ダイハツ工業

カーライフニュース - ダイハツ工業

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆トヨタとダイハツの後付け安全装置

高齢化ニッポン、高齢者が起こす交通事故が連日、報道で伝えられると、明日は我が身と気分がどんよりと重くなる。特に多いのはペダルの踏み間違い事故だけど、ITARDA(交通事故分析センター)のデータを見る限りでは、高齢者だけが起こしているわけではなく若年層からほぼまんべんなく起こしているというのは、すでに何度もお伝えしているとおりである。

安全装置フル装備のクルマに買い替えられればいいけれど、世の中そん・・・

ニュースを読む

ダイハツは、軽商用車『ハイゼット カーゴ』を一部改良、MT車にも「スマートアシストIII」を標準装備するなど、安全性を高め、12月10日から販売を開始した。

ハイゼット カーゴは、使い勝手の良さや高い積載性を実現したキャブバンタイプの商用車。2017年11月のマイナーチェンジで、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」をAT車に採用し、軽商用車で初めて歩行者も認識し作動する衝突回避支援ブレーキなどを搭載した。

今回の改良では、・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車およびダイハツ工業は、ペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付可能なシステムを12月5日から発売した。

トヨタは「踏み間違い加速抑制システム」の名称で『プリウス』(2009年5月18日〜2015年12月8日)、『アクア』(2011年12月26日〜2018年4月2日)対応製品から販売を開始。車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起を行う。それでもブレ・・・

ニュースを読む

ダイハツ、スマアシ搭載車両の累計販売200万台突破 初搭載から6年

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年12月03日(月) 17時00分

ダイハツは、同社が販売する衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が2018年11月末時点で200万台を突破したと発表した。

スマートアシストは、2012年12月に発売した『ムーヴ』改良新型で初搭載。軽自動車初採用となる衝突回避支援ブレーキなど、先進デバイスをリーズナブルな価格で提供した。2015年4月には、従来のレーザーレーダーに加え、単眼カメラを搭載した「スマートアシストII」へ進化。さらに2016年11月に・・・

ニュースを読む

ダイハツ タントにお買い得な特別仕様車「VSシリーズ」設定

by 丹羽圭@DAYS on 2018年12月03日(月) 16時45分

ダイハツ工業は、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売する。

今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類。ベースグレードに対して、 特別な内外装、パノラマモニター、右側パワースライドドアなどの装備を採用しながら、お求めやすい価格設定とした。

X ・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は、自動車業界が100年に1度の大変革期を迎えていることに対応するため、2019年1月1日付けで「くらしとクルマの研究所」を新設すると発表した。

「くらしとクルマの研究所」では、クルマに対する消費者のニーズが「保有」から「利用」にシフトすると言われる中、顧客の視点でクルマづくりの本質を研究し、把握したニーズを迅速に具体化するための組織とする。傘下に「Nextモビリティ研究部」「部用品研究部」を置く。

組織改正ではスピード・・・

ニュースを読む

マレーシア国内で最大のシェアを持つプロドゥアがクアラルンプールモーターショー2018(KLIMS 2018)で披露したのは、コンパクトハッチならではの実用性とコネクティビティをワンパッケージ化したコンセプトカー『X-Concept』だ。プロドゥアが目指す、近未来のコンパクトハッチの姿をアピールした。

プロドゥアは1993年にプロトンに続くマレーシア第二の国産メーカーとして誕生したが、スモールカーを主力としたことで人気に火が付き、200・・・

ニュースを読む

ダイハツ トール 一部改良、スマアシIII採用で安全性向上

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年11月02日(金) 21時30分

ダイハツは、小型乗用車『トール』を一部改良し、11月1日より販売を開始した。

今回の一部改良では、車両や歩行者に緊急ブレーキ対応する衝突回避支援システム「スマートアシストIII」や前後コーナーセンサーを標準装備し、安全性能を向上させた。

また、「トール」「トール カスタム」それぞれに、お買い得な特別仕様車「リミテッド」シリーズを設定した。両モデルとも、安全運転に貢献する「パノラマモニター」を装備。4か所のカメラで車両の前後左右を映す・・・

ニュースを読む

トヨタのカローラ店で販売されている『タウンエース』とネッツ店販売の『ライトエース』の双子車。毎月1000台規模で堅調な販売が推移して10年が経過した。このモデル、実はインドネシアのダイハツで生産され輸入車としてカウントされているのだ。

◆RVブームの草分けだったタウン/ライトエース

トヨタのタウン/ライトエースと言えば、商用バンやトラックとしてビジネス用車両として使われる一方、RV(リクレーショナル・ビークル)の草分けとして80年代・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は10月29日、2018年度上半期(4〜9月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同期比14.2%増の70万6211台で、3年連続のプラスとなった。

国内生産は同3.6%減の43万4021台で3年ぶりに前年割れとなったが、海外生産は同62.2%増の27万2190台の大幅増で3年連続のプラスとなった。

国内販売は同2.0%減の29万8925台で3年ぶりのマイナスとなった。・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiwai

今まで車を20台ほど乗り継いできました。主にマニュアルのスポーツタイプの...[ 続きを見る ]

JN1

クラウンハイブリッド

車種名:トヨタ クラウン (ハイブリッド)
投稿ユーザー:JN1***** さん
総合評価:

130000km ハイブリッド警告ランプがついた ハイブリッドバッテリー...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針