スバル

カーライフニュース - スバル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スバルのニュース

スバル・STIは東京オートサロン2022初日(14日)のプレスブリーフィングにて、SUPER GT2022年シーズンのGT300クラスにSUBARU BRZ R&Dスポーツとして継続参戦すること発表、同時にドライバー・監督・レースクイーンのBREEZEを発表した。

昨シーズン悲願のチャンピオンを獲得したスバル・STIチームは、2022年シーズンも井口卓人・山内英輝が継続してドライバーを務める。スバル・STIブースにはチャンピオ・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機は1月14日、スバルテクニカインターナショナル(STI)が開発中の近未来モータースポーツEV『STI E-RA』に搭載される電動モーターユニットを提供したと発表した。

STI E-RAは、STIが地球温暖化対策を主としたカーボンニュートラルな時代にて、モータースポーツの世界で新しい技術の経験と修練を積むことを目的に開発中の車両。そのコンセプトモデル『STI E-RAコンセプト』は1月14〜16日に開催された東京オートサロン・・・

ニュースを読む

東京オートサロン2022に出展されたスバル『SOLTERRA STI CONCEPT』は、今年夏に発売予定の電動SUV『ソルテラ』にSTIパーツを装着したコンセプトモデルだ。発売前の車だが、STIはすでにパーツの開発もしているのだろうか。

今回装着されたのはエアロ系のエクステリアパーツで、パーツはどれもSTIカラーであるチェリーレッドの配色、アクセントが入っている。フロントスアンダーポイラー、リアスカート、リアアンダースポイラー、リア・・・

ニュースを読む

東京オートサロン2022に展示されていた『STI E-RA CONCEPT』は、スバルが開発しているパフォーマンスEVだ。コンセプトモデルであるため詳細スペックは公表されていないが、開発目的はニュルブルクリンク北コースのタイムアタックだという。当面の目標タイムは400秒(6分40秒)。

記録はテスラ『モデルSプラッド』が7分台でポルシェ『タイカン』と競っている。非量産車EVであればVWの『ID.R』がすでに6分05秒というタイムをを出・・・

ニュースを読む

スバルは1月14日、「東京オートサロン2022」で近未来モータースポーツEVコンセプトの『STI E-RA CONCEPT』を世界初公開した。ヤマハ発動機が供給するハイパーEV向けモーターを搭載する。

モータースポーツの世界で新しい技術の経験と修練を積むことを目的に、STI近未来モータースポーツ スタディプロジェクト「STI E-RA CHALLENGE PROJECT」を立ち上げることも合わせて発表。

STI E-RA CONCE・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は、軽商用車『サンバーバン』および『サンバートラック』大幅改良モデルを発表した。

サンバーバン/サンバートラックはダイハツからOEM供給を受けた『ハイゼット』シリーズをベースとする軽商用車。大幅改良モデルは、ステレオカメラを刷新した「スマートアシスト」を全車標準装備する。衝突回避支援ブレーキ機能と衝突警報機能の対応速度向上や、二輪車・自転車・夜間歩行者認識への対応に加え、車線逸脱抑制制御機能や路側逸脱警報機能、対・・・

ニュースを読む

双日は1月7日、新規設立した事業会社であるマリンサンワイズモーターズを通して、米国カリフォルニア州のスバル認定ディーラー「マリンスバル」のフランチャイズ権と資産を取得し、販売活動を開始した。

双日はこれまで、米国サンフランシスコ湾岸地域にて6店舗の自動車認定ディーラー事業(BMWブランド3店舗、MINIブランド1店舗、Audiブランド1店舗、中古車専売店1店舗)を展開しており、今回のマリンスバルが7店舗目。また、ディーラー店舗だけでな・・・

ニュースを読む

【スバル WRX S4 新型】ダンロップ SP SPORT MAXX GT600Aを新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年01月05日(水) 16時00分

住友ゴムは、SUBARU(スバル)が2021年11月に発表した新型『WRX S4』の新車装着用タイヤとして、ダンロップの高性能タイヤ「SP SPORT MAXX GT600A」が採用されたと発表した。

新型WRX S4は、動力性能や操縦安定性、静粛性や乗り心地などのあらゆる性能を磨き上げ、卓越した走行性能と実用性を兼ね備えたスバルのAWDスポーツセダン。

今回装着されるダンロップ SP SPORT MAXX GT600A」は、転がり・・・

ニュースを読む

スバル米国販売、WRX が28%増と6年ぶりに増加 2021年

by 森脇稔 on 2022年01月05日(水) 13時30分

SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは1月4日、2021年の新車販売の結果を発表した。総販売台数は58万3810 台。前年比は4.6%減と、2年連続で前年実績を下回った。

最量販車は、引き続き『フォレスター』だ。2021年実績は15万4723台。前年比は12.6%減と、2年連続のマイナスとなった

もうひとつの主力車種の『アウトバック』は2021年、15万4623台を売り上げた。前年比は0.9%増と、2年ぶりに増加する・・・

ニュースを読む

新型『WRX S4』には、ある不安を抱いていた。FA型エンジンのことだ。

FA型はフリクションロスを少なくし、高い熱効率を追求した、スバルの主力ユニット。だが基本的にFA型はターボであっても低回転域のトルクが細い印象があったため、新型WRXを2.4リットルに拡大してもWRXらしいフィールが感じられるのか心配だった。

だが、サーキットを走るとそんな不安は一気に吹き飛んだ。

◆歴代ボクサーエンジンのなかでもトップクラス

このFA24・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

ひどい

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:e燃費 さん
総合評価:

燃費が悪すぎ 最近10.6KMしか走りません。夏場で16KMですが暖機運...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算70回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算70回目)を1/16に行いました。前回の給油から441.5km...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針