燃費

カーライフニュース - 燃費

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産自動車は5月22日、新型『マイクラ』(日本名:『マーチ』)の欧州仕様に、新型エンジン搭載車を追加設定すると発表した。

この新型エンジンは、排気量1.0リットルの直列3気筒ガソリン自然吸気ユニット。最大出力は71psを引き出し、欧州複合モード燃費21.74km/リットル、CO2排出量103g/kmと環境性能に優れる。

日産自動車は、この1.0リットルエンジン搭載車を、新型マイクラの入門グレードに位置付け。新型マイクラの全販売台数の・・・

ニュースを読む

島津製作所は5月22日、パシフィコ横浜で5月24日から26日まで開催される自動車技術展、「人とくるまのテクノロジー展2017」の出展内容を明らかにした。

同社は人とくるまのテクノロジー展2017において、光ファイバーや光学素子で構成される新開発の小型プローブ(探針)を直接エンジン内部に挿入し、稼働するエンジンのシリンダー内の温度とCO2濃度を高速かつ同時に計測する新技術を初公開する予定。

この技術の実用化により、自動車用エンジンや産・・・

ニュースを読む

UDトラックスは5月19日、パシフィコ横浜で5月24日から26日まで開催される自動車技術展、「人とくるまのテクノロジー展2017」に出展すると発表した。

同社は、主力エンジンの「GH11」をはじめ、進化した電子制御式オートマチックトランスミッション「エスコット・シックス」など、新型『クオン』に搭載された最新技術を紹介する。

GH11エンジンは、排気量が11リットル。ユニットインジェクターとコモンレールシステム双方の特長を生かした新た・・・

ニュースを読む

ホンダが今夏、米国市場で発売する新型『シビック タイプR』。同車の米国仕様の燃費性能が判明した。

これは、米国EPA(環境保護局)が明らかにしたもの。新型シビック タイプRのEPA燃費を、ホンダに先駆けて公表している。

新型シビック タイプRのEPA燃費は、市街地が22マイル/ガロン(約9.4km/リットル)、高速が28マイル/ガロン(約11.9km/リットル)、複合モードが25マイル/ガロン(約10.6km/リットル)。

新型シ・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は5月9日、都内のホテルで新型軽乗用車『ミライース』の発表会を開いた。三井正則社長は「新型ミライースは軽の本質である低燃費、低価格に加えて安心、安全ときびきびした走りを実現した」とその特徴をアピールした。

新型ミライースでは、これまでと同様に全社横断のメンバーでお客の声を聞き、現場を体験する「商品要件探索チーム活動」を展開。そこから得られた情報を重視しながら開発を進めたという。

「お客さまは経済性を重視しながらも、消費の・・・

ニュースを読む

三菱自、燃費不正問題の影響大きく7期ぶりの赤字転落 通期決算

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年05月09日(火) 17時21分

三菱自動車は5月9日、2017年3月期(2016年4月〜2017年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高1兆9066億円(前年同期比−15.9%)、営業利益51億円(−96.3%)、経常利益89億円(−93.7%)、最終赤字は1985億円(前年同期は725億円の黒字)。同社の最終赤字は2010年3月期以来、7期ぶり。

営業利益は、上期時点の損失316億円を下期に打ち返し、通期で51億円の黒字を確保。純利益は、上期までの燃・・・

ニュースを読む

ダイハツは、軽乗用車『ミラ イース』を6年ぶりにフルモデルチェンジし、5月9日より発売する。

ミラ イースは当時ガソリン車としては最高となる30.0km/リットル(JC08モード)、80万円を切る入り口価格を実現し、「低燃費」「低価格」「省資源」な「第3のエコカー」として2011年9月に発売。2012年軽自動車販売車名別ランキングで、ミラを同社9年ぶりのトップに押し上げた。

新型ミライースは、軽量高剛性ボディ「Dモノコック」、足回り・・・

ニュースを読む

自動車部品製造・販売のアサヒライズは、豪HDi社製「GT2 インタークーラーキット 200系ハイエース」を発売する。

新製品は200系トヨタ『ハイエース』用のリーズナブルなインタークーラーキットで、純正の約2倍となる吸入空気流量を確保する。ターボにより圧縮発熱した吸入空気をより効果的に冷却して充填効率アップ。中速域でのトルクアップにより乗りやすさ、燃費向上を実現する。

適用車種は2004年8月以降のハイエース200系ディーゼルターボ・・・

ニュースを読む

e燃費、情報流通プラットフォームを通じて実燃費データを販売開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年04月26日(水) 16時59分

イードは4月26日、同社が運営する燃費管理サービス「e燃費」で収集している実燃費データを情報流通プラットフォーム「エブリセンス」を通じて販売を開始すると発表した。

e燃費は2000年6月にサービス開始した、クルマの燃費やメンテナンス情報を、アプリ・モバイル・PCで管理できるユーザー参加型の燃費マネージャー。全国65万人を超えるユーザーから寄せられる給油データは月平均約7万件。e燃費のデータは国内外の自動車メーカー、カーナビメーカー、国・・・

ニュースを読む

レスポンス編集部は、5月5日に筑波サーキットで開催される「オールドナウ・カーフェスティバル」にe燃費と共同でブースを出展します。最後の開催となる今回は、ブース出展だけでなくステージイベントも実施予定です。何が起こるか分からないゴールデンウィークの終盤は、ぜひ筑波サーキットにお越し下さい。

オールドナウ・カーフェスティバルは、1986年から開催されている筑波サーキット最大の自動車イベントです。当日は、ヒストリックカーから最新のスーパー・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

jun62

ついにショックをかえました。

車種名:スバル ヴィヴィオ
投稿ユーザー:jun***** さん
総合評価:

14万キロを4000キロほど越えて、ついに抜けやヘタリが気になっていたシ...[ 続きを見る ]

iOne

1万7千kmシャトルハイブリッドに乗っての評価。一回の満タンに給油で毎回...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針