新型

カーライフニュース - 新型 (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日本板硝子は、トヨタ 新型『プリウスPHV』の印象的なリアビューを演出する「ダブルバブルウインドウ」を製造・提供している。

新型プリウスPHVのリアガラスは、センターに溝があり2つの膨らみを持つ形状のダブルバブルウインドウとなっている。この特殊な形状は、日本板硝子のシミュレーション技術を駆使した型の設計と、独自開発のリアガラス用プレス設備で培ってきた経験によって、製造が可能となった。この形状によりキャビン側面の気流がリアガラスに吸い寄・・・

ニュースを読む

【トヨタ プリウスPHV 新型】ブリヂストン、エコピア EP150を新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年02月16日(木) 18時52分

ブリヂストンは、トヨタ自動車が2月15日に発表した新型『プリウスPHV』の新車装着タイヤとして、「エコピア EP150」の納入を開始した。

今回装着されるエコピア EP150は、同社の材料技術である「ナノプロ・テック」を適用したゴムを採用することなどにより、安全性能や操縦性能を維持しながら転がり抵抗の低減を追求している。

納入タイヤサイズは195/65R15 91S。・・・

ニュースを読む

【トヨタ プリウスPHV 新型】ダンロップ ENASAVE EC300+を新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年02月16日(木) 18時45分

住友ゴム工業は、トヨタ自動車の新型『プリウスPHV』に、ダンロップの環境タイヤ「ENASAVE EC300+」の納入を開始したと発表した。

ENASAVE EC300+は、新型プリウスPHVの求める高い環境性能を実現するため、ダンロップ「ENASAVE」シリーズの開発で培った低燃費タイヤ技術を投入。タイヤの転がり抵抗低減による燃費性能の向上はもとより、安全性能や乗り心地を高次元でバランスさせている。

納入タイヤサイズは195/65R・・・

ニュースを読む

中部電力は、家庭向けWEBサービス「カテエネ」にて、新型『プリウスPHV』ユーザー向けに、エコ運転や充電をサポートする新サービス「カーエネ」の提供を2月15日より開始した。

カーエネは、プリウスPHVに装着される車載通信機(DCM : データ・コミュニケーション・モジュール)を通じて得ることができる、EVモード走行距離や自宅充電量などの情報に基づく、トヨタ自動車と電力会社が共同で提供する「PHVつながるでんきサービス」のひとつ。

カ・・・

ニュースを読む

ドイツのメルセデスベンツは2月14日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2017において、新型『Eクラス カブリオレ』を初公開すると発表した。

Eクラスに関しては、すでにセダンとステーションワゴンに新型が登場。また、「オールテレーン」と呼ばれる全天候型の走破性能を備えたクロスオーバー車も派生した。

さらに2017年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2017では、『Eクラス クーペ』の新型がデビュー。Eクラス・・・

ニュースを読む

豊田自動織機は、プラグインハイブリッド自動車(PHV)用の電動コンプレッサーと充電器を新開発。2月15日に発売されたトヨタの新型『プリウスPHV』に搭載された。

今回開発した電動コンプレッサーは、量産車では世界初となるガスインジェクション機能を搭載する。一度圧縮した冷媒の一部を再びコンプレッサーで圧縮することで、寒冷時での暖房能力を約3割向上。氷点下でもエンジンを作動させずにヒートポンプ暖房が可能となり、EV走行範囲を拡大し、燃費低減・・・

ニュースを読む

ホンダは2月15日、米国インディア州のホンダ・マニュファクチャリング・オブ・インディアナにおいて、新型『CR-V』の生産を開始した。

インディア工場での新型CR-Vの生産は、ホンダのメキシコ工場での生産分を移管する形で実現したもの。ホンダは2016年3月、インディア工場に5200万ドルを投資すると発表。新型CR-Vの生産に備えてきた。また、この投資は、100名の新規雇用を創出する。

なお、新型CR-Vは、米国のオハイオ州イーストリバ・・・

ニュースを読む

新型BMW『5シリーズ』は、走行性能や燃費などのドライビングダイナミクス改善のために、軽量化とエアロダイナミクス向上に取り組んだ。

軽量化においては、アルミニウム高張力鋼板やマグネシウムなどの素材を組み合わせることで、最大で100kg、日本仕様においては最大80kgの重量低減を実現。具体的にはルーフ、ドア、エンジンフード、トランクリッドなどにアルミ合金を採用することなどで、「ブレーキ性能、ハンドリング、加速性能向上に繋がっている」とは・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は2月15日、『プリウスPHV』を約5年ぶりに全面改良して発売した。注目の新技術のひとつが、駆動用の電気を得るための「ソーラー充電システム」で、駆動用としては世界初の実用化となった。

ルーフ上に最大出力180Wのソーラーパネルを搭載している。駐車時に得た電気は動力用バッテリーに蓄え、また走行時の発電分は12ボルトバッテリー系統に供給してオーディオ用など充てる。

名古屋地区の年間日照データを基にしたトヨタの試算によると、1・・・

ニュースを読む

米国の自動車大手、フォードモーターは、新型スーパーカーのフォード『GT』のサーキットテストの結果を明らかにし、「マクラーレンやフェラーリよりも速い」と発表した。

新型フォードGTはミッドシップに、新開発の3.5リットルV型6気筒ツインターボ「エコブースト」エンジンを搭載。最大出力647hp、最大トルク76kgmを引き出す。

また、トランスミッションは7速デュアルクラッチで、トランスアクスルレイアウトを採用。最高速は347.6km/h・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2015-2016
ただしがe燃費を使ってみるようです
自動車保険一括見積もり

車レビュー

inakappoi

e-powerじゃない方

車種名:日産 ノート
投稿ユーザー:ina***** さん
総合評価:

e-powerかノーマルか悩んで、初期費用の安いノーマルにしました。 価...[ 続きを見る ]

ささきこじろう

山道でもパワフル

車種名:ホンダ ヴェゼル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:ささ***** さん
総合評価:

ヴェゼルを購入して初めての山道ドライブに行ってきた。 ◯◯山ドライブウェ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針