注目の記事

カーライフニュース - 注目の記事

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

【F1】フェラーリが2017年マシン発表、名称は『SF70H』に

by 吉田 知弘 on 2017年02月25日(土) 18時41分

スクーデリア・フェラーリは24日、今シーズン用のF1マシン『SF70H』を発表した。

昨年は序盤からトラブルなど不運が相次ぎ、シーズン0勝。コンストラクターズランキングもレッドブルに抜かれ3位となってしまった。

今年もセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンを起用し、トップに返り咲くべくマシンを開発してきた。各チームは、マシン発表前に名称だけは公開していたが、フェラーリはアンベールと同時に発表。気になるマシン名称は『SF70H』とな・・・

ニュースを読む

『ロードスター』に電動ルーフを持つ「RF」が登場した。これまではルーフ部分が完全に収納されるRHT(リトラクタブル・ハード・トップ)だったが、今回はクォーター部分のパネルが残るファストバックタイプのRF(リトラクタブル・ファストバック)になった。

RFが選択されたのは、クローズドでもオープンにしたときにもカッコ良いクルマにするためだという。フルオープンのさわやかさがやや犠牲になるが、デザインもまた大切である。オープンにすると、リヤクォ・・・

ニュースを読む

F1世界選手権に参戦するマクラーレン・ホンダは24日、2017年のマシン『MCL32』を発表。昨年とは打って変わり、オレンジがメインのカラーリングをお披露目した。

今年もホンダのパワーユニットを搭載するマクラーレン。1980年代から続いてきたマシン呼称『MP4シリーズ』を昨年いっぱいで終了し、今年は『MCL32』に変更。カラーリングもマクラーレンのチームカラーであるオレンジがメインとなったデザインに一新された。

またマシンの各部形状・・・

ニュースを読む

2月24日、任天堂から著作権侵害行為及び不正競争行為で提訴された株式会社マリカーが声明を発表した。

株式会社マリカーは、公道で走行可能なカートのレンタルや販売を行っており、近年ではインバウンド向けの展開にも注力している。ガイドが同行する形でのレンタルも行っており、東京では品川のほか、渋谷や秋葉原など複数の店舗を経営。レンタル料金は30分1500円〜とリーズナブルな値段でカートを貸し出していた。また、レンタルの際にはマリオなどのコスチュ・・・

ニュースを読む

米国では、各州が独自に、自動運転車に対する法規制を強化する動きがある。このほど米国で開催された公聴会においてトヨタが、技術開発の障害となり得る法規制の乱立に、反対する姿勢を示した。

これは2月14日、米国議会の下院小委員会の公聴会での出来事。この公聴会は、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)の自動運転についての法規と、自動運転車の利用とテストについてのガイドラインを評価するために開かれたもの。

トヨタからはこの公聴会に、トヨタ・リ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、トヨタブランドで販売する最初の燃料電池バス(FCバス)を東京都交通局へ納車した。今回納車したFCバス(トヨタFCバス)は、3月に納車予定の2台目と合わせ、3月より東京都営バスとして運行される予定だ。

トヨタFCバスは、燃料電池自動車(FCV)『MIRAI』向けに開発した「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用。高エネルギー効率に加え、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現している。また、・・・

ニュースを読む

フランスの自動車大手、プジョーは2月中旬、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2017において、『パートナー TEPEEエレクトリック』を初公開すると発表した。

同車は、プジョーの主力LCV(軽商用車)、『パートナーTEPEE』をベースに開発されたEV。プジョーは欧州市場において、EVのラインナップ拡大を図っており、パートナー TEPEEにもEVを設定する。

EVパワートレインの核となるモーターは、最大出力67hp、最大・・・

ニュースを読む

ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは2月20日、新型『NSX』の「インサイダー・エクスペリエンス」を開始すると発表した。

インサイダー・エクスペリエンスは、新型NSXを購入した顧客のみが参加できるプログラム。顧客の注文した新型NSXが、工場で組み立てられる様子を見学できるファクトリーツアーとなる。

新型NSXは、エンジンをオハイオ州のアナ工場で生産。車両の最終組み立ては、オハイオ州の専用工場「パフォーマンス・マニュファクチャリ・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)はCセグメントにフルモデルチェンジしたMINI『クロスオーバー』を投入した。

MINIクロスオーバーは2011年に、“ALL ABOUT4”(全長4m、4輪駆動、4枚ドア、4シーター)というキャッチフレーズで日本デビュー。これまでのMINIにはなかったこれら武器により、「我々のモデルミックスの40%を達成し、全世界でも54万台販売された」と振り返るのは同社MINIディビジョン本部長のフランソワ・・・・

ニュースを読む

『スマートブラバス』は、初代スマート(クーペ)の頃から設定のあるモデル。ブラバスの名のもと、エンジンやサスペンションなどが独自に設定されたスペシャルな位置づけのモデルだ。

試乗車は『フォーフォー』に用意された「Xclusive red limited」。本来はトリディオンセーフティセルを色分けした独特の2トーンボディが、レッド一色となり、小さいながらも存在感を放つ。前後異サイズの17インチタイヤは安定感のあるフォルムを作り出す。

イ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2015-2016
ただしがe燃費を使ってみるようです
自動車保険一括見積もり

車レビュー

sakaikinpuri

上記車種のGツーリングレザーパッケージから乗り換えました。1300km(...[ 続きを見る ]

sakaikinpuri

自らハンドルを握る車です!

車種名:BMW 7シリーズ
投稿ユーザー:sak***** さん
総合評価:

H26年4月登録しました。740iの3000Lターボモデルです。全てにお...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針