スズキ

カーライフニュース - スズキ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スズキのニュース

日本初公開、スズキ カタナ 新型…東京モーターサイクルショー2019[詳細画像]

by ショーカーライブラリー on 2019年03月22日(金) 11時07分

スズキは3月22日から24日まで東京ビッグサイトで開催されている「第46回東京モーターサイクルショー」(東京モーターサイクルショー2019)に、日本初公開となる新型『KATANA(カタナ)』を出品した。

今回のスズキブースは、新型KATANAを参考出品し、1980年から始まる「KATANA」の歴史や魅力を紹介するとともに、初代「GSX1100S KATANA」も展示している。スズキは新型「KATANA」の日本国内での販売を計画しており・・・

ニュースを読む

3月22日に東京ビッグサイトで開幕した東京モーターサイクルショー2019のスズキ・ブースには19年ぶりに復活する新型『KATANA(カタナ)』と1981年に発売された初代『GSX1100S KATANA』が新旧そろい踏みとなっている。

新型KATANAは2018年10月でドイツで開催されたインターモトで世界初公開され、2019年春から欧州で販売が開始され、日本国内での2019年中の発売もアナウンスされている。新型KATANAには『GS・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車とスズキは3月20日、新たな協業について、具体的な検討に着手することに合意した。

両社は、2017年2月6日の業務提携に向けた覚書締結以降、具体的内容の検討を続けてきた。今回、トヨタの電動化技術とスズキの小型車技術といった両社の強みを持ち寄り、生産領域での協業や電動車の普及など、具体的な検討に着手することに合意した。

具体的には、トヨタがスズキへTHS(トヨタハイブリッドシステム)を供給するほか、HVシステム・エンジンお・・・

ニュースを読む

スズキ V-ストローム650/1000、カラーリングを変更 3月28日発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年03月15日(金) 12時15分

スズキは、スポーツアドベンチャーツアラー『V-ストローム』シリーズ4機種のカラーリングを変更し、3月28日より発売する。

V-ストロームシリーズは、1988年発売の野性的で力強いスポーツアドベンチャーツアラー『DR-BIG』のDNAを継承した、シリーズ共通イメージのスタイリングで、フロントには縦型2灯ヘッドライトを採用。トルクフルなVツインエンジンを搭載し、街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングを快適に楽しむことができる。

・・・

ニュースを読む

若桜鉄道にスズキ製バイク『隼』の新ラッピング車…バイクと並走パレード 3月16日

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年03月14日(木) 20時30分

鳥取県の郡家(こおげ)駅(八頭町)と若桜(わかさ)駅(若桜町)を結ぶ若桜鉄道は、スズキ製大型バイク『隼(ハヤブサ)』にちなんだ新しいラッピング列車を3月16日から運行する。

『隼』のラッピング列車は、若桜鉄道にある隼駅(鳥取県八頭町)が『隼』のライダーたちが集まる聖地のような存在になっていることから、町おこしの一環として2016年3月から運行されており、同駅では2009年からスズキの協賛で隼駅まつりが行なわれている。

新ラッピング列・・・

ニュースを読む

スズキは、インターモトで発表した新型『KATANA』(カタナ)を大阪モーターサイクルショー2019(3月15〜17日:インテックス大阪)および、東京モーターサイクルショー2019(3月22〜24日:東京ビッグサイト)で日本初公開する。

新型KATANAは、1980年のケルンモーターショーに出品し、日本刀をイメージした前衛的なデザインで世界のバイクファンの注目を集めた『GSX1100S KATANA』を原点とする新型モデル。今春より欧州・・・

ニュースを読む

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、「2019ワールドカーデザインオブザイヤー」の最終選考3車種を発表した。

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の賞のひとつ。今回は、2017年秋から2018年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。

条件は2019年春まで、世界の少なくとも1市場で販売されて・・・

ニュースを読む

スズキのインド子会社、マルチスズキは3月6日、新型『ワゴンR』(Suzuki WagonR)の新開発の天然ガス車、「S-CNG」を発表した。

新型ワゴンRは、インド現地生産車としては、3代目。新プラットフォームの「ハーテクト」を採用し、インド向けワゴンRとして初めて、Aセグメントの専用ボディを開発した。先代比で全幅を145mm拡大し、さらに広い室内空間を実現した。

エンジンは1.0リットルガソリンエンジンに加えて、よりパワフルな1.・・・

ニュースを読む

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、「2019ワールドアーバンカーオブザイヤー」の最終選考3車種を発表した。

ワールドアーバンカーオブザイヤーは、今回が3度目だ。ワールドアーバンカーオブザイヤーは、世界の人口の50%以上が、都市部に集中していることに着目して、3年前に新設された賞で、都市に似合う車を選ぶ賞となる。

2019ワールドアーバンカーオブザイヤー・・・

ニュースを読む

プロトは、スポーツ系四輪パーツブランド「ネオプロト」より展開中の「クラッチラインNEO」にスズキ『ジムニー』(JB64W)MT車用を追加し、販売を開始した。

クラッチラインNEOは、クラッチホースの膨張を抑えることで、より正確な操作性を実現するステンレスメッシュ・クラッチホース。ホース膨張が原因で起こる、クラッチが切れるポイントの変化を抑え、クラッチの操作フィーリングを向上させる。また、圧力損失を抑えるとともに耐久性も向上。圧着力の高・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Shone

燃費良いです

車種名:ホンダ CR-V(ハイブリッド)
投稿ユーザー:Sho***** さん
総合評価:

150 kmほど走行しました.とても燃費が良いです.現時点での平均燃費は...[ 続きを見る ]

よっちゃん

Suzuki カプチーノのエンジン...

車種名:スズキ ジムニー
投稿ユーザー:よっ***** さん
総合評価:

YouTubeを見ると、価格の残存率が、ポルシェ911並みだそうで、いい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針