スバル

カーライフニュース - スバル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スバルのニュース

ソニックデザインは、車種別スピーカーパッケージ「ソニックプラス」の新商品として、オーバル(楕円)形状の取付穴を持つスバル車対応フロント専用スタンダードモデル「SF-SU2E」を2月24日より発売する。

オーバル形状のエンクロージュア一体型ドアウーファーモジュールには、独自のG字型チューニングポート「G-チューナー」を搭載した新世代の大容量アルミハイブリッドエンクロージュアを採用した。G-チューナーはエンクロージュアのバックチャンバー(・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は2月2日、『レヴォーグ』『レガシィ』『WRX』の事故自動緊急通報装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2020年11月2日から2022年10月5日に製造された5万1613台。

対象車種は、テレマティクスシステムの構成部品であるデータコミュニケーションモジュールの制御プログラムが不適切なため、車両製造後から一定期間経過後、通信機能が停止するものである。そのため、・・・

ニュースを読む

英国のシルバーストンオークションは1月30日、スバル『インプレッサ』のラリーマシンが2月25日、英国で開催される「Race Retro Classic and Competition Car Sale 2023」に出品されると発表した。

1997年、WRCはレギュレーション変更により、参加メーカーの多くがWRカーに移行した。当時のスバルは初代『インプレッサ』の2ドアクーペ、『リトナ』をベースにWRカーを開発し、WRCに参戦している。
・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは1月26日、小型SUV『クロストレック』の新型の米国仕様車を2月9日、米国で開幕するシカゴモーターショー2023で初公開すると発表した。

クロストレックは、スバルの米国市場における最量販モデルだ。2022年は、米国で過去最高の15万5142台を販売し、前年比は21.7%増と、2年連続で前年実績を上回った。年間を通じて、クロストレックが最量販車となったのは、2022年が初めてだ。

・・・

ニュースを読む

インプレッサはスバルの基本だ[開発責任者インタビュー]

by 内田俊一 on 2023年01月16日(月) 12時30分

SUBARU(スバル)は東京オーオートサロン2023に、昨年11月のロサンゼルスオートショーでワールドプレミアした新型『インプレッサ』の日本仕様プロトタイプを公開。今春にも正式発表するという。そこで、今回の開発のポイントなどについて開発責任者に話を聞いた。

◆インプレッサからスポーツの名前を取ったわけ
---:国内のスバルのラインナップを見るとWRXがあり、クロストレックなどが投入され、これまでのインプレッサの立ち位置が変わりつつある・・・

ニュースを読む

1月13日から15日まで開催されたカスタマイズカーのイベント『東京オートサロン2023』。SUBARU(スバル)は、『レヴォーグ』の「STIスポーツ」「STIスポーツEX」「STIスポーツR」「STIスポーツR EX」を対象とした電子制御ダンパー制御プログラムのアップデートサービス「スバル アクティブダンパー e-チューン」を発表した。

このアップデートは、「ドライブモードセレクト」の「Comfort」と「Sport+」のサスペンショ・・・

ニュースを読む

カスタマイズカーの展示イベント『東京オートサロン2023』。SUBARU(スバル)ブースには、スバルテクニカインターナショナルが専用チューニングしたスバル『レヴォーグSTI』の特別仕様車「スポーツ#」プロトタイプが展示されていた。

このレヴォーグは、SUBARU AWD車誕生50周年 特別記念車として、『LEVORG STI Sport R EX』をベースに、操縦安定性の向上と、より上質な乗り味を実現したSTIコンプリートカーだ。20・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は1月13日、『レヴォーグ』の「STIスポーツ」「STIスポーツEX」「STIスポーツR」「STIスポーツR EX」を対象とした電子制御ダンパー制御プログラムのアップデートサービス「スバル アクティブダンパー e-チューン」を東京オートサロン2023で発表した。

対象となる4グレードは「ドライブモードセレクト」を搭載。パワーユニットだけでなく、AWDシステムやサスペンション、パワーステアリングなど、さまざまなデバ・・・

ニュースを読む

2023年1月13日から15日まで開催されているカスタマイズカーのイベント『東京オートサロン2023』。SUBARUブースでは、新型『インプレッサ』が日本初公開された。公開に先立ちプレスカンファレンスでは、商品企画本部プロジェクトゼネラルマネジャーの毛塚紹一郎氏が登壇、新型車のコンセプトなどについて語った。

昨年11月にロサンゼルスオートショーでワールドプレミアとなった新型インプレッサ。日本での一般公開は今回が初めてで、開発中のSTI・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)と同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は1月13日、2023年のモータースポーツ活動についての概要を発表した。

SUPER GTシリーズは、2023年も引き続きGT300クラスに『SUBARU BRZ GT300』で参戦する。チーム総監督は小澤正弘、チーム運営はR&Dスポーツが担当し、監督は同社の澤田稔。ドライバーは井口卓人選手と山内英輝選手の2名体制で臨む。スバルとST・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ひさのけちゃん

燃費が……

車種名:ホンダ ストリーム
投稿ユーザー:ひさ***** さん
総合評価:

ここ最近、平均してリッター5kmだったのが、本日給油でとうとう4.81k...[ 続きを見る ]

ニーグラ

エクステリアのデザインはGC型と比べてデカくてイマイチと言われることもあ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針