カーライフニュース

カーライフニュース - 総合

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

米環境保護局、FCA USを提訴…クリーンエア法に違反

by 森脇稔 on 2017年05月24日(水) 22時30分

米国EPA(環境保護局)は5月23日、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)USを、米国ミシガン州デトロイトの連邦裁判所に提訴した。

今回の提訴は、FCA USが米国のクリーンエア法に違反しているとして、行われたもの。同社の車両が、有害な大気汚染物質の排出を増加させているのと主張だ。

EPAによると、FCA USの3.0リットルの「EcoDiesel」エンジン搭載車に、認証申請プロセス中に規制当局に開示されていないソフ・・・

ニュースを読む

KIROBO mini 小学校へ入学、3か月で教室の近未来と成長をみる

by 大野雅人 on 2017年05月24日(水) 22時15分

5月10日から東京・愛知の一部トヨタ販売店で発売された、コミュニケーションパートナー「KIROBO mini」。このトヨタの小さなロボットが、初めて公立小学校に“入学”。江戸川区立東小松川小で5月24日、「KIROBO mini 入学式」が行われた。

KIROBO mini といっしょに学ぶ子どもたちは、同小学校の3年生たち。「KIROBO mini 入学式」で同校体育館に集まった子どもたちは、この“新たなクラスメートの転校”に興奮気・・・

ニュースを読む

ZF、中国上海市の同済大学との協力関係を強化

by 森脇稔 on 2017年05月24日(水) 21時45分

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ZFは5月22日、中国上海市の同済大学との協力関係を強化すると発表した。

同済大学は1907年、ドイツ人によって設立された医学校が前身。1927年に国立大学となり、現在では理工系を中心に、中国有数の総合大学として認知されている。

ZFは今回、同済大学との協力関係を強化すると発表。同大学が取り組む自動車シャシー技術およびダイナミクスの研究開発のための資金提供を、向こう5年間延長するのが柱となる。

Z・・・

ニュースを読む

自動車部品サプライヤーにとって最大の展示イベントである「人とくるまのテクノロジー展」。今年の展示は、時節柄もあってか自動運転に関する要素技術が目立っているが、アイシングループは、得意とする車両制御技術を活かした特徴のある提案となっていた。

アイシンはもともとアクチュエーターを使った車両制御を得意としている。その技術力・ノウハウと、画像認識技術を組み合わせたのが、今年のブースに展示されている「ドライバーモニターシステム」「自動駐車」だ。・・・

ニュースを読む

イエローハット、セルスター製の専売レーダー探知機を発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年05月24日(水) 20時15分

イエローハットは、 セルスター工業製の高性能レーダー探知機「YA-W17GA」をイエローハットグループ専売品として販売すると発表した。

YA-W17GAは3.2型MVA液晶を搭載し、一般道や高速道路において、無意識の速度超過を警告表示。また、最高速度を時速30kmに制限した「ゾーン30」エリアの表示や、高速道路凍結注意アナウンスなどで、安全運転をサポートする。

地図データは精度の高いゼンリンマップを収録し、Gセンサーやジャイロセンサ・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、フィアット『500』に特別仕様車「スーパーポップ ・コッチネッラ(Coccinella)」を設定し、6月3日より200台限定で販売する。

500コッチネッラは「1.2ポップ」をベースに、幸せを呼ぶラッキーアイテムとしてCoccinellaのエンブレムやステッカーを付加した限定車。車名の「コッチネッラ」は、イタリア語で「てんとう虫」を意味し、幸せを運んでくれるシンボルと言われている。

ボディカラーは、ボサノバ ホワイ・・・

ニュースを読む

豊田合成、インド西部に新工場…スズキにエアバッグなど供給へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年05月24日(水) 19時03分

豊田合成は、インドにおける自動車生産拡大と安全規制強化によるエアバッグ等の需要拡大に対応するため、新工場を設立すると発表した。

新工場は7億3200万ルピー(約12億円)を投資し、現地生産子会社 豊田合成ミンダ・インディア(TGMIN)の分工場としてインド西部のグジャラート州に設立。エアバッグやウェザストリップ等の自動車部品を2018年度後半からスズキのインド四輪生産拠点であるグジャラート工場に提供する。

豊田合成はインドを重点市場・・・

ニュースを読む

NEXCO中日本は5月24日、建設を進めている新東名高速道路 海老名南ジャンクション(JCT)〜厚木南インターチェンジ(IC)間における、建設中のICの名称を決定した。

今回、工事中名称として使用していた「厚木南インターチェンジ」を新ICの正式名称として決定。NEXCO中日本は海老名南JCTから御殿場JCTまで、総延長54kmの建設工事を進めており、そのうち、海老名南JCT〜厚木南IC(2km)は2017年度中に開通する予定だ。

ま・・・

ニュースを読む

高速道路の休憩に道の駅を使う実験...新東名「新城IC」で

by 中島みなみ on 2017年05月24日(水) 18時30分

高速道路の休憩施設に道の駅を使うETC2.0を使った実験が、愛知県新城市で始まる。

国土交通省中部整備局と中日本高速が合同で行うもので、新東名「新城(しんしろ)IC」から出入りして道の駅「もっくる新城(しんしろ)」を使う。

この近くには長篠設楽PAがあるが、高速道路利用者にとっては、道の駅が休憩所代わりになるだけでなく、一般道にあるガソリンスタンドで給油できるなどの利用の幅が広がる。また地域にとっては、より広い地域の人に使ってもらう・・・

ニュースを読む

日産自動車は、ミニバン『セレナ』に特別仕様車「X Vセレクション」「ハイウェイスター Vセレクション」を設定し、5月24日より販売を開始した。

特別仕様車「Vセレクション」は、「X」、「ハイウェイスター」をベースに、使い勝手や快適性を向上させるアイテムを標準装備としながら、リーズナブルな価格設定とした。

X Vセレクションは、Xをベースに2列目シートの横スライドなどによる多彩なシートアレンジやパーソナルテーブルなど、同乗者の利便性を・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Red Star

バッテリーの状態に拘らず、モーター・アシストを得るためのアクセルワークが...[ 続きを見る ]

たか

11年間、15万Km走行し、総実燃費は22.1Kmになりました。冬は19...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針