三菱ふそう キャンター

カーライフニュース - 三菱ふそう キャンター (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三菱ふそう キャンター、インドネシアで累計販売100万台達成

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年03月17日(金) 04時15分

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は3月16日、インドネシアで「コルトディーゼル」として販売する小型トラック『キャンター』が、1975年の発売以来、累積販売台数100万台を到達したと発表した。単一市場、単一商用車モデルの100万台達成は、商用車ブランドではFUSOが初となる。

三菱ふそうは1970年にインドネシア市場に参入し、翌年の車両発売以来、46年にわたりトップシェアを維持し続けてきた。コルトディーゼルは、インドネシアでの輸送・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バスは12月8日、小型トラック『キャンター』などの巻込防止装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ふそう『キャンター』、UDトラックス『カゼット』、日産『アトラス』の3車種で、2016年1月6日から11月1日までに製造された4199台。

小型トラックの巻込防止装置において、サイドガード取付金具とステーの溶接が不適切なものがある。そのため、当該部位の溶接が剥がれ・・・

ニュースを読む

ドイツ、ハノーバーで開催されるバス・トラックなど商用車のモーターショーである「IAA 2016」(ハノーバーモーターショー)において、ダイムラーは2つのEVトラックを発表した。

ひとつは三菱ふそうが開発した『キャンター』ベースの『eCELL』の第3世代となる「eキャンター」。もうひとつは、EV走行で200Kmまでの輸送を可能とする大型トラック『Urban eTrack』だ。

ダイムラーでは、年々強まる環境性能基準や社会の要求に対応す・・・

ニュースを読む

日本国内では『Canter E-CELL』の名前で知られている三菱ふそうの100%EVトラック。EUでも、ダイムラーの『Canter E-CELL』の名前で、2015年から5万km以上のフリートテストが行われている。2016年からは、ダイムラーの本社があるシュトゥットガルト市内において、自治体や企業の実証実験が始まっている。

自治体でCanter E-CELLを導入し、業務に活用する実験を行っているのは同市の産業廃棄物管理局(AWS)・・・

ニュースを読む

7月27日(現地時間)、ドイツのシュトゥットガルトで開催された「Daimler eTrucks Campus」では、100%EVの大型トラック(Urban eTruck)の発表に加え、ドイツでフリートテストが始まっている『E-CELL』に関するワークショップも行われた。

ワークショップでは、フリートテストの概要と、9月に開催されるIAA国際商用車ショーに公式発表されるE-CELL 第3世代に関する情報にも言及があった。

Canter・・・

ニュースを読む

ブリヂストンは、三菱ふそうトラック・バスの小型トラック『キャンター』2016年モデルに新車装着オプションタイヤとして、低燃費タイヤが採用されたと発表した。

今回キャンター2016年モデルに採用されたタイヤは、専用開発した低燃費タイヤ。キャンターが追求する環境性、安全性、経済性を実現するため、安全性能や操縦性能などタイヤに求められる諸性能を高次元で維持しながら、転がり抵抗の低減を追求したとしている。

低燃費タイヤの使用で、燃費向上やC・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、小型トラック『キャンター』をフルモデルチェンジし、4月26日より販売を開始した。

2010年にデビューしたキャンターは、今回が初のモデルチェンジ。4P10型エンジンだけでなく、車両トータルとしてチューニングを施し燃費効率を向上させた。国内トップレベルの省燃費を実現し、最大積載量3トン以下のISS(アイドリングストップ&スタート)付き仕様全車で、2015年度重量車燃費基準+10%を達成。その他車・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は4月12日、独シュトゥットガルト市と物流事業会社ヘルメス社に小型電気トラック『キャンター E-CELL』5台を提供し、1年間の実用供試を開始したと発表した。

キャンターE-CELLは、最新鋭の技術を備えた、電動小型トラックとして開発。走行距離は100km以上、電動モーターは、最高出力110kw(150馬力)、最大トルク650Nmを発生する。最新型キャンターのシャシーをベースとし、車両総重量は6ト・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は3月8日、国内トップレベルの省燃費を実現した小型トラック『キャンター』2016年モデルを近日発売すると発表した。

小型トラック キャンター2016年モデルは、すでに省燃費性能に定評のある4P10型エンジンをさらに磨き上げ燃費効率を向上し、国内トップレベルの省燃費を実現。最大積載量3トン以下のISS(アイドリングストップ&スタート)付き仕様全車で、2015年度重量車燃費基準+10%を達成。その他車・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バスは12月10日、小型トラック『キャンター』など8車種、合計11万8483台について、燃料ホースなどに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

2010年5月26日から2014年12月9日製造の『キャンター』『ローザ』、OEMモデルの日産『アトラス』の3車種7万8152台については、燃料ホースの不具合が発覚。戻り側燃料ホースの材質が不適切なため、ホースが膨潤するものがあり、接続部が外・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

horiuchi518

レンタカーとして乗りました。

車種名:トヨタ シエンタ
投稿ユーザー:hor***** さん
総合評価:

アクセルを踏んだときの一瞬の加速の出遅れなど、 ちょこちょこネットで見る...[ 続きを見る ]

FD乗り

燃費と感想

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

走行距離4600kmの実績、感想。(下記燃費は車載メーター。エコモード、...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針