トヨタ カローラ

カーライフニュース - トヨタ カローラ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ自動車の米国部門は6月4日、小型セダン『カローラ』の2025年モデルを発表した。米国向けは日本仕様と顔が異なり、全長も135mm、ホイールベースも60mm長い。

米国向け2025年モデルでは、新たな特別仕様車「カローラFX」を追加する。同車は1987年に登場したスポーティモデル「カローラFX16」に敬意を表し、現代のスポーティな要素を取り入れている。

カローラFXは「SE」グレードをベースにしており、大胆なスタイルが特徴。特に・・・

ニュースを読む

富士スピードウェイで開催された「モーターファンフェスタ2024」。Team TOYO TIRES DRIFTの新しいチーム体制の発表やドライバーのサイン会、さらに会場内にはトーヨータイヤのブースが設営され会場を盛り上げた。

ドリフト競技参戦から20年!メモリアルイヤーに新車投入で気合十分
そんなトーヨータイヤブースの真横にある16番ピットボックスにはTeam TOYO TIRES DRIFTのワークスマシン4台が展示され、多くの来場者・・・

ニュースを読む

「ユーザーを虜にするカローラを取り戻す」と、その昔ラインナップ内に『レビン』を名乗るスポーツモデルが存在していたことを知る人にターゲットを絞り込んだかのようなフレーズを携えながら生を受けたのが、『GRカローラ』という存在。

もっとも、カローラとは名が付いても“普通のカローラ”とは全く別次元に身を置くというのは『GRヤリス』の場合と同様。それどころか、「排気の干渉を嫌って敢えて3気筒をチョイスした」と開発担当者が語るエンジンや、電子制御・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、『カローラ』『カローラ ツーリング』『カローラ スポーツ』を一部改良するとともに、カローラとカローラ ツーリングに特別仕様車を設定し、4月2日より販売を開始した。

カローラおよびカローラツーリングはスポーティな専用内外装デザインの特別仕様車「ACTIVE SPORT」を設定した。また、シートヒーター+ステアリングヒーター、ナノイーXを「ACTIVE SPORT」「W×B」グレードに、パーキングサポートブレーキ(前後方静・・・

ニュースを読む

BPカストロールは東京オートサロン2024で、テーマを「温故知新」として、刷新されるロゴマークをアピールするとともに、旧ロゴが強烈な印象を残した90年代WRCで活躍した車両を展示する。

展示車はカストロールがサポートしたチームTTE(Toyota Team Europe)の1995年サファリラリー優勝車、トヨタ「セリカST185」と、1998〜99年にカルロス・サインツが操った「カローラ」を展示。カストロールの来し方と未来が紹介される・・・

ニュースを読む

テインは2024年1月12日から幕張メッセで開催される「東京オートサロン2024」に出展すると発表した。今回は“TEIN & CASTROL”としてBPカストロールとの共同出展となる。カストロールカラーが施された往年のラリーカーであるセリカ『GT-Four』(ST185)と『カローラ』(E111)を展示する。

展示車両は95年 サファリラリー セリカ GT-Four(ST185)、98年 WRC カローラ(E111)参戦車のオ・・・

ニュースを読む

カーボンがレーシー! HKSからGRカローラ用ヒューズボックスカバー新発売

by ヤマブキデザイン on 2023年12月28日(木) 11時30分

チューニングパーツメーカー・HKS(エッチ・ケー・エス)がトヨタ『GRカローラ』用「カーボンヒューズボックスカバー」を新発売。消費税込価格は1万9800円。販売は12月26日より。

「カーボンヒューズボックスカバー」は純正ヒューズボックスに被せて使用するドレスアップパーツ。軽量・高強度・美観を兼ね備えたオートクレーブ製法によるドライカーボンがエンジンルームをレーシーかつ華やかに彩る。

あらかじめカーボン繊維に熱硬化樹脂を含侵してある・・・

ニュースを読む

トヨタ カローラ、1.8リットルのハイブリッドが性能向上

by 森脇稔 on 2023年10月17日(火) 17時00分

トヨタ自動車の欧州部門は10月13日、『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの2024年モデルを発表した。ハッチバック、ワゴンの「ツーリングスポーツ」、セダンの3種類が用意されている。


◆1.8リットルと2.0リットルの2種類のハイブリッド
2024年モデルのパワートレインには、1.8リットルと2.0リットルの2種類のハイブリッドが設定される。2種類のハイブリッドを用意するのは、トヨタの欧州戦略に沿うものだ。

202・・・

ニュースを読む

「優れた氷上性能のさらなる向上」、「消費者が実感できる永く効く性能」、「氷上性能と雪上性能の両立」を開発コンセプトに、2021年に登場したのが横浜ゴムの『アイスガード7 iG70』(以下iG70)だ。


その特徴をざっとふりかえると、氷上性能については、接地面積とブロック剛性を大幅に増加させた「専用トレッドパターン」により、イン側に「幅広リブ」、センター部に「縦長ベルトブロック」を配置することで発進と制動での安定した接地を実現。アウト・・・

ニュースを読む

トヨタGAZOOレーシング(TGR)は23日、スポーツハッチバックの『GRカローラ』を一部改良し、550台の予定で抽選販売を開始した。スーパー耐久シリーズをはじめとしたモータースポーツの現場からのフィードバックによる改善を施し、運転操作に対するダイレクト感とスタビリティを向上させた。

GRカローラは昨年6月に発表、同12月に抽選申込を開始。トヨタ自動車の豊田章男会長(当時は社長)の「お客様を虜にするカローラを取り戻したい!」という強い・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

nori

流れの良い幹線道路では20km/l前後で走ることができました。 一方で、...[ 続きを見る ]

運転志

三度目だし正直…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

純正オプションの約1/7価格のカ■メイト・セキュリテイボルト買うも、ネジ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針