ビジネス

カーライフニュース - ビジネス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ランボルギーニ(Lamborghini)は5月22日、クラシックカーに関する市場調査を行う「HAGI」(ヒストリック・オートモビル・グループ・インターナショナル)と提携を結ぶと発表した。

今回の提携は、2016年にランボルギーニが立ち上げた「ポロストリコ(Polo Storico)」が、ランボルギーニの旧車の市場取引状況を把握するのが目的だ。ポロストリコは、『350GT』から2001年に生産を終了した『ディアブロ』までの、クラシックラ・・・

ニュースを読む

アンシス・ジャパンは、自動運転、電動化、次世代自動車の開発に要るシミュレーション技術とソリューションを提案。自動運転の走行シナリオを検証するための仮想開発環境はじめとした、同社のテクノロジーを体感できるヘッドマウントディスプレイ体験コーナーも展開した。

同社の光学解析分野にあるドライビングシミュレータ「VRエクスペリエンス」は、インテリジェントヘッドランプユニット、センサー、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)などの先進運転支援・・・

ニュースを読む

ジャガー・ランドローバー・ジャパンと正規販売店契約を結ぶコンクエストは、日本最大の総合拠点「ジャガー・ランドローバー広島」を6月1日にオープンする。

ジャガー・ランドローバー広島は、広島市中心部の目抜き通りである平和大通り沿い西観音町交差点近くに位置する6階建てのビルで、6フロア合計の建物床面積は約2325平米。ジャガー・ランドローバーとしては日本最大の新車および認定中古車販売、サービス設備を備えた総合拠点となる。

1階にはエントラ・・・

ニュースを読む

人とくるまのテクノロジー2019、アルプスアルパインのブース中央には、クルマの操作系の近未来を感じさせるグラスコックピットが出現。自動運転時は大型モニタが立ち上がり、手動運転ではモニタがダッシュボード内に収まり前方視界が広がるというデモンストレーションをみせていた。

これはアルプスアルパインが提案する「タッチインプットモジュール」というシステム。アルプスがもつ高感度静電容量技術、フォースフィードバック技術、アルパインのディスプレイ操作・・・

ニュースを読む

ホンダ、繊維強化樹脂の研究で自動車技術会賞を受賞

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年05月25日(土) 07時15分

ホンダは5月23日、「第69回 自動車技術会賞」にて、同社技術者が「浅原賞技術功労賞」、「浅原賞学術奨励賞」、「論文賞」を受賞したと発表した。

自動車技術会賞は、自動車工学および自動車技術の向上発展を奨励し、また次代を担う技術者・研究者を養成、支援することを目的として自動車技術会が1951年に創設。「学術貢献賞」、「技術貢献賞」、「浅原賞学術奨励賞」、「浅原賞技術功労賞」、「論文賞」、「技術開発賞」の各賞を表彰する。

浅原賞技術功労・・・

ニュースを読む

光をテーマに展開した小糸製作所は、未来のモビリティを思わせるモックアップを中心に置き、コミュニケーション用路面描画、センサ内蔵ランプ、ハイビーム可変ヘッドランプ(ADB)、ブレードスキャン式ADB、カメラ・センサ洗浄システム、節水技術などを紹介した。

コミュニケーション用路面描画は、自動車のランプの将来を示したモデル。路面描画、自動運転のために特別に設計されたターコイズの照明色とし、車体ディスプレイなどの技術を採用し、感情を持って周囲・・・

ニュースを読む

パナソニックは5月23日、東京汐留ビルでVRシミュレーションに関する技術説明会を開催するとともに、東京・晴海にある施設で展開する空間演出ソリューション「VIRTUAL STAGE MIERVA(バーチャルステージミエルバ)」を報道陣に公開した。

その施設は東京オリンピック・パラリンピックの選手村跡地に建設予定の街「HARUMI FLAG」向けの販売センター「HARUMI FLAGパビリオン」で、VRによるいろいろな空間演出が体験できる・・・

ニュースを読む

アストンマーティン東京ショールームで5月25日〜26日の2日間、認定中古車TIMELESS(タイムレス)フェアが開催される。「史上最高にアグレッシブ」と謳う新型『ヴァンテージ』や、4ドアサルーン『ラピードS』など最新のモデルも特別価格でラインアップする。

タイムレスは、車齢10年未満のモデルを対象としたアストンマーティン認定中古車プログラム。専門技術を持った熟練技術者により、機械的な部分はもちろん美的規格においても厳しい検査をおこない・・・

ニュースを読む

アウディ(Audi)は5月23日、ドイツで年次株主総会を開催し、2019年第1四半期(1〜3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、ランボルギーニなどを含めたグループ全体の売上高は、138億1200万ユーロ(約1兆6900億円)。前年同期の153億2000万ユーロに対して、9.8%の減収となった。

また、第1四半期の営業利益は、11億ユーロ(約1345億円)。前年同期の13億ユーロに対して、15.4%の減益となっている。

減益・・・

ニュースを読む

ダイムラー(Daimler)は5月22日、ドイツで年次株主総会を開催し、2019年第1四半期(1〜3月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は77万3800台。前年同期比は4%減だった。

総販売台数77万3800台のうち、主力のメルセデスベンツ乗用車は55万5300台。前年同期比は7%減と減少に転じた。

第1四半期の市場別実績では、欧州が23万5300台を販売した。前年同期比は4%減とマイナスに転じる。このうち、地元ドイツは7・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ノブ

本日初投稿

車種名:マツダ デミオ
投稿ユーザー:ノブ***** さん
総合評価:

デミオ2014年スカイアクティブを購入して、 19/L出ました。郊外です...[ 続きを見る ]

model8

25S プロアクティブ

車種名:マツダ CX-8
投稿ユーザー:mod***** さん
総合評価:

通勤ちょい乗りでは10km/lです。 高速道路をACC90キロ設定で15...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針