ハイゼットトラック

カーライフニュース - ハイゼットトラック

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ダイハツは、軽商用車『ハイゼット・トラック』を一部改良、スマートアシスト付グレードにLEDヘッドランプを標準装備とし、10月10日から販売を開始した。

ハイゼットは1960年に発売し、農業や建設業、運送業、サービス業など幅広い業種で愛用されており、累計生産台数は700万台を超える。中でもハイゼット トラックは、2014年9月にフルモデルチェンジを実施し、積載性や耐久性、防錆性能等の基本性能の進化に加え、全8色のカラーバリエーションや、・・・

ニュースを読む

ダイハツは5月31日、軽商用車『ハイゼットトラック』などの荷台ヒンジピンに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ハイゼットトラックおよびそのOEM供給車であるスバル『サンバートラック』の2車種で、2014年10月16日から2018年2月1日に製造された8158台。

低床ダンプ仕様の荷台において、荷台を支持するヒンジピンを固定する構造が不適切なため、ダンプ操作によって固定ボルトが緩むこ・・・

ニュースを読む

ダイハツ ハイゼットトラック、軽トラ初の自動ブレーキ搭載へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年05月14日(月) 16時15分

ダイハツは、軽商用車『ハイゼット・トラック』を一部改良し、5月29日より販売を開始する。

今回の一部改良では、衝突回避支援システム「スマートアシストIII t」を採用し、軽トラックとしては初、またダイハツのMT車としても初となる衝突回避支援ブレーキ機能を搭載した。開発に際しては、業務用途のみならず日常用途との兼用が増加している軽トラックの使用用途に着目。さらに近年の安全志向の高まりや、軽トラックユーザーの高齢者比率が増加していることな・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は、軽商用車『ハイゼット トラック』に新たなパックオプション「エコパック」を追加設定し、12月22日から販売を開始した。

「エコパック」は、高速道路や長距離利用の多い建設業や運送業等の低燃費ニーズに応え、また日常の通勤や買い物など軽積状態での走行が多いドライバーに向けて開発したオプションで、より低燃費で静かな走りを可能にしている。

標準車に比べ、リヤデファレンシャルギヤをハイギヤ化した上で、副変速機(エコ・楽モード切替機・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は10月14日に新型『ハイゼットトラック』の特装車シリーズを発売した。今回の全面改良から特装メーカー2社との協業をスタートさせ、顧客の幅広い要望に迅速に対応する態勢とした。

この特装メーカーはトプレックと東洋ブラザー工業で、協業車両はダイハツのカタログにも掲載され、ダイハツ販売店から注文できる。従来は顧客が特装メーカーと直接折衝していた。今回設定されたのはトプレックの低温冷凍車と、東洋ブラザーの保冷車で、冷凍車では冷気の循・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は、9月2日に発売した新型『ハイゼット トラック』の特装車両を10月14日から発売する。

今回発売する特装車両は、ダンプシリーズやリフトシリーズ、保冷・冷凍シリーズ、配送シリーズの12車種。広い室内空間や優れた乗降性、積載性、操縦安定性、防錆性能などを持つベース車に、さまざまな業種の顧客ニーズに対応するため、利便性、操作性に優れた特殊装備を搭載する。

ダンプシリーズでは、多目的ダンプ、土砂ダンプ、清掃ダンプの荷台床面地上・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は10月14日、軽自動車の新型『ハイゼットトラック』の特装車両を発売した。9月2日に発売したベース車両に「ダンプ」や「冷凍車」など計12車種を設定した。

都内での発表会に出席した営業本部長の堀井仁専務執行役員は「軽自動車の特装車両では業界随一の圧倒的なバリエーションをもっており、働くクルマとしての存在意義がある。(新型投入を機に)一段と販売を強化したい」と語った。

ダイハツによると、2013年度の同社の軽貨物車販売の前年・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は9月2日、軽トラック『ハイゼットトラック』を15年ぶりに全面改良し、発売した。技術本部副本部長を務める上田亨執行役員は同日都内で開いた発表会で「今回のフルモデルチェンジの狙いは幅広い方々に使いやすい軽トラックの具現化」と語った。

上田執行役員は「社会環境の変化や多様化するニーズへの対応として、誰もが快適にお使い頂ける軽トラックを狙いとした」と述べた上で、セーリングポイントとして「仕事がしやすい。経済的。頼れる。選べる」の・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は9月2日、軽トラック『ハイゼットトラック』を15年ぶりに全面改良し、発売した。三井正則社長は同日、都内で開いた発表会で「日本中で働くお客様に自信を持ってお届けできるという実感がある」と述べた。

三井社長は「従来の軽トラックに求められてきた要件はたくさん積める、丈夫などが主なものだったが、この15年間で社会環境や需要構造、価値観などが変わり、お客様から求められる性能や装備、ニーズが大きく変化していることがわかった。そこで今・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

CVTフルードを交換しました・・・

車種名:スズキ ランディ
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

CVTフルードの交換が過去されていないことがわかり、 9年目の車検と合わ...[ 続きを見る ]

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針