マツダ

カーライフニュース - マツダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マツダ CX-30、東京ミッドタウンデザインタッチに出展 10月18日から

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年10月14日(月) 18時30分

マツダは、10月18日から27日に開催されるデザインイベント「東京ミッドタウンデザインタッチ2019」に新型クロスオーバーSUV『CX-30』をアート映像と合わせて展示する。

東京ミッドタウンデザインタッチは、「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトに、デザインを通じて日常生活を豊かにすることを提案するイベントで、マツダは今回で8年連続の出展となる。

今回マツダは、グローバルに活躍の場を広げる日本のビジュアルデザインスタジオ「WOW ・・・

ニュースを読む

ファストバックとセダンのボディサイズの差は、全長4460mm、全幅1795mmは変わらず、全高がセダンの方が5mm上がって1445mmになることだけだ。でも人間の目で見ると、同じクルマとは思えないほどに印象がガラリと変わる。モダンさや躍動感が強めのファストバックに対して、セダンはやっぱり落ち着きやエレガントさが強まって、サイズも少しだけ大きく感じられた。

◆ファミリーユースならセダンの方がオススメ



以前にクローズドコースで試乗し・・・

ニュースを読む

マツダは10月8日、同社技術研究所 主幹研究員の三角正法(みすみまさのり)氏が、運転支援・自動運転などの技術に関する国際標準化事業への貢献により、令和元年度「産業標準化事業表彰」の経済産業大臣表彰を受賞したと発表した。

マツダが標準化事業表彰を受賞するのは、平成28年度「工業標準化事業表彰」国際標準化貢献者(産業技術環境局長表彰)受賞以来、2度目となる。

経済産業省は、毎年10月を「産業標準化推進月間」とし、日本の産業の発展に資する・・・

ニュースを読む

【マツダ CX-30】ヨコハマタイヤ BluEarth-GT AE51 を新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年10月08日(火) 18時16分

横浜ゴムは10月8日、マツダが発売した新型SUV『CX-30』の新車装着用タイヤとして、「BluEarth-GT AE51」の納入を開始したと発表した。

CX-30は、マツダが「毎日の中に新しい発見や刺激を感じ、それを大切な人と共有することで人生を豊かにしてほしい」という想いを込めて開発したSUV。全高を1550mm以下に抑えた日本市場に適した車体サイズで、低燃費性能に加え、操縦安定性と上質な乗り心地が特長だ。

BluEarth-G・・・

ニュースを読む

オートエクゼは、『マツダ3』用にチューニングキットAutoExe「BP-06」を新設し、全国のマツダ販売会社、有名カー用品店、オートエクゼ商品取扱店などを通じて発売した。

BP-06は、新世代マツダ車に向けたチューニングキット第1弾。マツダ3が持つポテンシャルを引き出したストリートベストチューニングを提案する。

ファストバックモデル用のスタイリングキットはピアノブラック塗装済。同社のアイデンティティに基づくシンプルなマークレスグリル・・・

ニュースを読む

マツダ3 新型にレーサー、「TCR」発表…350馬力ターボ搭載

by 森脇稔 on 2019年10月04日(金) 19時30分

マツダの米国部門、北米マツダとマツダモータースポーツは10月2日、新型『マツダ3』のレーシングカー『マツダ3 TCR』(Mazda3 TCR)を発表した。

◆国際ツーリングカーレース「TCR」規格に適合

同車は新型マツダ3をベースに、「TCR」規格に適合させたレーシングカーだ。TCRは2015年春に開始された新たな国際ツーリングカーレース。現在では、世界各地で36のレースが開催されている。例えば欧州では、ホンダ、SUBARU(スバ・・・

ニュースを読む

マツダの欧州部門は10月1日、『マツダ2』(Mazda2)の改良新型の欧州仕様車の詳細を発表した。

マツダ2は、欧州ではBセグメントに属するマツダの小型ハッチバックだ。日本市場では、『デミオ』として販売されてきたが、マツダの新ネーミング戦略により、今後はグローバル市場において、マツダ2の車名に統一される。なお現行モデルは欧州では、デビュー当初からマツダ2のネーミングで販売されてきた。

◆Mハイブリッドは1.5リットル+6MTとの組み・・・

ニュースを読む

東京モーターショーで量産BEV(電気自動車、以下EV)を世界初公開すると発表したマツダ。『マツダ3』『CX-30』につづく新世代商品の第3弾となり、マツダが内燃機関にだけこだわっているわけではなく電動化へもしっかり取り組んでいることを印象付けるものとなりそうだが「マツダの開発哲学である人間中心の設計思想を基に、EVならではの特性を最大限に活かすことで、ドライバーが自然に、心から運転を楽しむことができる走りを実現しています」とアナウンスし・・・

ニュースを読む

マツダ3 に2020年型、2万1500ドルから…今秋米国発売へ

by 森脇稔 on 2019年10月02日(水) 06時30分

マツダの米国部門は、『マツダ3』(Mazda3)の2020年モデルを今秋、米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は、2万1500ドル(約232万円)と公表されている。

マツダ3は2003年のデビュー以来、世界累計販売台数が600万台を超えるマツダのグローバル戦略車だ。現行は4世代目モデルとなり2018年秋、ロサンゼルスモーターショー2018でワールドプレミアされた。従来から引き続き、5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類のボデ・・・

ニュースを読む

マツダ(Mazda)の欧州部門は9月30日、マツダが制作した映像『ジャーニー・トゥ・ザ・ノールカップ』が、「2019インターナショナル自動車フィルムアワード」 において、最優秀クリエイティブ賞を受賞した、と発表した。

「インターナショナル自動車フィルムアワード」は、毎年開催されている。自動車を取り上げた映像やテレビ番組を対象に、優れた作品を選出するものだ。

この作品は、2019年3月に撮影された。『CX-5』が厳しい冬に、ヨーロッパ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針