注目の記事

カーライフニュース - 注目の記事

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆新型「A6」は“カッコいい”

新型『A6』を目の前にして思ったのはかっこいいということ。なんとも淡白な表現で恐縮だが、確かにそう思った。SUVばかり進化しているように思わせといて、アウディのサルーン系はこのところいい感じに進化している。

新デザインのスタートは『A8』、そして『A7スポーツバック』と続いた。2017年に新設されたインゴルシュタットのデザインセンター以降、新しいデザイン言語を用いたと言える。新デザインセンターに足を踏・・・

ニュースを読む

600馬力のポルシェ 911ターボカブリオレ 新型、市販へ準備着々!

by Spyder7編集部 on 2019年07月20日(土) 12時00分

ポルシェ『911』(992世代)の派生モデルとなる最強オープン『911ターボ カブリオレ』新型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュが薄い状態でカメラが捉えた。

赤いファブリックルーフを装着した車両は、911カブリオレと比べるとより大型のコーナーエアインテーク、サイドスカートを装備するほか、リアフェンダー前部にはエアスクープも見てとれる。まさに「ターボ」の風格だ。

またリアエンドでは、可変式リアウィング、クワッドエキゾーストパ・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは、『N-WGN』のフルモデルチェンジに合わせ、女性ドライバー向けのインテリアコーディネート第6弾として、「エレガントカラーコレクション」を8月9日に全国のホンダカーズから発売する。

ホンダアクセスでは、2013年からカーライフをより楽しんでもらうため、車内を自分の部屋のようにコーディネートできるインテリアアイテムを中心とした純正アクセサリーを提案。「マカロンカラーコレクション」(2013年11月N-WGN/N-ONE用・・・

ニュースを読む

◆日本にジャストサイズのCX-30

「いまの日本にはこれだ」と思わずにはいられないコンパクト・クロスオーバーの『CX-30』は、見た瞬間に吸い寄せられた。何故か、そのスタイリングが魅力じゃないか!

ハッチバックのような、ワゴンのような、若干アイポイントが高めなのも、いまや軽までが背の高いのが多いこの国では、見晴らしのため、安全性にも寄与するから少し高いほうがいい。まあともかく、ファミリーセダンの新しいカタチは、このクラスだと思う。
・・・

ニュースを読む

アウディは7月17日、改良新型『S4 TDI』(Audi S4 TDI)、『S4アバントTDI』(Audi S4 Avant TDI)を今秋、欧州市場で発売すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、6万2600ユーロと公表されている。

2台の「S」モデルは、4ドアセダンの『A4セダン』、ワゴンの『A4アバント』がベースの高性能モデルだ。これまで、両Sモデルには、ガソリンエンジンが搭載されてきた。今回の改良新型を機に、欧州ではディーゼ・・・

ニュースを読む

ルノーのCセグメントハッチバック『メガーヌ』改良新型を、これまででもっともカモフラージュが薄い状態でカメラが捉えた。

メガーヌは1995年に初代が発売されて以降、20年以上に渡りルノーの屋台骨を支え、欧州で最も人気のあるモデルの一つに成長している。現行モデル『メガーヌIV』は2016年から発売されており、初のフェイスリフトとなる。

捉えた開発車両は、ヘッドライトのアウトラインが初めて露出、その中には市販型ユニットの一部が見えている。・・・

ニュースを読む

これまで1.4リットルの小排気量ガソリンターボエンジンのみのラインナップで販売を展開してきたメルセデスベンツ『Aクラス』に、あらたにディーゼル仕様が加わることになった。

直列4気筒であり、排気量は2リットルもある。最高出力はガソリンに比較して14psアップに留まるが、最大トルクは200Nmから320Nmへと大幅に強化されている。走りに男気が鋭く立っているような気がした。



発進の瞬間にグイグイとトルクが溢れ出す。もともと極低回転域・・・

ニュースを読む

◆新型の目玉は「新エンジン」

今度の『500X』はかなりいい!というのが試乗後の素直な感想。そもそも悪いクルマではないが、明らかに走りが楽しくなっていた。

新型の目玉はこのタイミングで採用された新エンジン。マイナーチェンジではあるが、クルマの性格が変わったと言っても過言ではない。


既存の1.4リットル直4ユニットに替わって搭載されたのは「Fire Fly(ファイアフライ)」と呼ばれる1.3リットル直4ターボユニット。排気量を小さ・・・

ニュースを読む

ポルシェジャパンは、新型ミッドシップスポーツ『718スパイダー』および『718ケイマンGT4』の予約受注を7月19日開始した。

両モデルは新開発の4.0リットル水平対向6気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載する。『911カレラ』向けをベースに開発した新エンジンは最大出力420psを発生。6速MTとの組み合わせで0-100km/h加速はともに4.4秒、最高速は718スパイダーが301km/h、718ケイマンGT4は304km/hに達する(・・・

ニュースを読む

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーの高性能スポーツカー『Fタイプ』2020年モデルの受注を7月19日より開始した。

2020年モデルでは、フロントパーキングエイドやリアビューカメラを標準装備してドライバー支援システムを充実させたほか、Apple CarPlay、Android Auto対応。インフォテインメントシステムからスマートフォンの操作が可能となった。

また、2020年モデル限定グレードとして「チェッカーフラッグエ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

しゅうちゃん

最高燃費は36キロ

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:しゅ***** さん
総合評価:

買って最初の年に50キロの市街地走行(郊外?会社の行き帰りで)出ました。...[ 続きを見る ]

としろー

EL41 まだ現役

車種名:トヨタ カローラII/コルサ/ターセル
投稿ユーザー:とし***** さん
総合評価:

走行距離はもうすぐ4万キロ、エンジンは極めて良好。 でも過去スターター・...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針