ハッチバック

カーライフニュース - ハッチバック

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ヒョンデのEVに高性能仕様「N」開発中

by 森脇稔 on 2022年12月07日(水) 11時45分

ヒョンデ(現代自動車)は12月2日、小型ハッチバックEVの『アイオニック5』の高性能モデル「アイオニック5 N」のティザー映像を公開した。

車名の「N」とは、ヒョンデの高性能ブランドの「N」を意味する。ヒョンデは2015年秋、Nブランドの立ち上げを発表した。Nは、ヒョンデが新たに立ち上げたサブブランドだ。Nは、WRC(世界ラリー選手権)などモータースポーツのノウハウを導入し、ヒョンデ初の高性能車に特化したブランドとなるのが特長。Nとは・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国部門は11月17日、小型ハッチバック『インプレッサ』(Subaru Impreza)新型のスポーツグレード「RS」を、ロサンゼルスモーターショー2022でワールドプレミアした。

新型インプレッサ RSには、2.5リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンを搭載する。最大出力は182hp、最大トルクは24.6kgmを獲得する。パドルシフト付きの「リニアトロニックCVT」を組み合わせた。このCVTには、8 段階のマ・・・

ニュースを読む

11月、スバルは主力モデルのCセグメントコンパクトクラスの乗用車『インプレッサ』の第6世代モデルを公開した。2023年春にまず北米市場に投入し、順次世界展開を図っていくという。

筆者は2016年、現行第5世代『インプレッサスポーツ(以下インプレッサ)』がデビューした直後に800km試乗を行い、本サイトでレビューをお届けした。ライドフィールは思わず「日本車のフルモデルチェンジ」と評したほどに良好で、格好のハイウェイクルーザーという商品性・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは12月2日、小型EVの『ID.3』(Volkswagen ID.3)の改良新型のスケッチを公開した。2023年春に欧州で発表される予定だ。

ID.3はフォルクスワーゲンの新世代EV「ID.」ファミリーの最初のモデルとして、2020年7月に欧州市場で発売された。欧州デビューから約3年となる2023年春、初の本格改良を受けて、改良新型が登場する。

改良新型ID.3には、最新世代のソフトウェアを搭載する。これにより、シ・・・

ニュースを読む

BMWは12月1日、ドイツで12月3日に開幕するエッセンモーターショー2022に、小型5ドアハッチバック『1シリーズ』の高性能グレード「M135i xDrive」の「Mパフォーマンスパーツ」装着車を出展すると発表した。

◆大容量のブレーキシステム
Mパフォーマンスパーツは、BMWの純正用品の新シリーズだ。BMWの子会社で『M3セダン』や『M4クーペ』などの開発・生産を手がけるBMW M社が、BMW主力車のスポーツ性能を引き上げる目的で・・・

ニュースを読む

トヨタGAZOOレーシング(TGR)は12月2日、新型車『GRカローラ RZ』と『GRカローラ モリゾウエディション』の抽選申込の受付を開始した。発売は2023年年初を予定している。価格も発表され、いずれもMTのみで、「RZ」が525万円、「モリゾウエディション」が715万円。

GRカローラ RZは6月1日の発表当初、一般販売としていたが、新型コロナウイルス感染拡大や半導体不足の影響により、まずは500台の抽選販売とし、12月19日の・・・

ニュースを読む

DSオートモビルはシトロエンからスピンアウトして、PSA内における高級ブランドとして独立したブランドだ。DSの名はご存じの通り「シトロエンDS」に通じるもので、それに由来すると考えるのが普通だが、どうも他の意味合いもあるとか。それはともかくとしてパリに生産工場を持っていたシトロエンらしいパリの香りをそのまま受け継ぎ、このパリを一つのキーワードとしてデザインされたクルマがDSなのである。本国ではすでにクロスバックの名が取れて単に『DS 3・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は11月17日、ロサンゼルスモーターショー2022において、小型ハッチバック『インプレッサ』(Subaru Impreza)の新型をワールドプレミアした。

新型インプレッサは6世代目モデルだ。およそ6年ぶりにモデルチェンジを受けて登場した。新型では、4ドアセダンは用意されず、5ドアハッチバックボディのみがラインナップされる。

新型は、まったく新しいデザインを採用した。行動的なライフスタイルを後押しする躍動的でス・・・

ニュースを読む

オペル アストラ に初のEV、航続416km…欧州発表

by 森脇稔 on 2022年12月01日(木) 11時45分

オペルは11月30日、Cセグメント5ドアハッチバックの『アストラ』新型のEV、「アストラ・エレクトリック」(Opel Astra Electric)を欧州で発表した。

歴代アストラ初のEVには、最大出力156hp、最大トルク27.5kgmを発生するモーターを搭載する。他の多くのEVの最高速が150〜160km/h に制限される中、アストラ・エレクトリックの最高速は170km/hとした。

走行モードは、Eco、Normal、Sport・・・

ニュースを読む

アウディは11月25日、高性能ハッチバックの『RS3スポーツバック』(Audi RS 3 Sportback)に、限定車の「パフォーマンスエディション」を設定し、2023年前半に欧州で発売すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、7万5000ユーロ(約1075万円)だ。

◆2.5リットル直列5気筒ターボエンジンを強化
『RS3スポーツバック・パフォーマンスエディション』では、直噴2.5リットル直列5気筒ガソリンターボ「TFSI」エン・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ほだ

結構良い

車種名:三菱自動車 eKクロス (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:ほだ***** さん
総合評価:

なかなかのびる、4WDターボなのでどうかなぁと思っていたが、夏タイヤで2...[ 続きを見る ]

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針