新型

カーライフニュース - 新型

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

6月に発表になったレクサス『LS』に搭載された、先進の予防安全支援システム。速度調整からハンドル支援まで積極的に採用され、おそらくN社なら“ぶっちぎった”広告宣伝をするところだろうが、トヨタはあくまでも「自動運転につながる技術」という表現にとどめる。

運転支援が新車購入を左右するこのご時勢に購入意欲喚起には今ひとつな表現ではあるものの、トヨタの理性と誠実さが前面に押し出された格好である。それに、実際に試乗してみるとこれら機能は、やはり・・・

ニュースを読む

プジョー、7人乗りSUVの新型5008 を日本市場投入…404万円より

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年09月25日(月) 20時00分

プジョー・シトロエン・ジャポンは、ミニバンから7人乗りSUVに生まれ変わった新型プジョー『5008』を9月25日より発売した。

新型5008は『3008』同様、新プラットフォーム「EMP2」を採用し、ボディサイズは全長4640×全幅1840(1860mm:GT)×全高1650mm、ホイールベースは2840mm。全幅・全高は3008と同等レベルで、フロントオーバーハングからフロントドアまでは共通だが、ホイールベースを165mm、全長を1・・・

ニュースを読む

国内最大級のクロスカントリーJNCCの第7戦が24日、新潟県糸魚川市のシーサイトバレースキー場にて開催された。この大会が終わると残すは最終戦AAGPのみ。クラスによっては年間チャンピオンも決まる大事な一戦だ。

土曜日に降り続いた雨の影響が心配されたが、レース当日は快晴。コンディションも急激に回復した。一部、COMP-GPで予定されていたセクションがカットされたが、それ以外は大きな渋滞が発生することもなく、快適なクロスカントリーレースと・・・

ニュースを読む

スズキは東京モーターショーで、電気モーターを搭載した四輪独立駆動のコンパクトSUV『e-SURVIVOR』(イー・サバイバー)、“わくわく”や“楽しさ”を感じる 軽ハイトワゴン『スペーシアコンセプト』、新ジャンルのクロスオーバーワゴン『XBEE』(クロスビー)などを展示する。

ワールドプレミアは7車種のべ10台、出品予定台数は合計20台。また、自動ブレーキや誤発進抑制機能をはじめとするスズキの予防安全技術の総称を「スズキセーフティサポ・・・

ニュースを読む

VWの「R計画」着々と…新型SUV T-ROC にも310馬力スポーツ仕様

by 子俣有司@Spyder7 on 2017年09月24日(日) 08時00分

フォルクスワーゲンが8月に初公開した、コンパクト・クロスオーバーSUV『T-ROC』。なんとこのT-ROCにも走りの「R」モデルが追加されるという。市販型プロトタイプの姿を初めてスクープした。

T-ROCは、新世代モジュラープラットフォーム「MQB」を採用。VWのラインナップでは最小のSUVとなり、『ティグアン』の下に位置するモデルだ。クーペルーフを持ち、スタイリッシュでダイナミックなフロントマスクを特徴としている。

まだテストミュ・・・

ニュースを読む

ホンダ車の純正用品を手がけるホンダアクセスは、新型『N-BOX』向けにも多数のアイテムを開発。その中で男のレポーターでも(理由は後述)「ほぉ!」と思わせられた“提案”があったので、ここでご紹介しておこう。

「北欧スタイルコレクション」と銘打たれた仕様がそれだ。新型N-BOXの乗り方の提案のひとつで、主に女性に向けたインテリアの快適性アップがテーマ。“北欧”としたのは、シンプルでナチュラルな北欧のイメージを採り入れたかったから、とのこと・・・

ニュースを読む

マツダが米国において、新たなエンジン技術の特許を申請していたことが分かった。

これは、米国USPTO(特許商標庁)が公式サイトで明らかにしているもの。マツダから申請を受けた「スーパーチャージャーエンジン技術」に関する特許の内容を公開している。

この技術のハイライトが、2個のターボチャージャーに、電動スーパーチャージャーを加えた3つの過給システムを持つ点。電動スーパーチャージャーが主に低回転域を受け持ち、ターボラグを解消。一方、2個の・・・

ニュースを読む

ポルシェ カイエン 新型、新コネクト機能を導入

by 森脇稔 on 2017年09月22日(金) 16時15分

ポルシェは9月21日、新型『カイエン』に新しいコネクト機能を導入すると発表した。

新型カイエンでは、完全にネットワーク化されたSUVのほぼ全ての車両機能を、「ポルシェ アドバンストコックピット」の高解像度ディスプレイとタッチスクリーンによって操作・表示できるのが特徴。

ポルシェアドバンストコックピットの新開発ディスプレイとコントロールコンセプトの核となるのが、新世代のPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム)の1・・・

ニュースを読む

NXP、新型プロセッサー発売…高度な自動運転車向け

by 森脇稔 on 2017年09月22日(金) 15時00分

オランダに本拠を置く車載半導体サプライヤー大手、NXPセミコンダクターズ(NXP)は9月21日、自動運転などのADAS(先進運転支援システム)向けの新型プロセッサーを発売した。

この新型プロセッサーは、「S32V」と呼ばれるもの。同社によると、ビジョンデータにセンサデータを組み合わせることにより、車が周囲の状況を正確に把握できるようになることが、レベル5の完全自動運転車の実現のカギになるという。S32Vプロセッサーは、フロントカメラや・・・

ニュースを読む

メルセデス、米工場に投資---EQブランドの新型EV生産へ

by 森脇稔 on 2017年09月22日(金) 14時30分

メルセデスベンツは9月21日、米国アラバマ州タスカルーサ工場に10億ドル(約1120億円)を投資し、新型EVの生産に備えると発表した。

タスカルーサ工場は1995年に設立。1997年、初代『Mクラス』(現『GLE』)の生産を開始した。後に、『GLクラス』(現『GLS』)と『Rクラス』も生産車種に追加。2014年6月には、新型『Cクラスセダン』の組み立ても、同工場で開始。2016年には、年間31万2000台以上を生産している。

今回の・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

lian durasub

燃費競争だけに囚われない王道

車種名:ホンダ N BOX
投稿ユーザー:lia***** さん
総合評価:

先日nboxに乗り換えました。 以前はワゴンRの21sノンターボ、今回も...[ 続きを見る ]

ライム

細いタイヤ

車種名:トヨタ ラウム
投稿ユーザー:ライ***** さん
総合評価:

165/70/14。ホイールキャップです。ozレーシングのセンターキャッ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針