新型

カーライフニュース - 新型

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMWは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018において、『2シリーズ アクティブ ツアラー』のプラグインハイブリッド車(PHV)の改良新型モデルを初公開すると発表した。

PHVグレードは「225xe」を名乗り、BMWブランド初のFF駆動車となった2シリーズ アクティブツアラーの基本構造を踏襲。フロントに積まれるのは、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン。最大出力136hp、最大トルク22.4kgmを発生す・・・

ニュースを読む

光岡自動車は全面改良したオープン2シーター『ヒミコ』を2月23日に発売した。デザインを手がけた渡辺清和デザイナーは「初代のヒミコのフォルムを踏襲している」としながらも、「新型では思い切って抑揚を激しく、形状を複雑にして、もっと個性的なものにした」と語る。

なかでも「一番特徴的なのがフェンダーのライン」だと渡辺デザイナーは明かす。「初代のヒミコから変えないで造った部分が長さ、灯火類、グリル。これらはヒミコの形状の一部なので変えずに、今回・・・

ニュースを読む

これがBMW Z4 新型だ!CGを入手…発表は3月以降か

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年02月23日(金) 10時00分

BMWとトヨタの共同開発により誕生するライトウェイトスポーツ『Z4』新型。その最終デザイン・レンダリングCGを入手した。また、3月のジュネーブモーターショーで市販モデルの発表が期待されていたが、出展が見送られる可能性が高いことも新たに判明した。

CGでは、コンセプトモデルとは異なるハニカムメッシュのエアインテークが見られ、エアロダイナミクスを高めるスポーティなバンパーデザインとなっていることがわかる。吊り上がったヘッドライトの形状はコ・・・

ニュースを読む

イタルデザインは2月22日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアする『ゼロウーノ』のロードスターの画像を公開した。

ゼロウーノは2017年に発表。新たに立ち上げられた「イタルデザイン・アウトモービリ・スペチアーレ」ブランドの第一号車。新ブランドは、世界のコレクターに向けて、市販車を非常に少量のみ生産するのが特徴で、ゼロウーノの生産台数もわずか5台。

ボディはすべてカーボンファイバー製。ミッドシッ・・・

ニュースを読む

ボルボカーズは2月21日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、新型『V60』のプラグインハイブリッド車(PHV)を初公開すると発表した。

ボルボカーズは新型『XC90』を皮切りに、新型『S90』、新型『V90』、新型『XC60』に、新世代PHVパワートレーンを搭載した「T8」グレードを設定している。

新型V60にも、さっそくPHVのT8をラインナップ。このパワートレーンは、「ツインエンジン」を名乗る。2・・・

ニュースを読む

中国に本拠を置くLVCHIオートが3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアする予定の新型EV。同車のティザーイメージが公開された。

LVCHIオートは、中国上海に設立された新興自動車メーカー。中国政府が主導するNEV(ニュー・エナジー・ビークル)政策に沿う形で、EVの開発を進めてきた。

そのLVCHIオートが3月、ジュネーブモーターショー2018において、新型EVをワールドプレミアする計画。この新型・・・

ニュースを読む

プジョーは2月22日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、新型『508』を初公開すると発表した。

現行プジョー508は2010年秋、パリモーターショー2010で発表。プジョーのDセグメント車で、『407』と『607』を統合した後継車に位置づけられる。ボディタイプはセダンとステーションワゴンの「SW」がある。

ジュネーブモーターショー2018では、およそ8年ぶりのモデルチェンジを受けて、新型508がワール・・・

ニュースを読む

プジョーは2月21日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018で初公開する新型車の『リフター』に、最新の「i-Cockpit」を搭載すると発表した。

リフターは、プジョーの主力商用車および小型MPV、『パートナー』の後継モデル。現行パートナーは2008年に登場。およそ10年ぶりのモデルチェンジを機会に、車名をリフターに一新している。

このリフターに、プジョー車向けの新世代コクピット、i-Cockpitを搭載。i-Co・・・

ニュースを読む

光岡 ヒミコ 新型「量生産車では味わえない特別な価値観」

by 小松哲也 on 2018年02月22日(木) 14時30分

光岡自動車は全面改良したオープン2シーター『ヒミコ』を2月23日から販売を開始すると発表した。価格は498万8800〜598万3200円となっている。

外観は初代のキープコンセプトではあるものの、ホイールベースを120mm短くする一方で、フロントオーバーハングを140mm延長することで、より立体的で彫の深い造形になっているのが特徴。

ヒミコの開発責任者を務める青木孝憲開発課課長は同日都内で開いた発表会で「これだけのロングノーズで美し・・・

ニュースを読む

光岡 ヒミコ 新型発表、4代目ロードスターベース…497万8800円より

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年02月22日(木) 13時15分

光岡自動車は、4代目マツダ・ロードスターをベースとした新型『ヒミコ』を発表。2月23日より販売を開始する。

ヒミコは、ロングノーズ&ショートデッキからなる美しいプロポーションが特徴のクラシカル2シーターオープン。新型モデルは、2008年12月の初代モデル誕生以来のコンセプトを継承しながらも、より洗練されたデザインに生まれ変わった。

新型モデルは、後方へと流れるクラシカルなフロントフェンダーにLEDイルミネーションランプを配置したほか・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

パパス

大人の遊び車

車種名:三菱自動車 パジェロミニ
投稿ユーザー:パパ***** さん
総合評価:

96年式のH56Aに乗ってます。 ノンターボだと坂道では減速し40キロ出...[ 続きを見る ]

パパス

家族のスキーエクスプレスに最適

車種名:スバル エクシーガ
投稿ユーザー:パパ***** さん
総合評価:

D型2.0i-sとF型2.5アイサイトを乗り継いでます。 どうしても箱型...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針