動画

カーライフニュース - 動画

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ランボルギーニは11月22日、イタリアで12月4日にワールドプレミアする予定の新型SUV、『ウルス』(URUS)に「CORSA」と呼ばれるサーキット走行モードを搭載すると発表した。

ウルスは、『アヴェンタドール』、『ウラカン』に続いて登場するランボルギーニ第3のモデルレンジ。世界初のSUVスーパーカーを標榜し、2018年に発売される。

このウルスに搭載されるのが、CORSAと呼ばれる走行モード。ウルスには、「STRADA」、「SPO・・・

ニュースを読む

「第24回ITS世界会議」(カナダ・モントリオール市)に出展したアイシン精機をはじめとするアイシングループは、2020年の実現に向けて開発を進めている自動バレー駐車サービスの実証実験を行った。ドライバーから駐車の煩わしさを解放するアイシン精機の最新技術を体験した。

駐車操作にストレスを感じているドライバーは少なくない。しかし、クルマで出掛ければ必ず駐車はつきまとう。アイシンはこの考えの下、2000年頃から駐車支援システムの開発に取り組・・・

ニュースを読む

ランボルギーニは11月18日、イタリアで12月4日に初公開予定の新型SUV、『ウルス』(URUS)に「TERRA」と呼ばれる走行モードを採用すると発表した。

ウルスは、『アヴェンタドール』、『ウラカン』に続くランボルギーニの第3のラインナップ。世界初のSUVスーパーカーを目標に掲げて、2018年に市販される予定。

このウルスに採用されるのが、TERRAと呼ばれる走行モード。ウルスには、「STRADA」、「SPORT」、「CORSA」・・・

ニュースを読む

医療、コミュニケーション、レスキュー、警備など多様な実用ロボットを手掛ける株式会社テムザックは20日より、モビリティロボット『RODEM』(ロデム)の販売受付を開始する。時にはロボット、時には乗り物、時には車いすとしての役割を1台で果たす。

車いすへの乗り移りは従来、前方から座席に“座る”形式が一般的だが、ロデムは後ろからモーターサイクルのようなシートにまたがって“乗る”形式を採用した。このことで、体の向きを変えることなくベッドや椅子・・・

ニュースを読む

アストンマーティンが11月21日、ワールドプレミアする予定の新型『ヴァンテージ』。同車に搭載されるエンジンのスペックが判明した。

これは11月17日、アストンマーティンが公式サイトで明らかにしたもの。レッドブルのF1ドライバーのマックス・フェルスタッペン選手が、新型ヴァンテージのプロトタイプ車に試乗。同乗したチーフエンジニアのマット・ベッカー氏が、新型ヴァンテージのエンジンスペックに言及している。

マット・ベッカー氏によると、新型ヴ・・・

ニュースを読む

アストンマーティンが11月21日、ワールドプレミアする予定の新型『ヴァンテージ』。同車のプロトタイプ車によるサーキット走行の様子がフェイスブックの動画で公開された。

現行ヴァンテージは3世代目モデルで、2005年にデビュー。11月21日に初公開予定の新型は、4世代目モデル。およそ12年ぶりのモデルチェンジを受けて登場することになる。

新型は、映画『007 スペクター』にボンド・カーとして起用された『DB10』のデザインモチーフを導入・・・

ニュースを読む

ランボルギーニは11月14日、イタリアで12月4日に初公開予定の新型SUV、『ウルス』(URUS)に「NEVE」走行モードを採用すると発表した。

ウルスは、『アヴェンタドール』、『ウラカン』に続くランボルギーニの第3のラインナップ。世界初のSUVスーパーカーを標榜し、2018年に市販される計画。

このウルスに採用されるのが、NEVEと呼ばれる走行モード。ウルスには、「STRADA」、「SPORT」、「CORSA」「SABBIA」など・・・

ニュースを読む

英国のスポーツカーメーカー、ケータハム(ケーターハム)は11月9日、1957年に誕生した「SEVEN」(セブン)シリーズのデビュー60周年を記念して、ドーナツターンの世界記録に挑戦し、これを達成したと発表した。

この挑戦に起用されたのが、『SEVEN 620R』。ケータハムSEVENシリーズ史上、最もパワフルなモデル。搭載エンジンは、フォードモーター製の2.0リットル直列4気筒ガソリンをスーパーチャージャーで過給したユニット。最大出力・・・

ニュースを読む

『ファットボブ』は新型『ソフテイル』の中でも特に「走り」にこだわったモデルと言えるだろう。シリーズ中唯一のカートリッジ式倒立フォークやリモート式のプリロードアジャスターを備えたロングリヤショックを備えるなど、足まわりの機能の充実ぶりからも“走りのモデル”であることは明らか。

見た目も従来のやや古典的クルーザースタイルから一転し、角型のLEDヘッドライトや跳ね上がった2本出しマフラーなどが見るものを挑発する。前後を切り詰めてマスを集中さ・・・

ニュースを読む

マクラーレン・オートモーティブではマクラーレン『P1』の発売5周年を記念した企画を展開している。今回はマクラーレン P1をさらに小型化し、代替燃料による動力を用いた「足けり乗用」モデルを発表した。

このモデルは乗車した子どもの足のパワーによって駆動する。メーカー推奨は3歳未満。カラーはマクラーレンP1らしいボルケーノ・イエローで、12月よりオンラインでの購入が可能となる。イギリスでの価格は35.99ポンド、約5400円。

あと一月ほ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

かのっさ

デミオの良いところ悪いところ

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:かの***** さん
総合評価:

デミオの良いところは、内装がライバルコンパクトカーに比べてプラスチック部...[ 続きを見る ]

キタのおやじ

2日間車に乗らず。翌日モーター走行...

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:キタ***** さん
総合評価:

先日、出張で2日間車を放置。戻ってきていつもの通勤に使用。朝の通勤時の燃...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針