BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》

BMWは、2020年7月に主力クロスオーバーSUV『X3』のEVモデルとなる『iX3』を発表したが、BMWの最小SUVである『X1』の次期型にもEVモデルが設定されることが確実となった。その最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ドイツ市街地でキャッチした車両は、まだまだカモフラージュが重くディテールは見えてこない。しかし、フロントドアに「Electlic Test Vehicle」(電気テスト車両)のステッカーが貼られているほか、リアバンパーの下にエキゾーストパイプなく、代わりにフラットな保護プラスチックアンダートレイが装着されている。最終的には、iX3同様にキドニーグリルやLEDヘッドライト内にブルーのハイライトが追加されるだろう。

『iX1』と名付けられるであろう市販型では、「FAAR2」プラットフォームを採用。これは内燃機関、ハイブリッド、及びフルエレクトリックパワートレインに対応するスケーラブルな前輪駆動アーキテクチャとなる。


iX1のEVパワーユニット詳細は不明だが、おそらくiX3と同様のセットアップが期待できるだろう。iX3では、後車軸にシングルモーターを搭載、74kWhのバッテリーパックを積み、最高出力210kWと最大トルク400Nmを発揮する。また最大航続460km、0-100km/h加速は6.8秒で駆け抜ける。

iX1では、上記数値が抑えられる可能性があるが、ベースのシングルモーターFWDのほかに、強力なデュアルモーターAWDのセットアップが用意されると予想。

iX1のワールドプレミアは、X1次世代型の発売から間もない2021年後半、または2022年初頭にリリースされる可能性がありそうだ。

BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 BMW iX1 プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》