マツダ3 の2.5ターボ搭載車(メキシコ仕様)《photo by Mazda》

マツダのメキシコ部門は7月4日、『マツダ3』(Mazda3)の2.5リットルターボエンジン搭載車を、「#FeelAliveAtHome」イベントでデジタル発表した。

すでに北米向けの『CX-9』、『マツダ6』、『CX-5』に搭載されている直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G2.5T」が、メキシコ向けのマツダ3にも拡大展開された。

このSKYACTIV-G2.5Tエンジンには、マツダの「ダイナミック・プレッシャー・ターボ」を採用する。新設計のポートを使用してターボチャージャー内に空気を取り入れることで、ほぼ即座にブーストが得られるのが特長だ。マツダ3のメキシコ仕様の場合、最大出力227hp、最大トルク42.8kgmを発生する。

また、駆動方式はAWDで、トランスミッションは6速ATの「SKYACTIV-DRIVE」を組み合わせる。なお、この2.5ターボを搭載する「Sグランドツーリング」グレードの現地ベース価格は、48万9900ペソ(約235万円)と発表されている。
Descubre el nuevo Mazda3 Hatchback 2021 con Motor Turbo. Espera noticias muy pronto. #FeelAliveAtHome pic.twitter.com/HQYqfnOHzq— Mazda Mexico (@MazdaOficial) July 4, 2020

マツダ3 の2.5ターボ搭載車(メキシコ仕様)《photo by Mazda》 マツダ3 の2.5ターボ搭載車(メキシコ仕様)《photo by Mazda》