マツダ

カーライフニュース - マツダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

オートエクゼは、マツダ『アテンザ』改良新型(GJ)用にチューニングキットAutoExe「GJ-06」を新設し、全国のマツダ販売会社、有名カー用品店、オートエクゼ商品取扱店などを通じて順次発売する(14日発表)。

GJ-06は、オートエクゼの開発プログラム第6世代のモデルであり、アテンザが持つスポーツ性を引き出した“ストリートベストチューニング”を提案している。

機能面においては、車高の高いSUVなどに比べてアテンザは運動性能が高いこ・・・

ニュースを読む

マツダ防府工場、自動車専用船見学会の参加者募集開始 10月8日開催

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年09月13日(木) 13時00分

マツダは、小学4年生から中学3年生の児童・生徒とその保護者を対象とした「自動車専用船見学会」を10月8日に防府工場(山口県)で開催。参加者の募集を開始した。

マツダでは、日本の自動車産業について学ぶ機会として活用してもらうことを目的に見学会を1996年から本社工場(広島県)で毎年夏に開催、防府工場では2013年から毎年秋に開催しており、今回で6回目となる。

今回の見学会では、防府工場で生産している『アクセラ』などのマツダ車が、大型自・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2018年9月11日付

●自民総裁選論戦開始、安倍氏改憲へ決意、石破氏地方を重視(読売・1面)

●北海道節電長引く恐れ(朝日・1面)

●トヨタ工場生産13日までに再開(朝日・8面)

●レクサス ボートも豪華に、20年国内発売(朝日・8面・・・

ニュースを読む

ラインアップで一番重いワゴン
−80mm、−60mm。この違い、何だかわかりますか?これ、マツダ『アテンザセダン』に対する『アテンザワゴン』のホイールベースと全長の差。つまり、ワゴンはセダンよりホイールベースで80mm、全長で60mm短いということである。

デカい分、当然ながら重いのかと思うとその差は若干。しかし、エンジンの違いと駆動方式の違いによってその差は大きくなる。同じディーゼル同士、セダンのFWDとワゴンのAWDで比較すると、・・・

ニュースを読む

2度目の大改良
デビュー以来2度目の大改良。都合3度目の“新型”との対面ということになるが、当然というか、もちろんというべきか、これまででもっとも納得の行く対面、試乗となった。

試乗車はお馴染みのソウルレッド(クリスタルメタリック)ということもあり、変化感は一見すると小さい。けれどフロントグリルはフレームがナンバープレートに隠れるほど低く大型化し“構え”がドッシリとした。ホイール(試乗車は19インチ)も伸びやかなスポークを強調した、シ・・・

ニュースを読む

わずか半年で改良
マツダのライトウエイトFRスポーツ、『ロードスター』の電動ハードトップモデル『RF』がマイナーチェンジされた。つねに最良のモデルを市場に送り出すために技術の出し惜しみをしない…というのが最近のマツダの考え方。ロードスターは前回の改良からわずか半年で大きな変更を受けたこととなる。

今回のマイナーチェンジのもっとも大きな出来事は、2リットルエンジンの改良。RF用2リットルエンジンは、『アテンザ』や『アクセラ』などにも使わ・・・

ニュースを読む

マツダは、平成30年7月豪雨の影響で操業に支障が出ていた国内4工場について、9月10日より通常操業に復帰すると発表した。

マツダは災害発生により、宇品第1(広島県広島市南区)、宇品第2(同)、防府第1(山口県防府市)、防府第2(同)の国内4工場について、7月9日から11日までの3日間、操業を中止。12日より昼勤のみで操業を再開したが、それ以降も地域の安全や交通状況などに配慮した操業・勤務を実施してきた。

今回、部品の供給や従業員の通・・・

ニュースを読む

マツダは、コンパクトカー『デミオ』を商品改良、ガソリンエンジンを従来の1.3リットルから1.5リットルに排気量アップし、8月30日より販売を開始した。

今回の商品改良では、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」搭載車に新技術を導入するとともに、排気量を1.3リットルから1.5リットルに拡大し、最高出力は110sp(従来は92ps)、最大トルクは141Nm(同121Nm)にアップ。市街地だけでなく高速道路や坂道など、さまざまな走行シー・・・

ニュースを読む

そんなのアリ? 8月30日におこなわれたマツダ・デミオの商品改良で目を疑うような事件が起きた。なんと、これまでガソリンエンジンの主力だった1.3リットルエンジンを廃止。かわりに排気量を200ccアップした1.5リットルエンジンに格上げされたのである。

価格設定に驚かされた!

「最近『プレミアム』という言葉が好きなマツダのことだから、そんなのは値上げの口実に違いない」と思いきや、どうやらそうではないのだからビックリだ。だってボトムグレ・・・

ニュースを読む

マツダ『ロードスター』にとって、実に3度目の小改良となる。変更はどれも大きなものではないが、しかしどれも非常に効果のある、あるいは有用なものだ。

まず1.5リットルエンジンがリファインされた。将来的なPM規制を睨み、また燃費向上を図るべく燃料噴射系やピストンなどの改良による燃焼の改善を行ない、全域でのトルクアップを実現。スペックも最高出力が+1psの132psに、最大トルクが+2Nmの152Nmに高められた。ステアリングにテレスコピッ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

キャシー

初投稿です

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:キャ***** さん
総合評価:

デミオ ディーゼルターボのXD L購入後の感想です。 兵庫県神戸市で主に...[ 続きを見る ]

ヌキチ

燃費

車種名:トヨタ プリウスα
投稿ユーザー:ヌキ***** さん
総合評価:

年間を通しての平均燃費は約25.0km/L。 表示の平均燃費は約27km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針