メルセデスベンツ Cクラス

カーライフニュース - メルセデスベンツ Cクラス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツは現在、主力モデル『Cクラス』次期型を開発しているが、その頂点に君臨する最強モデル『AMG C63』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

ニュルブルクリンク・ノルトシェライフェテストセンター出入り口で捉えたプロトタイプは、初期テスト車両のため、ボディを厳重にカモフラージュしている。しかし、AMG定番の「パナメリカーナグリル」を備え、ワイドなホイールアーチが確認できる。

また多・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは現在、主力モデル『Cクラス』ファミリー次期型を開発しているが、かねてから噂のあったクロスオーバーモデル「オールテレーン」市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

捉えたプロトタイプは、『Eクラスオールテレーン』と同様にボディをリフトアップ。ホイールアーチの周りにはクラッディングがあるように見え、ステーションワゴンより分厚いバンパー、ワイドなサイドシルなど、ライバルのアウディ『A4・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツが現在開発中の『Cクラス』派生ワゴン、『Cクラス ステーションワゴン』次期型。そのキャビン内をスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

初めて撮影されたそのコックピットには、ダッシュボード中央に3つのレジスター、その下に巨大なMBUXインフォテインメントシステムを備える。センターコンソールにはセカンドスクリーンを配置し、エアコン等HVACシステムを制御する。

『Sクラス』次期型を彷彿させるレイアウトだ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ、新車購入でJALのマイルがたまるサービス開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年08月17日(月) 18時15分

メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は、JALマイレージバンク(JMB)会員向けの新サービスとして、新車購入でJALのマイルがたまるサービスを8月17日より開始した。

対象車種は『Cクラス』および『Eクラス』(セダン・ステーションワゴン・カブリオレ・クーペ)。メルセデス・ベンツの正規販売店にて、対象車種購入時にJMBカードまたはJALカードを提示のうえ、マイル積算希望をスタッフに伝えることで、Cクラスなら1万マイル、Eクラスなら1万500・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、現在主力モデル『Cクラス』新型を開発中だが、そのハイパフォーマンスモデルで、AMG『C43』後継モデルとなるAMG『C53』市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

南ヨーロッパで撮影されたプロトタイプは、完全カモフラージュされておりディテールは不明だ。ヒントは、大径ホイール、大型ブレーキ、ワイドなトラック、仮に装着されているデュアルエキゾーストパイプで、偽装されたフロントマスク・・・

ニュースを読む

スクープサイト「Spyder7」では、これまで幾度となくメルセデスベンツの主力モデル『Cクラス』次期型プロトタイプを捉えているが、今回は初めて『Cクラス ステーションワゴン』のプロトタイプを捉えることに成功した。

世界的なクロスオーバーSUVの台頭は、ワゴンモデルに大きな打撃を与えたが、依然として根強い人気を誇るボディスタイルだ。欧州でも、コンパクトなシュコダ『ファビア コンビ』から、アウディ『A6アバント』などのミドルサイズまで、ス・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は7月16日、メルセデスベンツ『Eクラス』など65車種について、スライディングルーフが脱落するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2002年6月29日から2010年7月23日に輸入された5万8021台。

対象車種はスライディングルーフのガラスパネルにおいて、製造工程での下地処理が不適切なため、接着強度が不十分なものがある。そのため、ガラスパネルに浮きが発生し、最悪・・・

ニュースを読む

クルマ界の王道として根強い人気を博するDセグメントセダン。本稿では、ドイツからメルセデスベンツ『Cクラス』とBMW『3シリーズ』日本から日産『スカイライン』とホンダ『アコード』をピックアップした。

価格メルセデスベンツCクラス:489万円から
ホンダ・アコード:465万円
BMW 3シリーズ:461万円から
日産スカイライン:435万3800円から

目次【メルセデスベンツ Cクラス】改良新型、チーフエンジニア「最も大規模なフェイスリ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツの主力モデル、『Cクラスセダン』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ダイムラーの施設のすぐ近くで捉えた最新プロトタイプは、ボディがフルカモフラージュされていた。その下には生産型ボディパネルと、『CLS』に似たLEDデイタイムランニングライトを備える新ヘッドライトや、垂直基調から水平基調へ刷新されるテールライトの一部が見てとれる。

フロントエンドには、大型のコーナーエアインテークやアグレッシブなバンパーを装備。・・・

ニュースを読む

最新のディーゼルエンジンを搭載し、その静かさにも定評のあるメルセデス・ベンツC220dだが、さらに上質な快適性を求めるならば防振処理は効果抜群のメニューだ。オーディオのグレードアップも同時にこなして車内の環境をグレードアップしてみよう。

◆最新ディーゼルエンジン搭載の
Cクラスワゴンをもっと静かにする

上質な乗り味を求めてメルセデス・ベンツを購入するユーザーは多い。事実その満足度は高いものだろう。しかしちょっとひと手間掛けることでさ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

よしモン

POPでCUTEでSPORTYなM...

車種名:ミニ コンバーチブル
投稿ユーザー:よし***** さん
総合評価:

 今春、第一世代後期MINIクーパーSコンバーティブルを初めての輸入車と...[ 続きを見る ]

GRポチ

トヨタのターボエンジンの実力

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:GRポ***** さん
総合評価:

ナラシ中の燃費 16.0キロ 661.2キロ走って 42.28L給油で満...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針