スバル

カーライフニュース - スバル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スバルのニュース

車種別スピーカーパッケージ搭載のスバル、レンタカーで試す

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年06月18日(月) 16時04分

ソニックデザインは、ニッポンレンタカー北海道と提携し、車種別スピーカーパッケージ「ソニックプラス」を搭載したスバル車をレンタカーとして利用できる期間限定企画「SUBARUドライブキャンペーン」を6月18日から10月14日まで開催する。

今回の企画は、レンタカーとしては少数のスバル車に車種別スピーカーパッケージのソニックプラスを搭載したもの。スバル車のパフォーマンスと、スバル純正アクセサリーにも採用されているソニックデザインの音質を、じ・・・

ニュースを読む

スバルの新型SUV『アセント』、第一号車を顧客に納車

by 森脇稔 on 2018年06月18日(月) 06時30分

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは6月15日、新型SUVのスバル『アセント』の第一号車を顧客に納車した、と発表した。

アセントは、スバルが北米市場でのさらなる成長を求め、とくにファミリーユーザーに向けて開発した新型3列ミッドサイズSUV。従来の『トライベッカ』の後継車に位置付けられる。

エクステリアには、スバルのデザイン理念フィロソフィーの「ダイナミック&ソリッド」を導入。3列ミッドサイズSUVとして重視される機・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は6月14日、『レガシィ』と『インプレッサ』の燃料ポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2004年4月1日〜2009年9月21日に製造された23万2708台。

燃料ポンプにつながるワイヤハーネスの材質が不適切なため、車両使用過程の動きでコネクタ端子の接触状態が悪化し、導通不良となることがある。そのため、ポンプが作動せず、走行中のエンジン停止や始動不良が発生す・・・

ニュースを読む

スバルのリサイクル実績、3億7971万円の黒字…2017年度

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年06月12日(火) 13時45分

SUBARU(スバル)は、自動車リサイクル法に基づく2017年度(2017年4月〜18年3月)の再資源化などの実績を公表した。

2017年度の実績は、シュレッダーダスト(ASR)では16万6716台、2万6920トンを回収、このうち2万6366トンを再資源化した。ASR再資源化率は97.9%となり、2015年度以降の法定基準である70%を達成した。

エアバッグ類は、13万6577台から42万5022個を引取り、3万7186kgをリサ・・・

ニュースを読む

スバルが完成検査時の不正問題で会見を開いたのは、昨年10月が最初だ。以来、同12月、今年4月に続き4回目。拡大し続ける今回の不正の問題点を追った。

今回の不正も前回と同様、舞台は完成検査時の燃費・排出ガスの測定だ。4月に出した国交省への報告書では、得られた測定値を検査員が都合よく書き換えたことに対する調査と対策をまとめたというもの。抜き取り検査を繰り返す間に生じる基準範囲に収まらない測定値の書き換えた。報告書の中では「同基準値を達成す・・・

ニュースを読む

スバル 吉永社長、代表権とCEOを返上---拡がる不正の責任を取り

by 中島みなみ on 2018年06月05日(火) 18時56分

スバルの吉永泰之社長が、同社の完成検査で拡大する不正の責任をとって、来期の役員構成を見直した。

6月5日の取締役会で決定した役員人事案では、吉永氏は代表権を持たない会長になる。社長就任予定の中村知美・現専務執行役員が代表権を譲り受け、同時にCEO(最高経営責任者)になる。

スバルで起きた完成検査時の燃費・排出ガスの測定値の書き換え不正は4月27日、吉永氏が国土交通省に報告書を提出することで、再スタートを切るかに見えた。中村氏が社長に・・・

ニュースを読む

国土交通省自動車局は、SUBARU(スバル)が実施した完成検査の燃費・排出ガス測定の不適切事案について、徹底調査と再発防止をまとめて報告するように同社に指示を出した。道路運送車両法上の措置。

スバルから同局に伝えられた不適切事案は、5日現在で把握されているだけで934件あった。

スバルは昨年からの完成検査の不適切事案について約4か月にわたって社内調査を実施。4月27日に報告書を提出した。今回の不適切事案は、その報告書の中には入ってい・・・

ニュースを読む

スバル、燃費・排出ガス測定で再調査 17時から社長会見

by 中島みなみ on 2018年06月05日(火) 15時04分

スバルは5日、群馬製作所本工場と矢島工場の出荷前に実施される完成検査で、燃費・排出ガスの抜き取り測定の新たな不適切事案が判明したことを公表した。

同社は4月27日に同様の測定で不適切な事例があったことを国土交通省に報告したが、さらに拡大した。5日14時時点で公表した事案は2つ。

燃費・排出ガス測定試験の実施で、法令で定められた速度を離れて運転。逸脱時間が許容されている範囲を超えて、測定を失敗(トレースエラー)したにも関わらず、検査済・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは6月4日、2019年モデルの『WRX』と『WRX STI』に「シリーズグレー」を設定すると発表した。

シリーズグレーには、クールグレーカーキの専用ボディカラー、クリスタルブラックシリカの専用エンブレム、「ウルトラスエード」と呼ばれる専用インテリアを採用する。

WRXのシリーズグレーでは、ブラック仕上げの18インチアルミホイールを履く。強化ブレーキやステアリングの舵角に対応するLE・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は、「SUBARU 60周年記念 オリジナル切手コレクションVol.2」を6月1日より期間限定で発売した。

限定商品は、スバル60年間の歴史を彩った名車たちのオリジナル切手セット第2弾。スバルをけん引してきた『レガシィ』をはじめ、『インプレッサ』『フォレスター』『XV』など、1989年から2018年までの名車10台をラインアップした。

第1弾と同様、限定デザインの82円切手×10枚の他、スバルの名車の歴史を振り・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

horiuchi518

レンタカーとして乗りました。

車種名:トヨタ シエンタ
投稿ユーザー:hor***** さん
総合評価:

アクセルを踏んだときの一瞬の加速の出遅れなど、 ちょこちょこネットで見る...[ 続きを見る ]

FD乗り

燃費と感想

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

走行距離4600kmの実績、感想。(下記燃費は車載メーター。エコモード、...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針