鈴鹿サーキット

カーライフニュース - 鈴鹿サーキット

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ・モビリティ基金(TMF)は、誰もがモータースポーツ観戦を楽しめるさまざまなアイデアの実証実験を11月27日、鈴鹿サーキットで実施する。

TMFでは「もっといいモビリティ社会」の実現に向け、今年6月より、様々な想いやノウハウを持った人々とともに、アイデアやソリューションの社会実装を目指すコンテスト「Make a Move PROJECT」を実施。そのうちの「Mobility for ALL 〜移動の可能性を全ての人に」部門ではモ・・・

ニュースを読む

鈴鹿サーキットは、開発車両や次世代のモビリティを活用した持続可能な未来に向けた取り組みを開始。第1弾として、10月1日からホンダ開発プロダクツ実証実験『UNI-ONE』試乗体験を開始する。

鈴鹿サーキット開場60周年とモビリティリゾートもてぎの25周年を契機に、両サーキットを運営するホンダモビリティランドは、持続可能な未来に向けたコミットメントとして「サスティナビリティ基本方針」および「環境ビジョン」を策定。環境負荷を低減する取り組み・・・

ニュースを読む

鈴鹿サーキットは9月17日から10月31日まで、親子で仮装して楽しめる秋のイベント「コチラのカラフルハロウィーン」を開催する。

期間中は、彩り鮮やかなハロウィーンの世界に一変したチララのハローガーデンエリアでスタンプを集めイラストを完成させる「マジカルスタンプラリー」を開催。スタンプの場所にはカラフルなフォトスポットが登場し、周遊しながらハロウィーンの思い出を記念に残すことができる。

土日祝(10月8〜10日除く)には、子どもたちが・・・

ニュースを読む

単三電池40本レース、KV-Motoはミツバイクが初開催の8連覇

by 藤木充啓 on 2022年08月01日(月) 09時30分

31日に開催されたEne-1 Challenge鈴鹿のKV-Motoは、開催初年度から負け無しのミツバイクが堂々の8連覇を飾った。

これまでのKV-BIKEは名前を変え、今年からKV-Motoとして開催されることになった。レギュレーションも車両最低重量の規定がないDiv1と、車両最低重量15kg以上のDivNEXTに分けられた。

それ以外は大きな変化はなく、市販の自転車をベースとし、モーターで走行するように改造を施した車両が用いられ・・・

ニュースを読む

鈴鹿サーキットで31日、単三電池40本のエネルギーで鈴鹿サーキットを3周走ってそのタイムを競うEne-1 Challenge KV-40の競技が行われ、100チームが参加。木本工作所が4連覇を飾った。

KV-40は単三電池40本のみを動力源とし、車輪を3つ以上持つ車両で鈴鹿サーキット国際レーシングコース5.807kmのタイムアタックを3回行い、その合計タイムを競う競技だ。競技が始まったら充電や電池交換は行えない。

今年レギュレーショ・・・

ニュースを読む

鈴鹿サーキットで20日、HRS-Formula(ホンダレーシングスクール鈴鹿・フォーミュラクラス)の修了式が行われ、清水啓伸、森山冬星、佐藤樹、島影柊麿の4名がスカラシップ選考会受講生に選ばれた。

1992年に2輪のスクールとして開校した鈴鹿サーキットレーシングスクール。フォーミュラクラスは1995年に開校し、佐藤琢磨や角田裕毅など国内外で活躍する多くのドライバーを輩出してきた。この鈴鹿サーキットレーシングスクールが2022年、ホンダ・・・

ニュースを読む

フェラーリ・ジャパンは25日、鈴鹿サーキットで「フェラーリ・レーシング・デイズ」を開催。4年ぶりとなる”跳馬の祭典”に、全国から数多くのフェラーリオーナーが集結した。

イベントでは、オーナーが自身の車でサーキットを走ったり、プロのドライバーに同乗してフェラーリのパフォーマンスを存分に味わった。このほか、前日に日本初公開した、フェラーリ「296 GTS」のお披露目、F1や「フェラーリ・XXプログラム」のマシンによるデモ走行、ピットツアー・・・

ニュースを読む

2022年のF1日本GP、タイトルスポンサーが「ホンダ」に決定

by 遠藤俊幸 on 2022年05月17日(火) 22時15分

ホンダおよびホンダモビリティランド(鈴鹿サーキット等の運営会社)は17日、2022年F1日本GP(鈴鹿サーキット)のタイトルスポンサーが「ホンダ」に決定したことを発表した。

コロナ禍によって2020年と2021年はF1日本GPの開催はなかったが、今年、実現すれば2019年以来3年ぶりとなる開催が10月7〜9日に三重県の鈴鹿サーキットで予定されている。その大会タイトルスポンサーが「ホンダ」(Honda)に決まった。

大会名称は英文表記・・・

ニュースを読む

もうひとつの鈴鹿8耐、愛車グランプリの名称を募集中---縁石に名前

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年05月02日(月) 21時30分

鈴鹿サーキットは、「2022 FIM世界耐久選手権 “コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」(8月4〜7日)の開催に合わせ、ネットとリアルが融合した「もうひとつの"鈴鹿8耐"愛車グランプリ」を初開催する。

新イベントでは、スマートフォンアプリから、自身の愛車をカテゴリーごとに事前エントリーし、予選投票をアプリ内で実施する。カテゴリー(予定)は「レーサーレプリカ」「スポーツ」「ツアラー」「ス・・・

ニュースを読む

新型シビック タイプR、鈴鹿サーキットFF最速ラップタイムを更新

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年04月07日(木) 16時30分

ホンダは、鈴鹿サーキット国際レーシングコースで、新型『シビック タイプR』の最終的な性能評価のための走行テストを実施。FFモデル最速となる、2分23秒120のラップタイムを記録した。

今回の走行テストは量産前の最終開発車両で実施。従来の最速ラップタイムは、徹底した軽量化や専用装備によりピュアスポーツ性能を追求した先代の『シビック タイプR リミテッドエディション』が記録したもの。新型シビック タイプはそのタイムを更新し、サーキット性能・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ほだ

結構良い

車種名:三菱自動車 eKクロス (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:ほだ***** さん
総合評価:

なかなかのびる、4WDターボなのでどうかなぁと思っていたが、夏タイヤで2...[ 続きを見る ]

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針