レヴォーグ

スバル レヴォーグの登録情報

メーカー名 スバル
車名 レヴォーグ
車レビュー各評価 燃費: 3.3pt
エクステリア: 4.2pt
インテリア: 4pt
居住性: 4pt
積載性/収納性: 4.3pt
乗り心地: 4pt
走行性能: 4.4pt
価格: 4.1pt
No 型式 登録年月
排気量
ミッション
使用燃料
駆動方式
過給機
コメント
エコシステム
WLTC燃費
JC08燃費
10・15燃費
実燃費
1 VMG
販売中
2014年06月
2000cc
CVT
ハイオク
4WD
ターボ
2.0GT・2.0GT-S・2.0STI Sport
--
13.2 km/L
--
10.92 km/L
2 VM4
販売中
2014年06月
1600cc
CVT
レギュラー
4WD
ターボ
1.6GT・1.6GT-S・1.6STI Sport
アイドリングストップ
--
16.0~17.6 km/L
--
10.77 km/L

車レビュー

もっと読む

あらさん
大きくなった2017年07月10日 18時35分

分類:ドライブ 投稿ユーザー:あら***** さん 総合評価:

レガシーワゴンを12年乗り、今回レヴォーグを追加購入しました。キャンプなどはレガシー、ゴルフや普段乗りにはレヴォーグを使ってます。レガシーはゴルフバッグ4入りますが、レヴォーグは5つ入って手持ちバッグも積めました。室内高さといい相当大きくなった気がします。加速性能などはターボということもあって比較にならない素晴らしさです。ただ、後部の窓が小さくなって後ろが見ずらいのが欠点。燃費も10年以上前の車と同じというのはちょっと努力が足りないかな。

[この車レビューにコメントを書く]

Swan
納車2017年05月21日 00時47分

分類:燃費 投稿ユーザー:Swa***** さん 総合評価:

500KM走行しました。市街地での燃費は期待できませんね。夏場エアコン使用で7キロ台もあるかも。アイドリングストップも・・・

[この車レビューにコメントを書く]   参考になった人:1

アヤタカ
直近の燃費など2017年05月02日 13時31分

分類:燃費 投稿ユーザー:アヤ***** さん 総合評価:

1.6 です。
EPUリコール書き換え、ガナドールマフラーへ交換、アクセルペコペコによるモッサリ対策を行い、流れほどほど(少々渋滞あり)の片道25kmの通勤メインの国道主体走行で、直近のメーター表示給油時15.0kmを記録しました。満タン法でも13.6kmぐらい出ました。ガナドールマフラーの効果が大きいかと思います。踏み込まなければ伸びます。

[この車レビューにコメントを書く]   参考になった人:1

Minoru  Fujita
燃費はそこそこ。乗り心地やコーナーワークで相殺2017年04月08日 09時56分

分類:燃費 投稿ユーザー:Min***** さん 総合評価:

実燃費は想像している程度でした。ビルシュタインサスペンションの動きは初動から滑らかに効き、高速クルーズでもしっかり安定している。コーナーリングは車重が約1600kgあるものの、スムーズにパスする。運転がうまくなったような感覚になる。前乗っていたシビックタイプR(FD2)並の切れ味のいいコーナーリングが出来る。燃費は10.3kmだけど乗っていて楽しいから満足です。

[この車レビューにコメントを書く]   参考になった人:1

mashita
LEGACY BP5D からの乗り換え、10%程度の燃費向上2016年08月15日 13時49分

分類:燃費 投稿ユーザー:mas***** さん コメント:3件 総合評価:

前車LEGACY 2.0GTとの比較です。
居住地:横浜市

街乗り(自宅から半径10km圏)
ストップゴーが多い街乗りでは、ほぼ同等ですね、平均して8~9km/L程度。
最低は6.79km/L。短時間のちょいのりと点検整備のみだったので…。

首都高利用~1都3県移動(往復30km~200km圏)
神奈川西部へのドライブや、首都高を使って片道50km以上のドライブでは、10~13km/L台といったところ。
勿論、自動車専用道路などでは追従クルーズを多用。

片道200km超の長距離
実家への帰省や、友人宅までの超長距離クルーズでは、平均して14~15km/L。
高速のみ200km連続走行での区間アベレージの最高は17.7km/L。
ワンタンク820kmの実績あり。
実績ルート 横浜市緑区→高知県須崎市(瀬戸大橋経由)を無給油走行。
eco運転に徹すれば、高速のみですが無給油で900kmは走行出来そう。
本線走行時は、ほぼ追従クルーズ走行。
設定速度は、90~105km/hを基本とし、追い越しを頻繁に行わず、設定速度に近い速度で走行する車両を見つけてその車両を追走する。
長距離バスや輸送トラックは、頻繁に高速道路を走行しているため一定速度を保つのも上手いので「無駄」な加減速が少なく追走するのもラク。

総評として
BPから車重が80kg増加しているにもかかわらず、平均して1割程度は燃費が向上をしている。
5ATからCVTに変わったので、面白みは半減したけど…。
長距離の移動が楽なのは◎。
会社の車からマイカーに乗り換えて長距離を走ると、追従クルーズの恩恵を大いに感じる。
購入前は1.6Lと迷ったが、通勤に使わないので、2Lにして正解。
長距離クルーズ時は2Lの方がストレスが少ない。
乗り比べればパワーの差は歴然ですから。
フルオプションになってしまったので、車両価格はちょっと高かったけど…。

こういう過剰なまでのハイパワーな車は今しか乗れない、乗れる時に乗っておく。が、今の考え。
数年後は乗れないだろうから…。

富士重工業さん、国内向け水平対向DIESEL搭載車を早く出してくださ~い。
もちろん、アイサイト付きでお願いします♪

[この車レビューにコメントを書く]   参考になった人:4


スバル レヴォーグについて情報交換をしよう!・・・新規書き込み

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

smart-K

DA16T 四駆 5速AGS 30...

車種名:スズキ キャリイ
投稿ユーザー:sma***** さん
総合評価:

DA63Tより乗り換えで3000km 前は四駆3ATで燃費約10km/L...[ 続きを見る ]

南風88

長距離ドライブと通勤時の燃費の差

車種名:ダイハツ ミライース
投稿ユーザー:南風***** さん
総合評価:

片道4キロの通勤(長い上り坂有り)で、片道エアコン使用で16.29㎞~1...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針