中古車

カーライフニュース - 中古車

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

損保ジャパンと日本総研は、中古EVの流通促進を目的に、中古EVバッテリーの品質保証サービス事業化に向けた検証試験を開始した。

中古EVは過去の使用状況が分からず、バッテリーの品質に対するユーザーの不安が大きい。そのため、中古EVは適正な価値評価がされず、値崩れを起こしている。この結果、中古市場は低迷し、リセールバリューの低下は新車の普及にも影響を与えている。

中古EVを適正に評価するには、中古販売などの現場で利用可能な短時間かつ幅広・・・

ニュースを読む

『カーセンサーエッジ』12月号
発行:リクルート
定価: 524円(本体価格476円+税)

『カーセンサーエッジ』12月号の特集は「50年目を迎えたBMW Mを買う」。“超技術屋集団”が生み出してきたハイパフォーマンスモデルの数々について、現行型と中古車の両方から魅力と今買いのモデルを探っていく。

現行型編は「誕生50周年」「Mの血統」「最新Mの到達点」「車種拡大」「MのBEV」「MとMパフォーマンス」と歴史を解説していく。中古車編・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、自動車アフターマーケット市場に関する調査を実施。2021年の国内自動車アフターマーケット市場は前年比5.5%増の20兆0473億円に拡大したことが明らかになった。

調査は自動車アフターマーケット関連事業を展開する企業・団体、および管轄官庁などを対象に、2022年4月から7月までの期間、同社専門研究員による直接面談ならびに電話・メール等によるヒアリング、文献調査併用して行った。

調査結果によると、2021年の自動車ア・・・

ニュースを読む

中古バイク高騰、CB400SFやZ900RSは新車価格を上回ることも

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年09月04日(日) 13時30分

コロナ禍によりバイクの魅力が見直されたこともあり、バイクの新車販売が好調だ。新車の販売台数が増えれば、中古車価格はこなれてくるものだが、近年、中古バイクの価格が高騰している。

バイク王が運営するバイク未来総研では、中古バイクの価格高騰について独自考察を交えたレポート「注目6車種の過去3年間の中古オークション相場から見る需要の変化」を公開。ホンダ『PCX』、『CT125ハンターカブ』、『レブル250』、『CB400スーパーフォア』、カワ・・・

ニュースを読む

『カーセンサー』10月号
発行:リクルート
定価:100円(本体価格91円+税)

最新の車にはないデザインやシンプルな機能がクラシックな車の魅力だ。そんな車は希少で値段が高くて気軽に手を出せない。「そんな時こそ注目してほしい」と『カーセンサー』10月号がおすすめしているのは2000年初期マシンだ。

約20年前の車。中途半端に古くて安いだけという気もする? 『カーセンサー』編集部によると、2000年代初期のカルチャーが再注目されている・・・

ニュースを読む

カレント自動車は8月1日、国産旧車専門店「ガレーヂカレントジャパン」(東京都練馬区)およびアメリカンヴィンテージカー専門店「ガレージカレントU.S.」(横浜市港北区)を同時オープンした。

カレント自動車は輸入名車専門店「ガレージカレント」を22年間運営。今まで得意としてきた名車取り扱いのノウハウを活かし、ガレージカレントの高いクオリティをそのままに、国産名車とアメリカンヴィンテージカーにも広げていく。

新店舗では、見た目だけではなく・・・

ニュースを読む

KINTOは7月27日、新車のサブスクリプションサービスで提供したクルマを活用した中古車のサブスクリプションサービスを東京都で開始した。

KINTOは、気軽にクルマを利用できる新車のサブスクリプションサービスを2019年3月より開始した。そこから3年が経過し、ユーザーが使ったクルマがKINTOに順次返却される中で、多様なニーズに応えるとともに、資産を最大限有効に活用するために、中古車のサブスクリプションサービスを始めるに至った。

今・・・

ニュースを読む

中古車登録台数、減産影響で過去最低…2022年上半期

by レスポンス編集部 on 2022年07月16日(土) 10時00分

日本自動車販売協会連合会が7月12日に発表した2022年上半期(1〜6月)の中古車登録台数は前年同期比7.0%減の182万2896台となり、1978年の統計開始以来、過去最低の台数となった。

半導体不足などによる自動車生産の減産で新車の供給に大幅な遅れが生じており、中古車のタマとなる下取り車の流通量も低迷していることから低水準だった。新車納車遅れから一部で中古車の需要が強まり、価格が上昇していることから中古車小売り市場にも影響している・・・

ニュースを読む

250クラス二輪中古車販売、2年ぶりのマイナス 2022年上半期

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年07月12日(火) 17時45分

全国軽自動車協会連合会は7月12日、2022年上半期(1〜6月)の軽二輪車(126〜250cc)中古車販売台数を発表。前年同期比6.2%減の6万4408台で2年ぶりのマイナスとなった。

シェアトップのホンダは、同3.2%減の2万2456台、2位ヤマハは同8.5%減の1万8417台だった。3位カワサキは同9.4%減の1万0964台、4位スズキは同5.3%減の1万0342台。国内4メーカーすべてが前年実績を下回った。

輸入車などのその他・・・

ニュースを読む

軽四輪車中古車販売、2年ぶりの減少 2022年上半期

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年07月12日(火) 15時30分

全国軽自動車協会連合会は7月12日、2022年上半期(1〜6月)の軽四輪車中古車販売台数を発表。前年同期比8.5%減の150万4831台で2年ぶりのマイナスとなった。

ブランド別では、ダイハツが同7.7%減の49万5546台で2年ぶりのマイナスとなったがトップをキープした。2位スズキは同9.2%減の45万2289台、3位ホンダは同7.0%減の23万1929台。ともに2年ぶりのマイナスとなった。そのほか国産ブランドではトヨタがプラス、そ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

リュウリュウ

10台目の新車

車種名:ホンダ ヴェゼル
投稿ユーザー:リュ***** さん
総合評価:

新車10台。中古車4台を乗ってきました。bBから5台目になりますが少しつ...[ 続きを見る ]

otou

納車1か月たちました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:oto***** さん
総合評価:

走行距離が2000キロ超過してきました 車載燃費計では25~26キロ/リ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針