BMW X1

カーライフニュース - BMW X1

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『X1 xDrive18d』および『X2 xDrive20d』『X2 M35i』にて、人気の高いオプション装備品を標準装備し、新価格で販売を開始する。

X1 xDrive18dは、ドライビングアシストプラス、ACC/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、電動フロントシート(運転席メモリー機能付)、オートマチックテールゲートオペレーション(オーブン/クローズ)を標準装備する。・・・

ニュースを読む

逆襲なるか?BMW X1 次期型、ニュル高速テストをスクープ

by Spyder7編集部 on 2021年04月20日(火) 08時00分

BMWのコンパクトクロスオーバーSUV『X1』次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始した。

X1はレクサス『UX』、メルセデスベンツ『GLA』、キャデラック『XT4』、ボルボ『XC40』、アウディ『Q3』など激化する米国サブコンパクト市場において、売れ行きが伸び悩んでいるという。次期型の出来には大きな期待がかけられており、開発を急ぐ同社は、早くもニュル高速テストを開始した。

次期型では、EV、PHEVなど電動・・・

ニュースを読む

BMWは、2020年7月に主力クロスオーバーSUV『X3』のEVモデルとなる『iX3』を発表したが、BMWの最小SUVである『X1』の次期型にもEVモデルが設定されることが確実となった。その最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ドイツ市街地でキャッチした車両は、まだまだカモフラージュが重くディテールは見えてこない。しかし、フロントドアに「Electlic Test Vehicle」(電気テスト車両)のステッカーが貼られているほか、リアバ・・・

ニュースを読む

BMW最小SUV『X1』、次期型PHEVを初スクープ

by Spyder7編集部 on 2020年12月10日(木) 08時00分

BMWは現在ラインアップ最小クロスオーバーSUV、『X1』次期型を開発しているが、そのプラグインハイブリッドモデルの開発車両をカメラが初めて捉えた。

キャッチした車両は、現行モデルよりわずかにボディが拡大されている様子が伺えるほか、『4シリーズ』のようなメガグリルの代わりに直立したワイドなキドニーグリルを装備している。またサイドまで回り込むラウンドしたヘッドライトのアウトライン、新設計されたLEDテールライトが確認できる。

次期型で・・・

ニュースを読む

BMWは現在、最小クロスオーバーSUV『X1』次期型を開発しているが、そのフルエレクトリックバージョンとなる「iX1」(仮称)プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

電動モデルに特化した同社「i」ブランドは、2020年7月に『iX3』を発表、11月10日には続く『iNEXT』(又はiX5)がデビュー予定で、iX1は新生iモデルの第3弾となる。

フロントドアに「Electlic Test Vehicl・・・

ニュースを読む

BMW X1 次期型が公道テスト開始!大グリル装備し2022年デビューへ

by Spyder7編集部 on 2020年08月29日(土) 08時00分

BMWの最小クロスオーバーSUV『X1』次期型プロトタイプが、ついに公道テストを開始した。その様子をスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

南ヨーロッパで捉えた最新プロトタイプは、開発初期段階のため厳重なカモフラージュが施されている。現在わかっているのは、現行モデルよりワイドなキドニーグリルを装備し、強い傾斜を持つリアウィンドウによりクーペSUVに進化することだ。アーキテクチャには、次世代『2シリーズ アクティブツアラー』・・・

ニュースを読む

BMWの最小クロスオーバーSUV、『X1』次期型プロトタイプを、ミュンヘンにあるBMW本社近くでカメラが捉えた。

キャリアカーでの運送中を捉えたプロトタイプは、開発初期段階にあるようだ。重厚なカモフラージュをまとっているばかりでなく、ヘッドライトやテールライトなどすべてダミーが装着されている。

しかし、リアウィンドウの傾斜が強くなっており、流行のクーペSUVとなる可能性があるほか、ワイドなキドニーグリル、『2シリーズ アクティブツア・・・

ニュースを読む

BMW X1 と 5シリーズ 次期型、EV設定が決定

by 森脇稔 on 2020年08月05日(水) 10時00分

BMWグループ(BMW Group)は、BMW『X1』と『5シリーズ』の次期型に、EVを設定すると発表した。

◆2030年までに700万台の電動車を販売する戦略の一環

今回の発表は、BMWグループの電動化戦略の一環だ。BMWグループは2030年までに、700万台以上の電動パワートレイン車(EVやプラグインハイブリッド車など)を販売することを目指している。700万台のうち、およそ3分の2にあたる約470万台を、フルEVにする計画だ。
・・・

ニュースを読む

自動車向け製品の企画・輸入・販売を行うSFIは、初の自社オリジナルブランド「VERSPIELT(ファスピエルト)」をスタートさせ、第1弾製品として、BMW向けカスタムステアリングを6月18日より発売した。

ファスピエルト カスタムステアリングは、東レ製カーボンを使用し、強靱な多層クリアコーティングを施工。紫外線によるひび割れや変色を抑制し、容易には割れない強度を持つ(カーボン採用モデルのみ)。

カスタムベースにはメーカー純正ステアリ・・・

ニュースを読む

BMWが開発を進めるエントリー・クロスオーバーSUV(BMWいわくSAV)『X1』次期型のプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

X1は初代「E84型」が2009年に誕生、6年間生産された。現行「F48型」は2015年に登場。BMWがこだわり続けたFRからFFへ変更され話題となった。2017年にはトランスミッションが6速ATから7速DCTに変更されるなど改良を重ね、いよいよ第3世代へバトンタッチされる・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

みずか

良い車です。

車種名:三菱自動車 アイ
投稿ユーザー:みず***** さん
総合評価:

満タン法で、これまでの平均実燃費は17.07km/l(16~18.5km...[ 続きを見る ]

ミズガメ

CVTのエコラン方法

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:ミズ***** さん
総合評価:

スバル車を乗り継いで23年、燃費は諦め半分でした。 今は、新型レヴォーグ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針