マツダ

カーライフニュース - マツダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マツダは2020年1月30日に創立100周年を迎えた。現在、同社の100周年スペシャルサイトでは、歴代モデルの人気投票が行われている。4月21日集計時のTOP3は『AZ-1』『ランティス』『マツダ787』。そこで、マツダの開発主査に、「私の選ぶ1台」とTOP3のモデルについて語ってもらった。

◆ロードスター開発主査・齋藤茂樹氏

■私が選ぶ1台

私が選ぶ1台は3代目『プレマシー』です。理由は、開発推進のリーダーとして初めて担当した車・・・

ニュースを読む

マツダは、ポリフォニー・デジタルと共同で開発したバーチャルレースカー『RX-Vision GT3コンセプト』を、5月22日15時からグランツーリスモSPORT上にてオンラインで提供開始する。

マツダRX-Vision GT3コンセプトは、東京モーターショー2015で世界初公開した次世代ロータリーを搭載するコンセプトカー『RX-VISION』をベースにした最新バーチャルレースカー。PS4用ドライビングシミュレーションゲーム「グランツーリ・・・

ニュースを読む

マツダは、『マツダ3 セダン』にSKYACTIV-G 1.5ガソリンエンジンを設定し、5月21日より販売を開始した。

マツダ3 セダンは、「落ち着いた大人の品格と優雅さを表現した外観デザイン」や「上質感を高めたインテリアデザイン」「居心地の良さを感じられる静粛性とオーディオ性能」などが評価され、幅広い年齢層に選ばれている。昨年の発売以降、街中での運転を軽快に楽しめるSKYACTIV-G 1.5搭載モデルを選択したいとの声が多く、今回の・・・

ニュースを読む

マツダ初の量産EV『MX-30』、生産開始…今秋欧州発売へ

by 森脇稔 on 2020年05月21日(木) 12時45分

マツダの欧州部門は5月20日、マツダ初の量産EV、『MX-30』(Mazda MX-30)の生産を開始した、と発表した。同時に欧州での受注を開始し、今秋、ディーラーに到着する予定だ。

MX-30は、マツダのカーラインアップに加わる新世代商品の第3弾となる。顧客が車とのつながりを深め、車とともに自然体で自分らしい時間を過ごすことを目指し、新たな車の使い方、創造的な時間と空間を提案する。

◆欧州仕様車の航続はWLTP複合モードで約200・・・

ニュースを読む

マツダの国内工場、6月は休止せず…メキシコ工場も生産再開へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年05月20日(水) 17時30分

マツダは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生産調整について、6月の生産は国内全工場で休止なし、全日昼勤のみの操業を計画していると発表した。

今年1月以降、多くの国にて外出規制や経済活動の制限などの新型コロナウイルス感染拡大防止策が講じられ、世界中で自主的な行動規制が行われてきた。昨今では北米や欧州を中心に規制や制限も緩和されつつあり、経済活動についても再開する動きが出てきている。

これらの規制緩和や経済活動の再開に合わせて、マツダ・・・

ニュースを読む

マツダはコンパクトSUV『CX-3』に、軽快な走りを楽しめる1.5リットルガソリンエンジンモデルを追加設定するなど商品改良を施し、5月18日から予約受付を開始、6月4日に発売する。

今回の1.5リットルガソリン(最高出力111ps/最大トルク144Nm)追加により、力強く伸びやかな加速性能の2.0リットルガソリン(同150ps/195Nm)、トルクフルな走りを実現する1.8リットルディーゼル(同116ps/270Nm)と合わせ3種類の・・・

ニュースを読む

◆エンジンを回す楽しさも味わえる


『マツダ3』のSKYACTIV-Xは、ガソリンエンジンでありながら、ディーゼルに似た火花点火制御圧縮着火方式を使う。さらに高燃圧噴射装置、エアーサプライシステムと呼ばれるスーパーチャージャー、マイルドハイブリッドシステムなども組み合わせた。排出ガスの浄化装置には、ディーゼルと同様のパティキュレートフィルター(粒子状物質の除去装置)も使用する。

直列4気筒2リットルで、動力性能は最高出力が180馬力・・・

ニュースを読む

マツダ、4月のグローバル販売が半減 新型コロナウイルス影響

by レスポンス編集部 on 2020年05月15日(金) 09時35分

マツダが5月14日発表した4月のグローバル販売台数は、前年同月比54%減の5万台と半減したと発表した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、一部の地域で販売店が休止していることや、経済の悪化で欧米で販売が大幅に落ち込んでいる。

地域別では日本が同26%減の8000台、北米が同54%減の1万4000台、欧州が同80%減の4000台となっている。その他市場も同78%減の7000台だった。

3月下旬から生産・販売が段階的に正常化した中国・・・

ニュースを読む

マツダ、9年ぶり最終赤字…新型コロナが影響 2020年1-3月期決算

by レスポンス編集部 on 2020年05月15日(金) 09時25分

マツダが5月14日発表した2020年1〜3月期の連結決算は、当期損益が203億円の赤字に転落した。当期赤字は東日本大震災で生産・販売が落ち込み、急激に円高となった2011年以来、9年ぶり。前年同期は278億円の黒字だった。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で新車販売が急激に落ち込んだ。グローバルの新車販売台数は同20%減の31万3000台で、欧州、中国、その他市場で落ち込んだ。このため、売上高は同7%減の8740億円だった。

営業利・・・

ニュースを読む

マツダは5月14日、2020年3月期の連結決算をメディアとの電話会議によって発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大などにより、営業利益は前期比47.0%減の436億円と、2期連続の減益になった。

今期(2021年3月期)の業績予想については「感染拡大により先行き不透明な事業環境が継続する見通しであり、引き続き業績への影響について慎重な見極めが必要」(藤本哲也常務執行役員)とし、公表は見送った。

前期のグローバル販売は9%減の・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

イ~さん

1年経過しての感想

車種名:トヨタ カムリ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:イ~***** さん
総合評価:

購入して1年経過しての感想です。 まずスタイルについては好みの問題なので...[ 続きを見る ]

つね

すばらしい

車種名:ホンダ N-VAN
投稿ユーザー:つね***** さん
総合評価:

バイクを積むトランポとしても使ってます。 N-VANの前はハイエース ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針