メルセデスベンツ Cクラス(C-Class)

カーライフニュース - メルセデスベンツ Cクラス(C-Class)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツは11月22日、『Cクラス・オールテレイン』(Mercedes-Benz C-Class All-Terrain)を、2021年の年内に欧州市場で発売すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、5万3014ユーロ(約686万円)だ。

同車は、新型『Cクラス・ステーションワゴン』から派生したクロスオーバー車だ。メルセデスベンツはすでに、『Eクラス』に『Eクラス・オールテレイン』を用意している。ステーションワゴンベースのク・・・

ニュースを読む

Gクラスのチームが監修したCクラス オールテレインとは

by 渡辺慎太郎 on 2021年11月22日(月) 08時00分

メルセデスベンツの新型『Cクラス』は、実はCクラス史上初めてセダンとワゴンを同時に発表したモデルである。これまではセダンから遅れて1年後くらいにワゴンが追加されることが多かったのに、今回同時発表に踏み切った背景には昨今の時代背景があるのだろう。

セダンとワゴンの開発は通常ほぼ同時に進められていたが、両車の発表時期をずらすことにより、そのモデルに対する市場の注目を長い期間に渡って継続的に集められるといった販売面での戦略が主な理由だった。・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツAMG C63Sカブリオレのオーディオをグレードアップするにあたって選びたいのは、インテリアを加工せずインストールできるBEWITH(ビーウィズ)の「BE-FIT AM for Mercedes-Benz」。同時にウーファーユニットも導入してサウンドの大幅なレベルアップを目指した。

インテリアを加工することなく
スピーカー交換による高音質化を実施
趣味性の高いクルマを所有しているユーザにとって、オーディオのグレードアッ・・・

ニュースを読む

「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を決める第1次選考が11月5日に行われ、全29台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出された(主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー事務局)。

10ベストカーに選ばれたのは、以下の国産車6モデル、輸入車4モデル。

●トヨタGR 86/スバルBRZ
●トヨタMIRAI
●トヨタ・ランドクルーザー
●日産 ノート/ノートオーラ/ノートオーラNISMO/ノ・・・

ニュースを読む

日本グッドイヤーは高性能スポーツタイヤ「イーグルF1 アシメトリック5」が、メルセデス・ベンツの新型『Cクラス』に新車装着タイヤとして採用されたと発表した。

新型Cクラスは2014年以来、7年ぶりのフルモデルチェンジ。よりエレガントに、よりスポーティに進化したCクラスは、安全機能やデザインなど、随所にフラッグシップモデル『Sクラス』の要素を取り入れている。また、パワートレインはすべて電動化。モーターによる高効率なエネルギー回生やブース・・・

ニュースを読む

ソニックデザインは11月1日、サウンドチューンアップ商品「ソニックデザインサウンドスウィート」のメルセデスベンツ新型『Cクラス』専用モデルが純正アクセサリーとして販売されることになったと発表した。

今回納入するソニックデザインサウンドスウィート新型Cクラス専用モデルは、車両構造的にドアスピーカー交換が難しいCクラス(W206)のために、これまで同社が培ってきた車室内の音響解析・補正技術を集約して開発したサウンドチューンアップ商品だ。
・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは10月26日、新型『Cクラス』(Mercedes-Benz C-Class)のプラグインハイブリッド車(PHV)の受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、5万6168ユーロ(約740万円)と発表されている。

◆PHVシステム全体で313hpのパワーと56.1kgmのトルク

新型CクラスのPHVは、「C300e」を名乗る。セダンとステーションワゴンの2種類が用意された。メルセデスベンツの第4世代のPHVシス・・・

ニュースを読む

源流の『190』(W201)の誕生から39年、初代『Cクラス』(W202)から数えると今回のモデルで実に5世代目。ほぼ7年ごとにモデルチェンジを重ねてきた『Cクラス』の最新型の実車が日本市場に“上陸”した。

◆サイズアップ以上に立派に見える


今あるデータで新旧のボディサイズをAMGライン装着車同士で比較すると、新型は先代に対して、全長で+80mm、全幅+10mm、全高+10mm、ホイールベース+25mm、トレッド(前後異サイズ18・・・

ニュースを読む

新車の納期が全般的に遅れている。それは日本車だけでなく、輸入車にも当てはまる。2021年9月における正規輸入車(海外メーカー車)の登録台数は、前年の9月に比べて約15%減少。国内市場全体では、前年比32%減少している。

◆VW、BMW、メルセデスの主要モデルも


売れ行きが下がった直接の理由は、納期の遅延にある。フォルクスワーゲンの販売店では「『ゴルフ』には、すぐに納車できる在庫車もあるが、希望の仕様がない場合は、2021年10月の・・・

ニュースを読む

BEWITH、E・Cクラス専用純正交換型20cmサブウーファー発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年10月04日(月) 12時00分

BEWITH(ビーウィズ)は、「PLUG&PLAY」ブランドの新製品として、メルセデス・ベンツ『Eクラス(213系)』および『Cクラス(205系)』専用の純正交換型20cmサブウーファーモジュールを発売する。発売日は右ハンドル車用が10月14日、左ハンドル車用が11月30日。

新製品は、前席足元奥に装備された純正サブウーファーとの交換装着に対応した純正交換型の20cmサブウーファーモジュール。右ハンドル車と左ハンドル車で微妙に異なる純・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

スズ(_ _)

AWDモデルについて

車種名:スズキ キザシ
投稿ユーザー:スズ***** さん
総合評価:

キザシの魅力、AWDモデルの機能についても掘り下げます。 燃費に付いて、...[ 続きを見る ]

デカ耳こーぎー

【全般】  Aピラー下端を除き良好な視界で不思議な安心感があり、見た目も...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針