エコカー

カーライフニュース - エコカー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ボルボカーズ傘下の高性能車開発メーカーとなったポールスターは12月14日、同社の第一号車、『ポールスター1』を最初に投入する市場を発表した。米国、中国、ドイツ、スウェーデン、ノルウェー、オランダの6か国と公表されている。

ポールスター1は、ボルボカーズから独立した電動高性能車ブランドに位置付けられるポールスターが、2019年の半ばから導入予定。プラグインハイブリッド(PHV)の高性能な2+2のグランドツアラークーペ。

ポールスター1・・・

ニュースを読む

電動ドライブステーション、全国20店舗に到達…三菱自の次世代店舗

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年12月15日(金) 13時30分

太陽光発電システムとV2H機器を備える三菱自動車の次世代店舗「電動ドライブステーション」が、12月16日にリニューアルオープンする「西日本三菱自動車販売 新大阪店」で、全国20店舗に到達する。

電動ドライブステーションは、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)など電動車両の意義であるエネルギーソースの多様性と、外部給電機能がもたらす停電時や災害時の価値を具現化した店舗。太陽光発電による電動車両への充電と、電動車両から・・・

ニュースを読む

コンチネンタルは12月13日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES2018において、EVなどの電動車両向けの新たな充電システムを初公開すると発表した。

この新充電システムは、車両の電気駆動システムを、わずかな労力で充電デバイスへと変えるもの。いかなる技術仕様であっても、ケーブル式充電ステーションまで走行すれば、常に最大限の充電を行うことが可能になる。

コンチネンタルによると、とくに都市部のAC充電システムにおいては、充電・・・

ニュースを読む

ダイムラーは12月14日、傘下の三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)が、小型EVトラック『eキャンター』の欧州第一号車を納車した、と発表した。

eキャンターは、世界初の量産EVトラック。欧州仕様車は、車両総重量7.5トンクラス、1時間(直流急速充電)/11時間(交流200V)の充電で、航続は100km以上を実現する。

モーターは、最大出力175hp、最大トルク42.8kgmを発生。蓄電容量13.8kWhの高電圧リチウムイオンバッテ・・・

ニュースを読む

ポルシェ パナメーラ 新型、PHVの販売比率が6割に

by 森脇稔 on 2017年12月14日(木) 17時00分

ポルシェは12月11日、新型『パナメーラ』の欧州で納車された全販売台数のうち、約60%がプラグインハイブリッド車(PHV)と発表した。

新型パナメーラのPHVは2017年6月、欧州市場へ投入。国によっては、PHVの割合はさらに高く、例えばフランスでは70%、オーストリアでは80%以上、ベルギーでは90%を超えている。

受注状況を見ると、北欧諸国では電動パワートレイン車への関心が高い。ノルウェーではパナメーラの全顧客の90%、フィンラ・・・

ニュースを読む

ポルシェは12月11日、同社初の量産EV、『ミッションE』に派生モデルを計画していると発表した。

ミッションEはポルシェの歴史において、初の量産EVスポーツカーとして、2019年から生産を開始する予定。バッテリーはリチウムイオンで、1回の充電で最大500km以上を走行できる。およそ80%の容量なら、バッテリーの充電は約15分で済む。

モーターは、最大出力600hp以上を発生。このパワーが4輪に伝達される4WDとなる。ルマン24時間レ・・・

ニュースを読む

トヨタとパナソニック、EV向け電池事業で協業へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年12月13日(水) 16時39分

トヨタ自動車とパナソニックは12月13日、車載用角形電池事業の協業について検討を開始すると発表した。

中国が電動車の販売を一定割合で義務づける規制を2019年より開始するなど、EVへのシフトがグローバルで加速している。今回の協業はこうした流れに対し、自動車および電池の国内トップメーカーが手を組み、先行する海外勢に対抗するのが狙いだ。

トヨタとパナソニックは1996年、初代『プリウス』の量産開始に伴い、HV用ニッケル水素蓄電池などを製・・・

ニュースを読む

日産自動車と東京電力ホールディングス(東電HD)は、12月13日から2018年1月末まで、電気自動車(EV)を活用したバーチャルパワープラント(仮想発電所・VPP)実証試験を開始すると発表した。

グローバルで大量普及が見込まれている再生可能エネルギーについて、現在、安定的かつ有効に活用するため、分散配置された利用者側リソースを統合制御するVPP構築事業が進められている。系統運用者の指令に従い、多数のEVの充放電を制御可能とすることで、・・・

ニュースを読む

トラックの新燃費基準、現行より13%基準強化へ 2025年度目標

by レスポンス編集部 on 2017年12月13日(水) 13時57分

国土交通省と経済産業省の燃費規制に関する審議会が車両総重量3.5トン超のトラック・バスなどの重量車の新しい燃費基準をまとめたと発表した。

新たな燃費基準案は2025年度を目標年度とし、トラックが7.63km/リットルと現行2015年度の目標燃費基準と比較して13.4%の基準強化、バスが6.52km/リットルと、現行比14.3%の基準強化となる。

燃費規制に関する審議会では、昨年12月から「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」に基・・・

ニュースを読む

ブルガリアに本拠を置くSIN CARSは新型スポーツカー、SIN『S1』の開発計画を発表した。

SIN S1は、ガソリンエンジン、プラグインハイブリッド(PHV)、EVの3種類のパワートレインを設定。ガソリンエンジンは、2.0リットルターボが最大出力255hp、最大トルク44.2kgmを発生。0~100km/h加速2.8秒の性能を発揮する。ガソリンは3.5リットルの自然吸気エンジンも選択可能。最大出力365hp、最大トルク58.1gm・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

コースケ

なかなかイイ車

車種名:ミニ クロスオーバー
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

2013年モデル、クーパーSのATをディーラー認定中古車で購入。1年延長...[ 続きを見る ]

コースケ

納車3日目

車種名:BMW X1 (ディーゼル)
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

納車3日目、スキー旅行で片道 約300Kmを走行した感想です。 慣らし...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針