カーライフニュース

カーライフニュース - 総合

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ポルシェ(Porsche)は12月13日、新たな急速充電プロジェクト「Fast Charge」の実証実験を行い、EVのテスト車両のバッテリーの100km走行分を、3分以内に充電することに成功した、と発表した。

急速充電プロジェクトのFast Chargeでは、ドイツ国内の高速道路近くに、最大450kWの出力を持つ充電ステーションを設置した。この急速充電ステーションは、「コンバインド・チャージング・システム」(コンボ方式)に対応する。
・・・

ニュースを読む

マツダなど、広島・三次市でライドシェアサービス実証実験を開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年12月14日(金) 12時45分

マツダは12月14日、地域住民、広島県および同県三次市と連携し、コネクティビティ技術を活用したライドシェア実証実験を三次市で開始したと発表した。

昨今、中山間地域における公共交通の空白化などにより、高齢者や身体の不自由な人を中心に移動手段の不足が社会問題になっている。マツダでは、このような社会問題に対して、クルマとコネクティビティ技術を活用できるようにすることにより、地域住民が助け合うコミュニティ、そこに参加する地域内外のドライバー、・・・

ニュースを読む

気持ちいい走りやサーキットでのタイム短縮に大きな影響を与えるのがサスペンションである。サスペンションの形式やアームやロッドを変えることは難しい。だが、反力を利用してショックを吸収するスプリングとボディを安定させるダンパー(ショックアブソーバー)は交換することが可能だ。高性能なダンパーを装着し、厳選したスプリングの伸縮を速やかに減衰させてやれば、クルマのハンドリングと乗り心地は劇的によくなる。

◆自社設計、自社生産にこだわる高品質サスペ・・・

ニュースを読む

◆フィジーにあふれる日本車

南太平洋のリゾート地フィジー。300余の火山島と珊瑚礁からなる人口85万人の国。美しい海と素晴らしい自然。日本から直行便もでき日本人観光客でにぎわう。

ナンディ空港を出ると真っ先に目にとまるのが日本車の数々。広い道路には東京からそのまま走ってきたような黄色いタクシーや『クラウン』や『カローラ・フィールダー』。まさに日本車、特にトヨタ車のオンパレードだ。

この日本車、観光客を送迎する『ハイエース』や『コー・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は12月13日、新型『スープラ』(Toyota Supra)の量産第一号車を2019年1月19日、米国アリゾナ州で開催されるオークションにチャリティ目的で出品すると発表した。

新型スープラの量産第一号車は、ワンオフモデルになる。ボディカラーはマットグレーで塗装し、ホイールもマットブラックで仕上げる。ドアミラーカバーは赤として、アクセント効果を追求する。インテリアには、赤いレザーを採用し、カーボンファイバー製のエン・・・

ニュースを読む

ルノーグループ(Renault Group)は12月13日、取締役会を開催し、現状の経営体制を維持すると発表した。カルロス・ゴーン会長兼CEOの解任は、現時点では判断していない。

ルノーグループはその理由として、現段階では、ゴーン会長兼CEOに不正があったかどうか、判断する情報がない、とした。

また、ルノーグループは日産から、ゴーン会長兼CEOの不正に関する資料を受け取ったことを認めた。この資料の精査が終わっていないことも、ゴーン会・・・

ニュースを読む

アイシングループ、体験型コンセプトカーを初公開へ…CES 2019

by レスポンス編集部 on 2018年12月14日(金) 10時15分

アイシン精機は12月13日、アイシングループが1月8日から1月11日まで、米国・ラスベガスで開催される「CES 2019」に出展して、同社グループの描く未来と、それを実現する技術開発を紹介すると発表した。

今回、体験型コンセプトカー「i-mobility TYPE-C」を初公開する。「自動運転オーナーカー」と「自動運転リムジンカー」を、左右両面にそれぞれイメージし、多様化するモビリティー社会での様々なユーザーや乗車状況を想定した技術や・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2018年12月14日付

●ルノー、ゴーン会長留任、取締役会長、暫定の経営体制維持(読売・2面)

●自動車総連ベア要求額提示せず(読売・11面)

●報酬「ゴーン前会長に一任」日産取締役会で決定、文書化(朝日・1面)

●ホンダインサイトHV・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は12月13日、日本国内で初となる「セルラーV2X」の実証実験に成功した、と発表した。

セルラーV2Xは、3GPP(3rd Generation Partnership Project)が、安全運転支援への適用を想定して規格化した通信技術だ。セルラーV2Xは、「V2V」(車車間)、「V2I」(交通インフラと車間)、「V2P」(歩行者と車間)の直接通信と、車から基地局を経由して行う通信の「V2N」・・・

ニュースを読む

電動化でまさにリアル「チョロQ」!? 復活の ディフェンダー に3ドア版

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年12月14日(金) 08時00分

ランドローバーの本格オフローダー『ディフェンダー』次世代型に、ショートホイールベースの3ドアモデル『90』が設定されることがわかった。そしてそのプロトタイプを初めてカメラが捉えた。今年1月にもテスト車両を目撃したが、市販型は初となる。

先日スクープした5ドアモデルと比較すると、極端にホイールベースが切り詰められている上、ボックスタイプのカモフラージュにより、そのスタイルは「チョロQ」を彷彿とさせる。次期型には、EVやプラグインハイブリ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiwai

今まで車を20台ほど乗り継いできました。主にマニュアルのスポーツタイプの...[ 続きを見る ]

JN1

クラウンハイブリッド

車種名:トヨタ クラウン (ハイブリッド)
投稿ユーザー:JN1***** さん
総合評価:

130000km ハイブリッド警告ランプがついた ハイブリッドバッテリー...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針