カーライフニュース

カーライフニュース - 総合

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ自動車の米国部門は12月1日、米国で2023年2月に開催されるシカゴモーターショー2023において、新型SUVの『グランドハイランダー』(Toyota Grand Highlander)を初公開すると発表した。

初代『ハイランダー』は、2000年に発売された。日本では『クルーガー』を名乗っていた。現行ハイランダーは4世代目モデルで2019年春、ニューヨークモーターショー2019で発表された。米国では、『RAV4』の上に位置するミ・・・

ニュースを読む

ロータスカーズは11月30日、英国本社で新車を直接納車する新プログラム「ファクトリー・コレクション」を開始し、最初の1台として新型スポーツカーの『エミーラ』(Lotus Emira)の発売記念モデル「V6ファーストエディション」を顧客に引き渡した、と発表した。

◆最大出力405psのV6スーパーチャージャー搭載
エミーラは、新しいロータススポーツカーアーキテクチャをベースに開発された。ロータス押出し結合アルミ製シャシーテクノロジーを使・・・

ニュースを読む

オペル アストラ 新型、ワゴンにもEV…欧州発表

by 森脇稔 on 2022年12月02日(金) 10時07分

オペルは11月30日、Cセグメントワゴンの『アストラ・スポーツツアラー』新型のEV、「アストラ・スポーツツアラー・エレクトリック」(Opel Astra Sports Tourer Electric)を欧州で発表した。

歴代アストラ初のEVには、最大出力156hp、最大トルク27.5kgmを発生するモーターを積む。同セグメントの多くのEVが、最高速を150〜160km/h に制限する中、アストラ・スポーツツアラー・エレクトリックは、最・・・

ニュースを読む

日中エネルギー・環境フォーラム開催…自動車の電動化分科会 12月24日

by レスポンス編集部 on 2022年12月02日(金) 09時52分

経済産業省と日中経済協会は、中国国家発展改革委員会と商務部との共催で、日本と中国のエネルギー・環境分野における官民合同フォーラムを12月24日に東京プリンスホテルとオンラインで開催する。

フォーラムは、2006年から開催してきたものであり、日本・中国間の省エネルギー・環境協力のプラットフォームとして定着している。

16回目となる今回は全体会議、日中調印プロジェクト文書交換式、日中企業などによる講演を行う。

また、分科会ではエネルギ・・・

ニュースを読む

三菱電機の自動車部品製造工場、国際規格の認証取り消し

by レスポンス編集部 on 2022年12月02日(金) 09時19分

三菱電機は、自動車部品を製造している姫路製作所(兵庫県姫路市)、三田製作所(兵庫県三田市)での品質不正が判明したことを受け、認証機関ビューローベリタスジャパンから「IATF16949認証」が取り消されたと発表した。

IATF16949認証は、自動車産業の品質マネジメントシステムに関する国際規格。

姫路製作所と三田製作所は7月29日付で認証が一時停止されていたが、その後のビューローベリタスジャパンによる特別審査の結果、認証取り消しとな・・・

ニュースを読む

逆転勝利の奇跡が2度も起こるとは、もはや奇跡とは言えないだろう。

サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で、E組の日本代表はスペイン代表に2-1で逆転勝ち。逆転勝ちは初戦のドイツ戦に続いて2度目の快挙である。この結果、日本は勝ち点を6に伸ばして、まさかのグループ首位となり、2大会連続で16強入りした。

その逆転勝利を先取りしてのご祝儀相場ではないだろうが、12月1日の東京株式市場でも反発し、日経平均株価(225種)の上・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は11月30日、事故低減に向けた取り組み(衝突安全編)と題したオンラインイベントを開催した。

始めに、技術本部執行役員技術本部副本部長兼CTO室長 植島和樹氏が登壇し、SUBARUがキャッチコピーとして掲げている『2030年に死亡交通事故ゼロを目指す』を実現させるための取り組みが説明された。

◆SUBARU車における米国・日本の死亡事故は、業界平均を大きく下回っている
SUBARUは0次安全、走行安全、予防安全・・・

ニュースを読む

日産自動車の米国部門は11月15日、エントリーレベルのコンパクト4ドアセダン『ヴァーサ』(Nissan Versa)の改良新型を12月、米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は、1万5730ドル(約215万円)だ。

初代『ヴァーサ・セダン』は、日本では『ティーダ・ラティオ』として販売されていた。現行ヴァーサは3世代目モデルで、2019年4月に米国で発表された。米国市場では、ヒョンデの入門コンパクトセダン『アクセント』などと競合す・・・

ニュースを読む

軽自動車新車販売、16.8%増で3か月連続プラス 11月実績

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年12月02日(金) 07時15分

全国軽自動車協会連合会は12月1日、2022年11月の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。前年同月比16.8%増の15万5538台で3か月連続のプラスとなった。

車種別では、乗用車が同11.9%増の11万5155台で3か月連続プラス。貨物車は同33.6%増の4万0383台で5か月連続のプラスとなった。貨物車の内訳は、ボンネットバンが同115.0%増の4257台で4か月連続のプラス。キャブオーバーバンは同25.4%増の2万1081台で6・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』およびキャデラック『CT5』『XT4』について、2023年モデルより価格を引き上げ、12月1日より販売を開始した。値上げの理由は、昨年来の半導体不足によるサプライチェーンの逼迫、急速な為替変動の影響等。

シボレーカマロの新価格はLT RSが668万円(同589万円)、SSが848万円(同749万円)、コンバーチブルが778万円(同679万円)。

GMジャパンは2月25・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

リュウリュウ

10台目の新車

車種名:ホンダ ヴェゼル
投稿ユーザー:リュ***** さん
総合評価:

新車10台。中古車4台を乗ってきました。bBから5台目になりますが少しつ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針