンジンを搭載。従来車と比べ、燃費向上を実現している。さらに新型12速機械式自動ト・・・

ニュースを読む

乗用車の新たな燃費基準を検討へ---経産省と国交省の合同会議

by レスポンス編集部 on 2019年05月30日(木) 09時47分

経済産業省と国土交通省は、乗用車の新たな燃費基準策定について検討するため、6月3日に「第8回合同会議」を開催すると発表した。

乗用車の新たな燃費基準については、2018年3月6日に合同会議で検討を開始した。今回、「交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会自動車燃費小委員会」と「総合資源エネルギー調査会省エネルギー・新エネルギー分科会省エネルギー小委員会自動車判断基準ワーキンググループ」の第8回合同会議を開催し、とりまとめについて審議する・・・

ニュースを読む

BMWは、『5シリーズセダン』(BMW 5 Series Sedan)のプラグインハイブリッド車(PHV)の改良モデルを7月、欧州市場で発売すると発表した。

5シリーズセダンのPHVは、従来「530e iパフォーマンス」を名乗っていた。「iパフォーマンス」は、BMWブランドの電動パワートレイン車に冠される名称だ。改良モデルの欧州仕様では、「530eセダン」にモデル名を変更した。

PHVパワートレインは、エンジンがダウンサイズの直噴2・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

久保田

デミオ1.5D AT 10万Km燃...

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:久保***** さん
総合評価:

デミオ1.5D  10万Km燃費データー 走行距離      ...[ 続きを見る ]

ねばくん

燃費が悪化する条件が見えてきました...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

使用グレード:G 5MT あちらこちらの道路を走って、燃費悪化の条件が...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針