スズキ ソリオ

カーライフニュース - スズキ ソリオ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スズキが7月20日より発売すると発表した新型『ソリオ』、『ソリオバンディット』。新しくなった両車で注目したいのは、センシングに小型ステレオカメラを採用し、これを活用して新たにアダプティブクルーズコントロール(ACC)を実現したことだ。

ソリオとソリオバンディットはこれまでもステレオカメラを搭載し、これを衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」として機能させていた。今回はこのシステムに改良を加え、スズキとして初めて夜間の歩・・・

ニュースを読む

スズキは、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させた小型乗用車『ソリオ』『ソリオ バンディット』を7月20日より発売する。

今回の仕様変更では、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」に、夜間の歩行者も検知する機能を追加。さらに、ロングドライブをサポートするアダプティブクルーズコントロール、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシストを追加した。また、後退時の衝突回避・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2018年4月27日付

●任天堂社長46歳古川氏、売上高7年ぶり1兆円超、スイッチ好調(読売・10面)

●就活「売り手市場」鮮明、来春求人1.88倍(読売・11面)

●山口メンバー無期限謹慎、CM放送中止相次ぐ、ヤマト運輸、スズキ、フマキ・・・

ニュースを読む

スズキ ソリオ など12万台をリコール…走行不能となるおそれ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年03月08日(木) 16時57分

スズキは3月8日、『ソリオ』など4車種、合計12万4245台について、補機ベルトおよび機械式自動変速機コントローラに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

補機ベルトについては、マイルドハイブリッド車およびハイブリッド車にて、ウォーターポンプベルトの強度が不足しているため、使用過程で破断することがある。そのため、ISG(モーター機能付発電機)とウォーターポンプが作動しなくなり、発電不良により充電警告灯が・・・

ニュースを読む

スズキは、軽乗用車『アルト ラパン』および小型乗用車『ソリオ』『イグニス』に特別仕様車「Sセレクション」を設定し、12月7日より販売を開始した。

Sセレクションは、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を備え、安全性能を高めた。アルト ラパンはレーダーブレーキサポートおよび誤発進抑制機能を、ソリオとイグニスはデュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を搭載。さらに全・・・

ニュースを読む

スズキは4月13日、『アルト ラパン』などのバックドアに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『アルト ラパン』『ソリオ』『イグニス』、三菱『デリカ D:2』の4車種で、2008年11月3日〜2016年3月25日に製造された49万9765台。

バックドア・ダンパーステーのガス封入式バランサについて、外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、外筒が腐食するものがある。そのため、・・・

ニュースを読む

スズキ『ソリオ』は5ナンバー枠を使い切らない全幅と高めの全高によって独自の世界を作ってきた。最近ではトヨタ/ダイハツ/スバルが4車種の連合軍によって対抗してきたため、ソリオもハイブリッドを追加して新しい特徴を備えてきた。

スズキのグリーンテクノロジーを生かしたこれまでのマイルドハイブリッドではなく、本格的なフルハイブリッドを採用した。といっても『プリウス』のような高度なメカニズムを持つものではなく、コンパクトカーにふさわしいシンプルで・・・

ニュースを読む

スズキがついにフルハイブリッド化したモデルを発売した。ベースは小型車の『ソリオ』&『ソリオバンディット』。

スズキのハイブリッド化は大げさなものにならなかった。基本は「ソリオ マイルドハイブリッド」のトランスミッションをASG(クラッチ付きMTベースのオートモード付き2ペダルAT)に変更。MGUと呼ばれる駆動用モーターを組み合わせたもの。MGUはASGとはつながっておらず、別の減速機を介してアクスルに直接つながっている。駆動用のバッテ・・・

ニュースを読む

スズキが昨年11月に追加した『ソリオハイブリッド』はスズキ車としては初のフルハイブリッドシステムを採用したモデル。

現在のソリオ系のグレード名はフルハイブリッド、マイルドハイブリッドともにハイブリッドというネーミングが使われているのが少し紛らわしい。ソリオ、ソリオバンディットともにグレード名に「S」が使われているものがフルハイブリッドモデルで、ソリオの場合はハイブリッドSZ、ハイブリッドSX、ソリオバンディットの場合はハイブリッドSV・・・

ニュースを読む

スズキは、デュアルカメラブレーキサポートと全方位モニターを搭載した軽乗用車『スペーシア』と小型乗用車『ソリオ』が、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにて最高ランク評価の「ASV++」を獲得したと発表した。

スペーシアは、軽自動車で初めてステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」装着車を設定したモデル。今回、同システム装着車が66.7点を獲得し、軽自動車では初となる「ASV++」に認定された。・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

燃費計の目安

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

使用グレードG 5MT 満タン給油時と燃費計残量から、燃料残量の目安は...[ 続きを見る ]

谷貝宏一

手に入れました

車種名:フォルクスワーゲン ルポ
投稿ユーザー:谷貝***** さん
総合評価:

2004年当時RX-8と競合して買わなかった車。しばらくその事を忘れてた...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針