ダイハツ

カーライフニュース - ダイハツ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ダイハツのニュース

1月11〜13日の3日間、千葉県にある幕張メッセで開催されている東京オートサロン2019。会場には「コペンの再始動」を掲げ、200台限定での発売が発表された『コペンクーペ』を中心に、様々なコンセプトモデルを展示するダイハツブースも展開。

そんなダイハツブースの今回のテーマは、『遊び心をみんなのものに!』。ブースでは、自分の日常のクルマをカスタムする事で、日々のテンションを上げる様々な提案が散りばめられている。

中でも注目すべきは『コ・・・

ニュースを読む

ダイハツは1月11日、軽オープンスポーツカー「COPEN GR SPORT CONCEPT」を、同日開幕した東京オートサロン2019にて世界初公開した。

コペンは、新骨格構造「D-Frame」や内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」を採用し、優れた走行性能と個性あふれるデザインを両立した軽オープンスポーツカーだ。2014年6月に発売した「コペンローブ」に加え、「コペンエクスプレイ」、「コペンセロ」を発売。さらに「コペンクーペ・・・

ニュースを読む

AGC旭硝子は、同社の開発した曇りにくいガラス「eXeview(エグゼビュー)」が、ダイハツ工業の限定車『コペンクーペ』のフロントガラスに世界で初めて採用されたと12月19日に発表した。

コペンクーペは、オープンカーの「コペン」に、CFRP製ハードルーフを装着したクーペスタイルの限定車。そのフロントガラスに採用されたエグゼビューは、AGC独自の樹脂膜コート材が車内の水分を吸収することで、フロントガラスの曇りを防止する。

これによりデ・・・

ニュースを読む

ダイハツは、2019年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に、軽自動車・小型乗用車の個性あふれるコンセプトカー9台に加え、市販予定車『コペンクーペ』や1960年代のレーシングカー「P-5」を出展する。

ダイハツブースは、「遊びゴコロをみんなのものに。」をテーマに、軽オープンスポーツカー「コペン」や、2018年に発売した軽乗用車『ミラトコット』、小型乗用車『トール』『ブーン』、軽商用車『ハ・・・

ニュースを読む

ダイハツは、軽スポーツカー『コペンクーペ』を「東京オートサロン2019」に市販予定車として出展するとともに、イベント初日の2019年1月11日から専用ウェブサイトで商談希望者の募集を開始する。200台限定。

コペンクーペは、東京オートサロン2016に出展したコンセプトカーを商品化したもの。出展後、ユーザーから多くの好評を得たことから、エレガント&エモーショナルなデザインをテーマに、開発を進めてきた。

限定車は「コペンセロ」をベースに・・・

ニュースを読む

ダイハツは、自動運転技術を活用して高齢者などの近隣移動をサポートする「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」に参画すると発表した。

高齢化は、地方だけでなく、都市郊外のニュータウンでも急速に進行。その多くは丘陵地に造成されたために坂道が多く、高齢者には徒歩による移動が負担となっている。

日本総研が今年8月に設立したコンソーシアムでは、住宅地内の予め決められたルート(片道2km程度以内)を走行し、地域内の店舗や公共施設、病院・・・

ニュースを読む

ダイハツは、軽商用車『ハイゼット カーゴ』を一部改良、MT車にも「スマートアシストIII」を標準装備するなど、安全性を高め、12月10日から販売を開始した。

ハイゼット カーゴは、使い勝手の良さや高い積載性を実現したキャブバンタイプの商用車。2017年11月のマイナーチェンジで、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」をAT車に採用し、軽商用車で初めて歩行者も認識し作動する衝突回避支援ブレーキなどを搭載した。

今回の改良では、・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車およびダイハツ工業は、ペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付可能なシステムを12月5日から発売した。

トヨタは「踏み間違い加速抑制システム」の名称で『プリウス』(2009年5月18日〜2015年12月8日)、『アクア』(2011年12月26日〜2018年4月2日)対応製品から販売を開始。車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起を行う。それでもブレ・・・

ニュースを読む

ダイハツ、スマアシ搭載車両の累計販売200万台突破 初搭載から6年

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年12月03日(月) 17時00分

ダイハツは、同社が販売する衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が2018年11月末時点で200万台を突破したと発表した。

スマートアシストは、2012年12月に発売した『ムーヴ』改良新型で初搭載。軽自動車初採用となる衝突回避支援ブレーキなど、先進デバイスをリーズナブルな価格で提供した。2015年4月には、従来のレーザーレーダーに加え、単眼カメラを搭載した「スマートアシストII」へ進化。さらに2016年11月に・・・

ニュースを読む

ダイハツ タントにお買い得な特別仕様車「VSシリーズ」設定

by 丹羽圭@DAYS on 2018年12月03日(月) 16時45分

ダイハツ工業は、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売する。

今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類。ベースグレードに対して、 特別な内外装、パノラマモニター、右側パワースライドドアなどの装備を採用しながら、お求めやすい価格設定とした。

X ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たにしんパワー

 BMアクセラ15XDからの乗換えです。初の輸入車。他社を含めて総勢9車...[ 続きを見る ]

アリス

1年半経過して

車種名:アウディ A4アバント
投稿ユーザー:アリ***** さん
総合評価:

慣れてきたのもあり、可もなく不可もなくですね。 ナビは使いづらいです(軌...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針