燃費

カーライフニュース - 燃費

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

国土交通省は、自動車メーカーで完成検査での不正が相次いでいることから、自動車型式指定規則の一部を改正する。

完成検査の燃費・排ガス抜き取り検査で、日産自動車とSUBARU(スバル)がデータを改ざんしていた。国土交通省では、自動車メーカーが完成検査を適切に実施しなかった場合、車両の保安基準適合性が確保されていないこととなることから、自動車型式指定規則を改正する。

具体的には、自動車メーカーは完成検査の際、測定した値などのデータを記録・・・・

ニュースを読む

マツダは8月9日、完成車の燃費・排ガスの抜取検査において、72台で不適切な取扱いがあったと国土交通省に報告した。

国土交通省は7月9日、燃費・排ガスの抜取検査で、スバル、日産自動車の不正が発覚したことを受け、自動車メーカー、輸入車業者に不正がないか調査・報告するよう求めていた。マツダは報告要請を受け、JC08モードおよびWLTCモードについて調査を実施。その結果、両モードとも、検査データの改ざんはなかったものの、JC08において、定め・・・

ニュースを読む

スズキは8月8日、完成車の燃費・排ガスの抜取検査において、四輪車6401台で不適切な取扱いがあったと国土交通省に報告した。

国土交通省は7月9日、燃費・排ガスの抜取検査で、スバル、日産自動車の不正が発覚したことを受け、自動車メーカー、輸入車業者に不正がないか調査・報告するよう求めていた。

スズキは湖西、相良、磐田の四輪各工場を対象に、燃費・排ガスの抜取検査に関し検査成績書や測定装置に残されているデータについて、関係者へのヒアリングを・・・

ニュースを読む

仏モチュール社製モーターオイルの日本総輸入販売元テクノイル・ジャポンは、高性能オートマチックトランスミッションフルード「ATF VI」を8月27日(予定)より発売する。

自動車の省燃費性能向上が大きな課題となっている近年、エンジンオイルだけでなくATFも低粘度化が求められている。新製品はこうした課題に対応すべく開発したスリップロックアップクラッチ対応の高性能ATFだ。

ATF VIは、通常のATFと比較して動粘度が約20%(同社比)・・・

ニュースを読む

国土交通省は8月9日、完成車の燃費・排ガスの抜き取り検査で、スズキ、マツダ、ヤマハ発動機が不適切な方法で行っていたとの報告があったと発表した。

3社は同日、それぞれ記者会見を開いて経緯などを説明する。

燃費・排ガスの抜き取り検査は、スバル、日産自動車も不正なやり方を行っていたことが発覚しており、国土交通省は自動車メーカー、輸入車業者に不正がないか点検して報告するよう求めていた。

また、輸入業者のうち、フォルクスワーゲン・グループ・・・・

ニュースを読む

三菱自動車の欧州部門は8月1日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)の2019年モデルのスペックと価格を発表した。

2019年モデルでは、駆動用バッテリーとエンジンを新設計する大幅改良を実施。モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち、ほぼ一新といえる約9割のコンポーネントを改良する。

エンジン排気量は、2.0リットルから2.4リ・・・

ニュースを読む

ボルグワーナー(BorgWarner)は7月30日、プラグインハイブリッド車(PHV)やハイブリッド車などの電動車向けに、燃費を最大8.5%向上させるソリューションを開発した、と発表した。

このソリューションは、新開発の排熱回収システム「EHRS」。通常は排気管を通して排出される排気ガスの熱を利用し、エンジン暖機時間を短縮して効率を高め、燃費を大きく向上させ、ガス排出量を大幅に低減させるという。

ボルグワーナーは、排気ガス再循環(E・・・

ニュースを読む

レクサスは7月27日、新型『ES』の米国仕様車の価格とハイブリッド車の燃費性能を発表した。

新型レクサスESのハイブリッドモデルは、「ES300h」グレード。2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせた新世代のハイブリッドシステムを搭載する。

4世代目となるこのハイブリッドシステムは、アトキンソンサイクルの2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、モーターを組み合わせる。米国仕様車の場合、エンジンとモーターを合・・・

ニュースを読む

ホンダの欧州部門、ホンダモーターヨーロッパは7月25日、新型『シビック』シリーズに9速ATを新設定すると発表した。

この9速ATは、大幅改良を受けたディーゼルエンジンと組み合わせられる。1.6リットル直列4気筒ターボディーゼル「i-DTEC」エンジンは、強化ピストンや低フリクションのシリンダーボアを採用するなど、大幅な改良を受けた。

このディーゼルエンジンの最大出力は120ps/4000rpm、最大トルクは30.6kgm/2000r・・・

ニュースを読む

ホンダの欧州部門は7月19日、新型『シビックセダン』(Honda Civic)の欧州仕様に設定する新開発の1.0リットル直列3気筒ガソリン「VTEC TURBO」搭載車の燃費性能を発表した。

新型シビック セダンには、ホンダの欧州仕様車として初めて、新開発の1.0リットル直列3気筒ガソリンVTEC TURBOを搭載。排気量は1.0リットルとダウンサイズしながら、ターボで過給してパワーと環境性能を両立させた。

この1.0リットル直列3・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

AWS

スポーツという名を冠するが、ディーゼルだからかアクセルを踏んだ時のスピー...[ 続きを見る ]

NenpiLog

H17/2005年式 Z HIDセ...

車種名:トヨタ bB
投稿ユーザー:Nen***** さん
総合評価:

故あって乗ることになり以降の平均は13km/L台。特に省燃費機構の無い1...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針