トヨタ GR

カーライフニュース - トヨタ GR

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタからBMW Mモデルにも匹敵するスーパー・ステーションワゴンが登場するかも? トヨタは2022年に『カローラ』のパフォーマンスモデルとなる「GRカローラ」を発売した。そこから派生するステーションワゴンの「GRカローラツーリング」の可能性はあるのか、検討した。

GRカローラは、2020年に『GRヤリス』で先に導入された1.6リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載、最高出力はGRヤリスの272psを超える304psを発揮している。G・・・

ニュースを読む

[15秒でわかる]トヨタ『GR 86』改良新型…限定特別仕様も

by 宗像達哉 on 2024年07月18日(木) 08時30分

トヨタGAZOOレーシングは7月12日に『GR 86』の改良新型と200台限定の特別仕様車「RZ “Ridge Green Limited”」を発表。改良新型は旋回性能や扱いやすさを向上させ、8月1日より全国発売。価格は293万6000円から399万5000円。特別仕様車はリッジグリーンの外板色と専用インテリアを備え、抽選受付は7月12日から28日まで。・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は今秋、スポーツカー『GR86』の2025年モデルを米国市場で発売する。2025年モデルには、日本の箱根ターンパイクに敬意を表した「GR86ハコネ」が860台限定で設定されることも明らかになった。

箱根の名が冠された限定車は、先代86でも2019年に『86 Hakone エディション』として米国で販売されていた。箱根ターンパイクは米国の日本車好き、86ファンにとっても聖地として親しまれている。

再び登場したGR・・・

ニュースを読む

トヨタGAZOOレーシングは7月12日、トヨタ『GR 86』の改良新型と台数限定の特別仕様車を発表した。

改良新型は旋回性能や限界域での扱いやすさを向上させ、「GRらしい走りの味」をさらに深化させたという。全国のトヨタ車両販売店で、8月1日より発売する。

特別仕様車「RZ “Ridge Green Limited”」は、リッジグリーンの外板色と専用ブロンズホイール、ブラック&タンのシート表皮、専用刺繍を施したインテリアが特徴で、20・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車はスポーツカー『GRスープラ』の2025年モデルを今秋、米国市場で発売する。トヨタ自動車の米国部門が6月28日に発表した。

2025年モデルのGRスープラは「3.0」と「3.0プレミアム」の2グレードのみとなる。従来ラインナップされていた直列4気筒エンジン搭載車は、米国では廃止される。

2025年モデルのGRスープラは3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力382hp、最大トルク368lb-ftを・・・

ニュースを読む

D1GP第1戦と第2戦が、奥伊吹モーターパークの特設コースで5月11日、12日のダブルファイナルで開催された。2日目、ウェット路面で行われた第2戦の単走で、新車として制作した『GRカローラ(TOYO TIRES DRIFT GR COROLLA)』の投入をした「TEAM TOYO TIRES DRIFT 2」の松山北斗選手が見事初優勝を飾った。

開幕戦となる奥伊吹はパーマネントコースではないため比較的車速は高くないが、コンクリートの壁・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門が11月に開催されるSEMAショー2024に向けて、『GR86』に『GRカローラ』のパワートレインを移植するプロジェクトを進めている。6月25日、larry chen氏がカスタマイズの様子を収めたティザー映像を公開した。

このプロジェクトは、米国トヨタとEvasiveMotorsportsが共同で進めているもの。FRのGR86に4WDのGRカローラのパワートレインを移植し、『セリカGT-FOUR』の再来を目指すと・・・

ニュースを読む

独自のラインアップを拡大しつつあるトヨタ直系のスポーツカーブランド「トヨタGAZOO Racing(GR)」。そのフラッグシップSUVとして『GRクラウンスポーツ』を計画している可能性があるという情報を、スクープ班がキャッチした。

GRの高橋智也社長が、海外メディアに向け「一部の顧客はスポーティなモデルを必要としているが、(多くは)その実用性からSUVを望んでいる」と語ったことから、SUVラインアップのさらなる拡充が期待される。現在G・・・

ニュースを読む

トヨタが2022年1月の「東京オートサロン2022」で公開したレーシングカー『GR GT3コンセプト』の市販化が、いよいよ現実のものとなりそうだ。年初に欧州での商標登録が確認されていたが、今回ついにその実車をスクープすることに成功した。しかも公道走行可能なロードカー仕様も導入される可能性が高いという。『GR GT』として登場するとみられるこのモデルの実態とは?

GR GT3は、トヨタGAZOOレーシングの手により、2024年のデイトナ・・・

ニュースを読む

チューニングパーツメーカー・HKSがトヨタ「G16E-GTS」エンジン用排気量アップキットを発売。フルキットが税込み価125万4000円のほか、ピストンキット・コンロッドセット・クランクシャフトセットなど、各パーツの個別販売も設定されている。販売開始は7月12日より。

同製品はトヨタ『GRヤリス/GRカローラ』搭載のG16E-GTSエンジン専用の排気量アップキットで、ボアはほぼ純正と同値ながらストロークを6mm伸ばし、排気量は1746・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2023-2024
e燃費アプリ

車レビュー

2024ponchan

昨年初度登録の車です。

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:202***** さん
総合評価:

燃費がいいですね。というのも、丸山モリブデンのプレミアムをエンジンオイル...[ 続きを見る ]

運転志

一部区間バイパス走るも給油は

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告が今回は走行可能距離40kmで点灯。WLTC‐L13.3kmに対...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針