スバル

カーライフニュース - スバル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スバルのニュース

SUBARU(スバル)の人とくるまのテクノロジー展2024ブースは車両が中央に1台置いてあるだけで、一見すると、手を抜いているのではないかと思える。しかし、その裏にはブース全体を考えたスバルの思いが込められていた。

展示車両は『レヴォーグ・レイバック』で、スバルが力を入れている安心・安全と走る喜びを体感できる最新モデルだ。そのクルマに搭載されているアイサイトXは、現在のスバルが持っているADAS(先進運転支援システム)をすべて取り入れ・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は5月23日、ダイハツ『タント』とスバル『シフォン』のリコールを国土交通大臣に届出した。

不具合の内容は、フロントスタビライザにおいて製造工程の管理が不適切なため、パイプ内部に塗装前の化成液が多量に残留し、水素脆化によって強度が低下している可能性があるという。そのため、走行中の捩じり力によってスタビライザが折損するおそれがある。

改善策としては、全車両のフロントスタビライザの識別ペイントを確認し、該当する生産工場製のもの・・・

ニュースを読む

スバルは、5月22日から24日にパシフィコ横浜、7月17日から19日にAichi Sky Expoで開催される「人とくるまのテクノロジー展2024」およびオンライン展示会に出展する。

同社のブースコンセプトは「持続可能な社会に向けての取り組み」である。安心・安全な社会と持続可能なモビリティ社会の実現に向けたテクノロジーを実車、パネル、部品展示、動画で紹介する。ブースは廃棄物の発生を抑え、再利用を考慮した部材で造作され、電力は自然エネル・・・

ニュースを読む

今回のワンポイント確認は、「いい道具は、かよわき乙女を守ってくれるのか」である。聡明なレスポンス読者におかれましては、この『乙女』が意味するものを、好意的に解釈していただきたい(間違っても、ジェンダー平等はどうした!とか叫ばないように)。

うまい人は、よりうまく。下手くそは、最下層からひっぱりあげ、せめて平均まで導いてほしい。スポーツ、料理、運転などすべての場面でいい道具を選ぶ理由はこれだ。特に運転には命がかかっている。下手くそは容赦・・・

ニュースを読む

自動車ニュースのレスポンスが贈る、クルマ好きのためのLINE公式アカウント『クルマら部』(ベータ版)! 参加型コンテンツ「クルマの車論調査」から、クルマ好きの皆さんへアンケート!

スバルはトヨタとの共同開発で2026年末までに4車種のEVをラインアップすると発表しました。いよいよスバルも電動化まったなし、というところですが、EV時代になってもスバルらしさを貫いてほしいですよね。

スバルといえば、日本初の国民車『スバル360』、世界初・・・

ニュースを読む

スバルテクニカインターナショナルは、5月30日から6月2日にかけてドイツ・アイフェル地方で開催される第52回ニュルブルクリンク24時間レースに参戦する。今回の参戦車両はスバル『WRX S4』をベースとしたもので、スバルは2008年以来15回目の挑戦だ。

「SUBARU WRX NBR CHALLENGE 2024」は、昨年と同様に2.0リットル以上2.6リットル未満のターボエンジン搭載車クラス「SP4T」に参戦し、クラス優勝および総合・・・

ニュースを読む

スバルは5月15日、ENEOSスーパー耐久シリーズに参戦予定の新型車両を公開した。新型車両は4ドアセダンで、レース用にチューンした水平対向ターボエンジンを搭載している。また、駆動方式にはスバルが磨き上げてきたシンメトリカルAWDを採用している。

新型車両は、5月24日から26日に富士スピードウェイで開催される「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024第2戦富士SUPER TEC24時間レース」のイベント広場で、5月25日から26日に展示・・・

ニュースを読む

スバル『フォレスター』新型、米国で初めて現地生産へ

by 森脇稔 on 2024年05月15日(水) 17時00分

SUBARU(スバル)は5月13日、SUV『フォレスター』の新型を日本だけでなく、米国でも生産すると発表した。フォレスター初の米国現地生産は、インディアナ州のSubaru of Indiana Automotive, Inc.(SIA)で開始される予定だ。

すでに米国で発表されている新型のパワートレインは、2.5リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンで、最大出力180hp、最大トルク24.6kgmを発生する。トランスミッションは、リニ・・・

ニュースを読む

2026年に4車種---スバルがBEVへの「移行戦略」を発表

by レスポンス編集部 on 2024年05月15日(水) 09時30分

スバルの大崎篤代表取締役社長CEOは5月13日、新体制方針アップデートを発表し、環境変化に対応するためのバッテリーEV(BEV)への移行戦略について語った。


◆柔軟に対応、一気に拡張
大崎社長は「カーボンニュートラル実現に向けた手段として、中長期的な視点では、いずれはBEVが主軸になっていくと見ており、足元2025年から26年はBEV移行初期にあたる」としている。

スバルでは「先行きを見通すことが難しい段階では、規制やマーケットの・・・

ニュースを読む

スバル、2024年度決算は売上収益24.6%増の好業績

by レスポンス編集部 on 2024年05月14日(火) 09時50分

スバルは5月13日、2024年3月期の決算を発表した。全世界生産台数は前年比10.9%増の97万台を達成。国内生産は60万2000台で4.7%増、海外生産は36万8000台で23.0%増となった。これにより、全世界販売台数は97万6000台と14.5%増加し、北米市場を中心に堅調な推移を見せた。

連結売上収益は、販売台数の増加と為替変動の影響を受け、前年比24.6%増の4兆7029億円に達した。営業利益は75.0%増の4682億円、税・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

2回目の給油

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告灯とブザーが鳴るのは、推定走行可能距離が50km代まで減ってから...[ 続きを見る ]

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針