スズキ

カーライフニュース - スズキ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スズキのニュース

トヨタとスズキ、協働でインド市場へEV投入…2020年頃

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年11月17日(金) 18時00分

トヨタ自動車とスズキは11月17日、インド市場向け電気自動車(EV)投入に関する覚書を締結したことを発表した。

両社は2月6日、環境や安全、情報技術、商品・ユニット補完等での業務提携に向けた覚書を締結し、以来、様々な協業の検討を行ってきた。その中でインド市場における電動化技術の普及についても協議を行ってきたが、今回、2020年頃にインド市場向けにEVを投入するための協力関係構築に向け検討を進めることで合意した。

具体的には、スズキが・・・

ニュースを読む

スズキ スイフト、RJCカーオブザイヤー受賞…初代から3代連続

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年11月15日(水) 17時21分

スズキの小型乗用車『スイフト』が11月15日、日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2018年次 RJC カー オブ ザ イヤー」を受賞した。

27回目となるRJCカー オブ ザ イヤーの選考は、2016年11月1日から2017年10月31日までに発表された国産車を対象に、RJC会員の投票によって実施。11月1日に「6ベスト」が選出され、その中から11月14日の投票によって2018年次RJCカー オブ ザ イヤーが決・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2017年11月15日付

●小池・希望代表辞任、新党1か月半、都政に専念へ(読売・1面)

●日産工場ISO取り消し、国際規格6工場の国内向け生産(朝日・1面)

●東芝、テレビ事業売却、来年2月にも、中国の海信に(朝日・9面)

●バイク王・・・

ニュースを読む

軽いし、パワーがあるし、自在に操れる。モトクロスで勝つことを目標に開発されたスズキの競技用モデル『RM-Z250』だ。

コーナーではカウンター走行も思うがままで、旋回性の高さが感じられる。ハンドリングが軽く、狙ったラインを外さない。スリッピーな土質でもトラクションがしっかりかかり、アクセルをどんどん開けていけるのだ。

ジャンプが続く立体セクションも衝撃をしっかり吸収してくれる高性能なサスペンションがあり、スロットルレスポンスの鋭いエ・・・

ニュースを読む

スズキは、軽トラック『キャリイ』の安全性向上と機能・装備の充実を図り、11月13日より発売する。

今回の一部仕様変更では、運転席・助手席SRSエアバッグと四輪ABS、運転席・助手席シートベルトプリテンショナー機能を標準装備し、安全性を向上。また、全機種にアクセサリーソケットを標準装備したほか、グローブボックスを約30mm深底にし大型化、CDプレーヤーを2DINサイズへ変更(KXのみ)するなど、機能・装備を充実させた。

価格は72万2・・・

ニュースを読む

スズキは、コンパクトハッチバック『スイフト』の特別仕様車「XGリミテッド」を設定し、11月13日より販売を開始した。

XGリミテッドは、1.2リットルガソリンエンジンを搭載するエントリーグレード「XG」をベースに、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」としてデュアルセンサーブレーキサポートをはじめとするセーフティパッケージを標準装備。また、クロームメッキを施したフロントグリル、本革巻ステアリングホイールを採用して質感を高めた。さ・・・

ニュースを読む

【EICMA 2017】話題騒然のスズキ カタナ…“復活”の実態は?

by 古庄 速人 on 2017年11月12日(日) 23時27分

今回、なんの前触れもなく登場し、EICMAの話題を一気にさらった1台が『カタナ3.0』だ。しかし残念ながら、これはスズキの伝説的モデルが復活することを示唆するものではない。

カタナ3.0の正体は、イタリアの大手二輪車雑誌『MOTOCICLISMO』(モトチクリズモ)の企画で作られたワンオフモデル。スズキ『GSX-S1000F』をベースにしている。かつての『GSX1100Sカタナ』は『GSX1100E』をベースに開発されたが、これと同様・・・

ニュースを読む

スズキが、2018年のモトクロス世界選手権および全日本モトクロス選手権におけるファクトリー体制での参戦を休止する。そんな残念すぎる衝撃的ニュースが10月下旬に流れた。

スズキとオフロードレースの歴史は古く、かつては「イエローマジック」「オフロードのスズキ」とも呼ばれ、スズキの黄色いマシンがモトクロスシーンを席巻した時代も長らくあった。最近でも、2015年にスズキファクトリーチームの小島庸平選手が全日本モトクロスのトップカテゴリー「IA・・・

ニュースを読む

【EICMA 2017】スズキ SV650X 新型を出展…2018年より欧州などで販売開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年11月07日(火) 20時00分

スズキは、11月7日から(一般公開は9日から)12日までイタリアで開催されている二輪車ショー「EICMA2017(ミラノショー)」に新型『SV650X』を出品した。

新型SV650Xは、東京モーターショーで発表した参考出品車「SV650X」の市販予定モデルだ。645cc Vツインエンジン搭載のロードスポーツバイク「SV650」をベースに、ヘッドライトカウルやセパハンなどのカフェレーサースタイルのスポーツカスタムを採用。ヘッドライトカウ・・・

ニュースを読む

5日、東京モーターショーが閉幕した。スズキブースでは午後5時30分からモデルやコンパニオン、説明員が勢揃いしてのグランドフィナーレを実施している。

モーターショーの期間中、「両手の指を合わせてつくるスズキのSマーク」がSNSなどで紹介されたことで注目を集めた山下沙織さん(英会話担当コンパニオン)も登場。彼女の指導(?)もあり、実際には会場に立っていたスタッフの方々は指でSマークをつくれるようになっていて、グランドフィナーレの最中にもあ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

キタのおやじ

2日間車に乗らず。翌日モーター走行...

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:キタ***** さん
総合評価:

先日、出張で2日間車を放置。戻ってきていつもの通勤に使用。朝の通勤時の燃...[ 続きを見る ]

rs2000

のんびりゆったり走るクルマ

車種名:プジョー 508
投稿ユーザー:rs2***** さん
総合評価:

日本ではフルサイズに近いクルマ。1.6リッターターボで1.5t以上動かす...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針