BMW

カーライフニュース - BMW

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMWのミドルサイズ・クロスオーバーSAV(Sports Activity Vehicle)『X5』改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

『5シリーズ』をベースにした初代X5は2000年に登場。2007年に発売された第2世代ではボディが大型化された。2013年から販売された第3世代では大幅な改良が行われることなく、ダイレクトに現行型「G05」へ移行しており、これが初の大幅改良となる。

捉え・・・

ニュースを読む

BMWは11月21日、二輪レース世界最高峰の「MotoGP」で、2020年の年間予選最速ライダーとなったファビオ・クアルタラロ選手に、『M2 CS』(BMW M2 CS)を贈呈した、と発表した。

M2 CSは、BMWのコンパクト2ドアクーペの「2シリーズクーペ」の頂点に立つハイパフォーマンスモデル「M2コンペティション」のさらなる高性能バージョンだ。これまで「CS」は、『M3セダン』や『M4クーペ』に用意されたことがあるが、「M2」へ・・・

ニュースを読む

BMWグループ(BMW Group)は11月20日、物流における自動運転ソリューションを開発する新会社、「IDEALworks」をドイツ・ミュンヘンに設立した、と発表した。

BMWグループは2015年、「スマート・トランスポート・ロボット(STR)」をフラウンホーファー研究機構と共同開発した。フラットで自律型の移動ロボットは、最大1トンの商品を輸送できる。例えば、工場内で組み立てられる車両の部品を満載したカートが、無人の自動運転で工場・・・

ニュースを読む

BMWのミドルサイズ・クーペSUV、『X4』の最強バージョン『X4M』改良新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ニュルブルクリンク付近で捉えたプロトタイプは、新LEDデイタイムランニングライトを備え、現行型よりコンパクトでより丸みを帯びた形状のヘッドライトを装着。カモフラージュされているが、三角形のコーナーエアインテークを装備すると予想される。またキドニーグリルグリルは現行型より大型化される可能性が高い。

後部では、ボディを包み・・・

ニュースを読む

◆別次元の存在感を示す巨大キドニーグリル

試乗後、現行『X7』と『7シリーズ』のあの巨大に思えたキドニーグリルを見直して、何とも思わなくなった。人間の感覚とはそんなものである。

E32かE38の時代の『7シリーズ』でV12かLボディのキドニーグリルの横幅を広げたことがあったが、その時の度合いも超越している。近年“変異”が見られたキドニーグリルだったが、新型『4シリーズ』ではサイズも内部のパターンも、これまでとはまったく別次元の存在感・・・

ニュースを読む

BMWグループ(BMW Group)は11月18日、ドイツ・ミュンヘン本社工場に4億ユーロを投資し、EVの組み立て工場を建設すると発表した。

今回の発表は、電動化を加速するものだ。BMWグループは2030年までに、700万台以上の電動パワートレイン車を販売することを目指している。BMWグループによると、700万台のおよそ3分の2(約470万台)を、フルEVにするという。

具体的には2020年内に、フルEVとしてBMW『iX3』を発・・・

ニュースを読む

BMWが開発中の新型クロスオーバーSUV(BMWはSAV=スポーツ・アクティビティ・ビークルと呼ぶ)、『X8』市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

キャリアカーで輸送中に捉えたプロトタイプは、弟分の『X7』と設計上の類似点があるが、フロントエンドはより平らに見える。またヘッドライトも下部へ装着されている様子が伺えるほか、丸みを持ったボンネットフードも確認できる。

さらに気づくのは、偶数ナンバーを持つSUVにも関わらず、『X4』、『X・・・

ニュースを読む

BMWグループのMINIが11月17日14時(日本時間11月17日22時)、デジタルイベント「#NEXTGen 2020」で初公開する予定の『ビジョン・アーバノート』(MINI Vision Urbanaut)。同車のティザーイメージが配信された。

「ビジョン」は、BMWグループの各ブランドのコンセプトカーに冠される名称だ。例えばMINIは2016年、BMWの創業100周年に合わせて、次の100年を提示したコンセプトカー、『ビジョン・・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、コンパクトモデル『1シリーズ』に、漆黒の限定車「118dピュアブラック」を設定し、BMWオンラインストアにて、11月20日午前9時より開始する。日本国内は10台限定で、納車は12月頃以降の開始を予定している。価格は502万6000円。

1シリーズは、タイヤスリップコントロールシステム(ARB)を採用するなど、高い走行性能を実現するとともに、FF採用により広い室内空間を確保。また、レーンチェン・・・

ニュースを読む

BMWの二輪部門のBMWモトラッドは11月11日、現在開催中の「#NEXTGen 2020」において、『デフィニション CE 04』(BMW Motorrad Definition CE 04)をデジタルワールドプレミアした。

「#NEXTGen」は、BMWグループが2019年に開始したデジタルイベントだ。第2回目となる今年の #NEXTGen 2020では、BMWグループがモビリティの未来に向けた独自の展望を明らかにする。

BMW・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

のわー

平均的な車

車種名:トヨタ カローラフィールダー
投稿ユーザー:のわ***** さん
総合評価:

MTで走りを求めず、ある程度快適さを求める方におすすめです。 特に遮音性...[ 続きを見る ]

シロボル

一度ディーゼルモデルに乗ってみたいと思い、本当に思いきって、買ってしまっ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針