エコカー

カーライフニュース - エコカー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産自動車は11月15日、今年9月に中国に市場投入した東風日産ブランドの電気自動車(EV)『シルフィ・ゼロエミッション』の広州市内の生産工場などを日本の報道関係者に初公開した。

シルフィ・ゼロエミッションは、東風日産・花都第2工場で生産しており、現在は日産90台の生産ペースとなっている。2018年内に累計9000台の生産計画を立てている。9月から始めた受注の具体的な台数は公表していないものの「順調」(東風日産幹部)とし、広州市などでは・・・

ニュースを読む

ダイムラー(Daimler)は11月14日、メルセデスベンツの新たな研究開発技術センターを中国・北京市に建設すると発表した。

この研究開発技術センターの建設に、ダイムラーはおよそ1億4500万ユーロ(約190億円)を投資する計画だ。2020年に稼働することを見込む。

新たな研究開発技術センターは、総床面積5万5000平方mの広さを持ち、テスト施設とオフィスビルで構成される。テスト施設では、中国政府が推進するNEV(新エネルギー車)政・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は11月14日、次世代の電動パワートレイン車の生産に向けて、ドイツ国内の2工場を改修すると発表した。

フォルクスワーゲングループの次世代電動パワートレイン車は、「I.D.」ファミリーと呼ばれる。2020年、最初のI.D.ファミリーとして、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトな4ドアEVの『I.D.』を発売する予定だ。これに続いて、SUVセグメントには『I.D. CROZZ・・・

ニュースを読む

デンマークの自転車ブランド、「バイオメガ」(BIOMEGA)は11月14日、新型EVの『SIN』を発表した。

バイオメガは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く。自転車と電動アシスト自転車を手がけてきたバイオメガが、四輪車事業への進出を図り、その第一号車が新型EVのSINとなる。

SINには、4輪にインホイールモーターを組み込み、合計で最大出力82hpを発生する。CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)とアルミを使用して、車両重量は・・・

ニュースを読む

中小企業による国内最大のトレードショー「産業交流展2018」で電気自動車(EV)を展示したブースがあった。タジマEV(本社・東京都板橋区)がそれで、創業者は“モンスター田嶋”と呼ばれる田嶋伸博氏で、今年4月に設立された会社だ。

田嶋氏については詳しく説明するまでもないが、ラリーのドライバーとして数々の栄冠に輝いてきた人物である。その一方で、タジマモーターコーポレーションを設立して実業家としての評価も高く、ここ数年は電気自動車開発を手が・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは11月13日、燃料電池車の『GLC F-CELL』(Mercedes-Benz GLC F-Cell)を欧州市場で発売した。

同車は、メルセデスベンツの主力SUV、『GLC』をベースに開発された燃料電池車だ。GLC F-CELLの大きな特徴は、世界初の外部充電が可能なプラグイン機能付きの燃料電池車という点にある。バッテリーは、家庭および充電ステーションで充電できる。フル充電に要する時間は、およそ1時間30分となる。
・・・

ニュースを読む

ルノー日産三菱アライアンス(Renault-Nissan-Mitsubishi)は11月13日、3社が共同設立したベンチャーキャピタルファンドの「アライアンス・ベンチャーズ」が、リチウムイオンバッテリー技術を開発するエネベート社に出資し、電動化戦略を加速させると発表した。

エネベート社は、米国カリフォルニア州にグローバル本社を構え、リチウムイオンバッテリー技術のライセンス供与を行っている。同社はシリコン主体の負極や電池セル技術で特許を・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、リチウムイオン電池主要4部材の世界市場を調査し、結果を発表した。

2017年のリチウムイオン電池主要4部材世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比49.0%増の147億1505万4000ドルと推計。リチウムイオン電池市場は、2016年に車載用が民生小型機器用を容量ベースで上回って以降、車載用が市場成長を牽引している。

車載用市場は牽引役である中国市場で、2017年はEV補助金枠縮小の影響による成長率の鈍化が・・・

ニュースを読む

テスラ モデル3、展示車は航続310マイル…日本仕様は未定

by 井元康一郎 on 2018年11月11日(日) 16時30分

アメリカのEVメーカー、テスラモーターズの日本法人、テスラジャパンは8日、同社(Tesla Model 3)のプレミアムDセグメントセダン『モデル3』を日本初公開した。

モデル3にはEPA(米国環境保護局)基準での航続距離418km(260マイル)の「ミッドレンジバッテリー」、同498km(310マイル)の「ロングレンジバッテリー」、ロングレンジバッテリーと同じ航続距離で加速力を高めた「パフォーマンスバッテリー」の3グレードがあるが、・・・

ニュースを読む

BMWグループは11月8日、EVの『i3』(BMW i3)の電動パワートレインを、小型のEVバス向けに供給すると発表した。

BMWグループがi3の電動パワートレインを供給するのは、トルコのカルサン(Karsan)社だ。BMWグループはカルサン社と契約を結び、カルサン社の小型EVバス『Jest』に、i3の電動パワートレインが搭載される。

供給されるi3の電動パワートレインは、市販車用と共通だ。モーターは最大出力170hp、最大トルク2・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

鈴木康之

燃費

車種名:ホンダ シビック (ハイブリッド)
投稿ユーザー:鈴木***** さん
総合評価:

12年経過したハイブリットを初購入しました。走りも良く、燃費も想定内の結...[ 続きを見る ]

comehere

どの走行モード?

車種名:トヨタ プリウスPHV
投稿ユーザー:com***** さん
総合評価:

高速道を走る時は、どのモードで走行しますか? 私は、CHGモードで走行充...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針