注目の記事

カーライフニュース - 注目の記事

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

自動車関連部品大手のZFはドイツ、フリードリヒスハーフェンの本社内で同社の商用車関連の最新技術を披露する「ZFテクノロジー・デイ2018」を開催した。同イベントは9月にハノーファーで開かれるIAA国際商用車ショーのプレビュー的な位置づけ。今回は自動運転と電動化技術を主軸に物流の効率向上をもたらす提案が盛りだくさんだった。

最も注目を集めたのは無人運転でスワップボディの運搬/脱着を行う「ZFイノベーション・トラック2018」と同じくター・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2018年8月22日付

●EV充電器日中統一規格、シェア9割に、世界標準目指す(読売・1面)

●日産の中国新工場武漢が有力候補に(読売・8面)

●「空飛ぶクルマ」国際会議、ウーバーアジア初、30日都内で(朝日・7面)

●ヒット予感実感、・・・

ニュースを読む

アウディのコンパクト・ハッチバック『A3』次期型をレスポンスの兄弟サイト、Spyder7のカメラが初めて捉えた。1996年から発売されている人気モデルは、第4世代で大きな転換期を迎えるようだ。

最新世代の「MQB」プラットフォームを採用する次期型では、現行モデル比約100kg程度の軽量化が図られると共に、若干ボディが拡大される。また3ドアが廃止される代わりに、スタイリッシュな「4ドアクーペ」が新たに設定される可能性があるという。

捉・・・

ニュースを読む

カワサキ(川崎重工)の有志エンジニアと有志テストライダーからなる独立チーム「チーム38」は、8月11〜17日に米ボンネビル・ソルトフラッツで開催されたボンネビル・スピードウィークにおいて、フラッグシップ『Ninja H2』で世界最高速のクラス記録を樹立した。

エントリーしたのは「P-PB 1000」クラス。排気量1000cc以下、過給機付きエンジン搭載の量産車種クラスだ。Ninja H2は209.442マイル/h(=337.064km・・・

ニュースを読む

世界耐久選手権(WEC)2018/2019シーズン第3戦にて、1〜2位独占でゴールしながらも失格となっていたトヨタが21日、抗議の意向を取り下げ、レース結果が確定した(WEC側の発表)。豊田章男社長は声明を出し、次戦富士に向け「クルマをもっと強くする」意志を示している。

英国シルバーストンで開催されたWEC 18/19第3戦(19日決勝)、LMP1クラスのトヨタTS050は#8 中嶋一貴組、#7 小林可夢偉組の順で1-2ゴールを果たし・・・

ニュースを読む

ミシュランというと、皆さんはどんなイメージをお持ちだろうか。グルメガイドとしてよく知られている『ミシュランガイド』も、ミシュランタイヤが作っている。

『ミシュランガイド』は、もともとは(今も)旅行ガイドで、そこに掲載されている地図は、縮尺が正確なことで定評がある。第2次世界大戦では敵国となるドイツ軍がミシュランマップを複製して使ったという話があるほどだ。タイヤメーカーとしては、誰もがその高性能を認める一流メーカーで、タイヤシェアは現在・・・

ニュースを読む

東京モーターサイクルショー協会は、2019年3月22日より24日までの3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)にて、「第46回東京モーターサイクルショー」を開催すると発表した。

東京モーターサイクルショーは、国内外のモーターサイクル関連企業や団体が出展する国内最大級のモーターサイクルイベント。1971年に第1回が開催されて以来、来年で46回目を迎える。

例年、会場として使用している東京ビッグサイトは、2020年東京五輪のメディアセン・・・

ニュースを読む

スタイルこそ大きな変更はないが、内容的には限りなくフルチェンジに近い変更が施されたのが、新しい『アテンザ』である。

2012年に誕生したモデルだから、すでに6年が経過。フルチェンジしてもおかしくはないタイミングだった。どこが変わったかというと、エンジン。ガソリン、ディーゼル共に新しくなった。と言ってもいずれもすでに『CX-5』に搭載されているものだが。次に内外装の手直し。特に内装はほぼガラリと変えている。それに足のチューニングもステア・・・

ニュースを読む

世界的大ヒットモデルである『ハイエース』のポテンシャルをさらにアップするキットをワークスTRDが手がけた。

試乗用に用意されたモデルはエアロパーツから足まわり、タイヤ&ホイール、さらにはスポーツシートまでを装着したモデルで、パーツの合計金額は取り付け費用別で91万6800円。なかなか高めの価格設定だが、ショックアブソーバーキットだけなら12万、ボディ剛性をアップするメンバーブレースセットは3万円と機能パーツはさほど高価な設定ではない。・・・

ニュースを読む

アウディ A4、フォーマルな限定モデル「タキシードスタイル」を発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年08月21日(火) 15時45分

アウディジャパンは、『A4』および『A4アバント』(Audi A4)に、フォーマルな内外装に仕立てた限定モデル「タキシードスタイル」を設定し、8月20日より販売を開始した。

タキシードスタイルは、A4セダンおよびアバントの「1.4 TFSI」「2.0 TFSIクワトロ」をベースとした4種類の限定モデル。ボディカラーには専用色のマンハッタングレーをはじめ、グレイシアホワイト、ミトスブラック、タンゴレッドの4色を用意する。

外装はスポー・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

高橋健一

高速+一般道

車種名:マツダ デミオ
投稿ユーザー:高橋***** さん
総合評価:

最近は高速+一般道でエコ運転で、リッター20kmは出ます。 以下、詳細...[ 続きを見る ]

AWS

スポーツという名を冠するが、ディーゼルだからかアクセルを踏んだ時のスピー...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針