マツダ

カーライフニュース - マツダ (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆ソフトウェアの変更で走りはどう変わるのか?

普通、アップデートというと何がしかのハードウェアである場合が多いけれども、今回はソフトウェアとのこと。それがどの程度『マツダ3』SKYACTIV-Xの走りを変えるのか注目するところ。

まず現行モデルのATで走り→アップデートモデルのATで走る。次に現行MT→アップデートMTと走行する、というパターンなので差は分かりやすい。コースは旧レースコースだったMINE(現マツダテストコース)のメイ・・・

ニュースを読む

特定非営利活動法人日本自動車殿堂は11月6日、「2020〜2021日本自動車殿堂」において、「カーオブザイヤー」をホンダのコンパクトカー『フィット』と開発グループに、「インポートカーオブザイヤー(輸入乗用車)」をプジョー『208/e-208』とインポーターに、それぞれ授与した。

フィットの受賞理由は(1)新世代向け高効率・低燃費2モーター式e:HEV、(2)実用性と安全性に優れたパッケージング、(3)シンプルで快適な先進の安全運転支援・・・

ニュースを読む

マツダの新たなコンパクトSUV『MX-30』。欧州ではEVモデルを既に展開しているが、日本にはマイルドハイブリッドモデルからの導入となる。CXシリーズとは異なるデザインラインを採り、フリースタイルドアや新素材を採用したインテリアなど多くの特徴を抱えている。

目次 e-SKYACTIV G搭載のマイルドハイブリッドモデル発売、価格は242万円よりマイルドHVから登場した理由…需要動向や求めやすさ配慮プレーンかつサスティナブル、マイルドハ・・・

ニュースを読む

◆より緻密な“燃焼制御”が可能に

「進化し続けるSKYACTIV-X」、という名目の進化版エンジンを搭載した『マツダ3』のプロトタイプ車に乗った。低炭素社会、CO2削減に向けての環境対応エンジンとして、超希薄燃焼と自己着火、通常燃焼への切り替え、スーパーチャージャーによる過給と、エンジントルクの谷間をモーターがカバーしながら、革新的な内燃機関ユニットとして世に放ち、市場で鍛えられ進化を続けるのがSKYACTIV-Xである。

今回の進・・・

ニュースを読む

マツダは10月29日、2020年度上半期(4〜9月)の生産・販売状況(速報)を発表。世界販売台数は、前年同期比20.8%減の57万8363台となった。

国内販売は同25.0%減の7万3769台で2年連続のマイナス。登録車のシェアは0.2ポイントダウンし、4.6%となった。海外販売は同20.2%減の50万4594台。中国は同7.0%増と順調だったが、米国は同1.3%減、欧州は同39.9%減と振るわなかった。

世界生産台数は、同34.2・・・

ニュースを読む

マツダの世界生産台数、13か月ぶりの前年同月超え 9月実績

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年10月30日(金) 07時45分

マツダは10月29日、2020年9月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は同1.0%増の12万6653台と、13か月ぶりに前年同月を上回った。

国内生産は同1.7%減の8万3402台で12か月連続のマイナスだったが、海外生産は同6.7%増の4万3251台で3か月ぶりのプラスとなった。

世界販売台数は前年同月比10.3%減の12万3561台で9か月連続のマイナスとなった。国内販売は『マツダ2』や『CX-5』が伸び悩み・・・

ニュースを読む

マツダは10月29日、コンパクトSUV『CX-3』の1.5リットルガソリン車に特別仕様車「アーバンドレッサー」を追加し、販売を開始すると発表した。特別仕様車アーバンドレッサーは、自分なりのこだわりを持つユーザーに、マツダが提案する新たなコーディネートスタイルだ。

シートには革のような風合いと手入れのしやすさを両立した、明るいピュアホワイトの人工皮革を採用。シート中央やダッシュボード、ドアトリムには手触りの良いライトブラウンのスエード調・・・

ニュースを読む

マツダ創立100周年記念に際し誕生したオフィシャルグッズ「MAZDA COLLECTION」は、マツダデザイン本部監修のもと、デザインをクルマからユーザーの日常生活へ押し広げるべく企画・開発が行われた。

この度、2020年6月に発売された第1弾「100TH COLLECTION」に続き、「MAZDA ESSENTIAL COLLECTION(マツダ エッセンシャル コレクション)」が新たに登場。同社のインテリアデザインを模したステーシ・・・

ニュースを読む

マツダは10月27日、CSR(企業の社会的責任)の取り組みをまとめた「マツダサステナビリティレポート2020」と、経営・財務情報をまとめた「アニュアルレポート2020」を、同社公式ウェブサイトで公表した。

サステナビリティレポートでは、トップメッセージで、中期経営計画で定めた3つの重点領域への取り組みやコロナ禍の経験をてこにしたビジネス構造の変革とステークホルダーへ向けた取り組み、事業活動を通じた社会課題解決への取り組みとSDGs達成・・・

ニュースを読む

折角の試乗会なのに雨である。それも時折雨粒が写真に映り込むだろうなぁ…という程度の。気を取り直して撮影ポイントを探しがてら、乗り出してみた。

マツダ『MX-30』はスカイアクティブ・ヴィークル・アーキテクチャという新しいプラットフォームの元に構築されたモデル。同じアーキテクチャを使うのは『マツダ3』、『CX-30』に続いてこれが3車種目だ。

口さがないジャーナリストの中には、そのリアサスペンションの構造に対してずいぶんと批判をする人・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

シロボル

一度ディーゼルモデルに乗ってみたいと思い、本当に思いきって、買ってしまっ...[ 続きを見る ]

ひな

納車1000km

車種名:スズキ ジムニーワイド/シエラ
投稿ユーザー:ひな***** さん
総合評価:

JB74シエラ11月納車、走行1000kmとなりました。トヨタにヤリスク...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針