スズキ

カーライフニュース - スズキ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スズキのニュース

さしずめ“インスタ映えする実用車”といったところか。乗って、走らせて、使ってみると、見ただけでは実感できない魅力がわかるクルマだから、だ。

ルックスは『ハスラー』由来であることは確かだろう。けれど軽自動車+αのデザイン代(しろ)分、フェンダーのプレスが丸みを帯び絞りも効かされているなど、より表情豊かにまとめられている。どちらがいい、悪いではなく、クルマのデザインというもの、ボディサイズの違いでこれだけ仕上がりに差ができる…の教材のよう・・・

ニュースを読む

やけに堂々としたデザインに変身した『スペーシア』である。先代が、さらっとして、ちょっと頭でっかちな雰囲気があったのに対し、ウェストライン(窓枠の下端あたりね)を上げ、どっしり感を倍増させている。全高は1785mmと雑誌モデル並みに高く、一般的な立体駐車場には入れないけれど、このクルマを選ぶ人たちの行動範囲であれば、高さ制限より車内の広さ感だろう。

実際、ドアを開けたとき、運転席に座った時の広さと明るさといったらない。シート位置も高くて・・・

ニュースを読む

大ヒットした『ハスラー』の登場から4年、スズキは登録車市場にも魅力的なクロスオーバーSUVを送り出してきた。東京モーターショーに参考出品され、話題をまいた『クロスビー』だ。

車名はクロスオーバーの「X」と「to be exciting」を組み合わせたものだが、語感がよく、覚えやすい。スズキは、スモールカークラスに『スイフト』と『イグニス』、そして『ソリオ』も投入している。イグニスよりさらにSUVテイストを強め、遊び心を加味したのがクロ・・・

ニュースを読む

スズキが1988年に発売し、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』の改良モデルをスクープした。ワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようだ。

フェイスリフトにしては厳重なカモフラージュが施された今回のプロトタイプ。フロントマスクを中心に大きく印象が変わりそうだ。

ラジエーターグリルはハニカムメッシュ状になりよりスポーティに。エアインテークとバンパーデザイン、さらにテールライトのグ・・・

ニュースを読む

スズキ GSX-R1000、チェーン切れのおそれあり…リコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年02月15日(木) 18時18分

SPKは2月15日、スズキの大型二輪『GSX-R1000』のドライブチェーンに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年1月18日〜11月21日に製造された980台(GSX-R1000R含む)。

エンジン制御コンピュータのプログラムが不適切なため、1速からの変速時にギアが2速に入らずニュートラルになった時に、スロットルを開けるとエンジンが空ぶかし状態となり、その状態でクラッチを切らず・・・

ニュースを読む

このスタイルを見ていろいろなクルマを想像している人が多いと思う。軽自動車のSUVとして大ヒットした『ハスラー』の大型版と思う方もいるだろうし、MINI『クロスオーバー』を小っちゃくした感じに見える人もいるだろう。

ここがスズキのうまいところで、「ハスラープラス」や「ハスラーワイド」というネーミングにしないで、新しい車名にすることで軽自動車のイメージを断ち切り、登録車であることを明確にしている。デザインは確かにハスラーを大型化した印象だ・・・

ニュースを読む

スズキは、スポーツネイキッド『GSX-S750 ABS』の仕様を一部変更して2月15日に発売。また、特別色のマットブラックを2月26日に発売する。

GSX-S750 ABSはアグレッシブなスタイリングに、最高出力112psの749cc直列4気筒エンジンを搭載。高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを実現する。

今回の仕様変更では、ハンドルバーをアルミに変更。特別色のつや消し黒「マットブラックメタリックNo.2」を追加・・・

ニュースを読む

スズキ GSX-S1000 シリーズに新色追加

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年02月13日(火) 12時30分

スズキは、ストリートバイク『GSX-S1000 ABS』および『GSX-S1000F ABS』に新色を追加して、順次販売を開始する。

GSX-S1000は、スーパースポーツバイク『GSX-R1000』(海外向けモデル)のエンジンをベースとした直列4気筒エンジンをストリート用にチューニング。最高出力は145psと、高回転域の出力特性を損なうことなく、力強い低中速トルクにより街中やワインディングロードでの高揚感のある加速が楽しめる。外観で・・・

ニュースを読む

20年振りのフルモデルチェンジが実行されるスズキ『ジムニー』だが、その次期型にもトレッドをワイド化した普通車カテゴリーの『シエラ』が設定される可能性が高いことが判明した。

レスポンスの兄弟サイト、Spyder7では開発中のテスト車を捉えた写真を入手しているが、今回はそれを参考にCGを制作。ほぼこのデザインで発売されるはずだ。次期型ボディでもワイドフェンダーやスキッドプレートを装着し、ボンネットにはパワーバルジを持つ。

ベースモデルの・・・

ニュースを読む

スズキは、福祉車両ウィズシリーズに新型『スペーシア 車いす移動車』を設定し、2月9日より販売を開始した。

新型車は、昨年12月に全面改良した広い室内空間の新型『スペーシア』をベースにした福祉車両。介助者の負担を軽減するため、ワンアクションで簡単に開閉できるテールゲート一体型スロープを採用し、車いすでのスムーズな乗り降りをサポートする。

また予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用したことで、「サポカーS ワイド」に該当。衝・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ヒーワ

プリウス50

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:ヒー***** さん
総合評価:

シートが堅い、乗り心地も悪い腰にくる、ショックが良くないのか、誰かがクラ...[ 続きを見る ]

はげたこうどん

新車購入してから16年

車種名:トヨタ ファンカーゴ
投稿ユーザー:はげ***** さん
総合評価:

2002年2月に購入してからもうすでに210000Km走行 1300エン...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針