インド

カーライフニュース - インド

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

次世代EVなど23車種を発売へ、2030年までに…印マヒンドラ

by 森脇稔 on 2024年05月21日(火) 09時30分

インドの自動車大手のマヒンドラ(Mahindra)は5月16日、次世代のEVの開発を含めて、2027年までに総額2700億ルピー(約5050億円)を投資すると発表した。

この投資を充当して、マヒンドラは2030年までに新型EVを7車種、市場に投入する。また、LCV(軽商用車)を7車種、内燃エンジン車に関しては、2030年までにSUVを9車種、発売する計画だ。合計23車種の新型車を投入していく

LCVの7車種の内訳は、EVが2車種、内・・・

ニュースを読む

BYDは3月5日、EVセダン『シール』(BYD Seal)をインドで発売した。インドにおける高級電動セダンセグメントへの参入になるという。

シールは、MPV、SUV、セダンとEVのフルラインナップを構築するための一歩。3種類のグレードとして、「ダイナミック」、「プレミアム」、「パフォーマンス」が用意されている。

シールは、「e-プラットフォーム3.0」をベースにしている。後輪駆動、全輪駆動、先進的なサスペンション、3.8秒での0-1・・・

ニュースを読む

自動車の販売台数で日本を上回り、中国、米国に次ぐ世界第3位に躍り出たインド市場で、大手総合商社の三菱商事が近夏からホンダなどの日本車の販売に乗り出すという。

きょうの日経が1面で「三菱商事、インドで日本車販売網、巨大市場開拓」などと報じている。

それによると、インドで自動車販売などを手掛ける大手のTVSモビリティが自動車販売店事業を分社化し、新会社に三菱商事が3割強を出資。三菱商事の出資額は50億〜100億円程度になる見通しで、社員・・・

ニュースを読む

スズキのインド子会社のマルチスズキは1月24日、新型SUV『フロンクス』(Suzuki FRONX)が、2023年4月の発売から10か月で、インド乗用車市場最速で販売台数10万台を達成した、と発表した、

フロンクスは、力強さと流麗さを際立たせた新しいクーペスタイルと取り回しの良さを備えた新ジャンルのSUVだ。迫力と厚みのあるフロントグリルと、横への張り出しを強調したフロントとリアスタイルで、SUVの力強さや存在感を表現した。また、リア・・・

ニュースを読む

スズキのインド子会社のマルチスズキは10月11日、小型SUV『ジムニー5ドア』(Suzuki JIMNY 5 door)の輸出を開始した、と発表した。


◆出荷先は中南米や中東 アフリカ地域
ジムニー5ドアは2023年1月、インドで開催されたAuto Expo 2023(デリーモーターショー2023)で初公開された。ジムニー5ドアは現在、インド国内のみで生産されている。インドでのベース価格は、127万4000ルピー(約230万円)だ。・・・

ニュースを読む

インドの自動車大手、タタ・モーターズが、SUVの新型『ハリアー』と『サファリ』の予約受付を開始した。

これらの新型車は、先代モデルの大成功を受けて、最先端の技術と比類なき安全機能を統合し、タタ・モーターズの革新と卓越への取り組みを体現するデザインで、運転体験を再定義することをめざしている。顧客は、公式ウェブサイトまたは全国のタタ・モーターズの正規ディーラーで、2万5000ルピー(約4万5000円)から予約することが可能だ。

タタ・モ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車のインド部門は8月3日、大型ミニバン『ヴェルファイア』(Toyota Vellfire)の新型を発表した。

新型ヴェルファイアのインド仕様は、パワートレインがハイブリッドのみとなる。日本仕様に用意されている純ガソリンの2.4リットルターボは導入されない。

また、グレードは、「VIPエグゼクティブラウンジ」と「Hi」の2種類を設定する。インドでのベース価格は、Hiが1199万ルピー(約2060万円)、VIPエグゼクティブラ・・・

ニュースを読む

株価の乱高下はその企業に異変が起こる予兆とも言われるが、わずか1年足らずで3倍近くも跳ね上がっていたホンダの連結子会社で、東証スタンダードに上場している八千代工業が、インドの自動車部品大手のサンバルダナ・マザーソン・グループに身売りされるという。

親会社のホンダが発表したもので、きょうの日経が「ホンダ、八千代工業売却、インド部品に、190億円で」などと報じている。それによると、ホンダが165億円を投じて八千代工業をTOB(株式公開買い・・・

ニュースを読む

日産自動車のインド現地子会社であるインド日産は6月6日、チェンナイ工場における日産『マグナイト』の累計生産台数が10万台に達したと発表した。

マグナイトは、インドでは日産初となる全長4m以下の小型SUVとして2020年12月にデビュー。大胆なエクステリアと、広い室内空間、力強いターボエンジン、そして先進的な安全技術を採用し、様々なシーンにて快適なドライビングを実現する。

インド日産は、ニュージーランド、オーストラリア、中東、欧州、中・・・

ニュースを読む

スズキ、インド国内累計販売が2500万台突破…39年で達成

by 纐纈敏也@DAYS on 2023年01月30日(月) 18時15分

スズキは、インド子会社のマルチ・スズキ・インディア社が2023年1月9日にインド国内累計販売2500万台を達成したと発表した。

スズキはマルチ・スズキの前身であるマルチ・ウドヨグ社と1982年に合弁契約を締結し、1983年12月に第1号車『マルチ800』の生産・販売を開始した。以来、『アルト』『ワゴンR』『スイフト』など、常にその時代に必要とされるインドの顧客ニーズにマッチしたクルマを提供。2012年2月には累計1000万台、2019・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

kasaiurado

良い車です

車種名:日産 ノート
投稿ユーザー:kas***** さん
総合評価:

アベレージが23キロに到達しました。 毎日100キロ通勤してたらいつの間...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針