新型

カーライフニュース - 新型

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アウディは7月22日、大型SUVの『Q7』の高性能モデル、『SQ7 TDI』(Audi SQ7 TDI)の改良新型を欧州で発表した。

SQ7 TDI 改良新型は、アウディの高性能車、「Sモデル」の最新作だ。ベース車両のQ7に、欧州で改良新型が発表されたのを受けて、『SQ7』にも改良新型が登場している。

◆Sモデルらしいスポーティな内外装

内外装は、アウディのSモデルらしいスポーティな仕上げとした。フロントマスクには、アウディの最新・・・

ニュースを読む

スマートが、EVモデル『EQフォーツー』および『EQフォーフォー』改良新型の開発に着手した。そのプロトタイプをカメラが初めて捉えた。

「EQ」は、メルセデスベンツが電動化に特化した新ブランドとして立ち上げ、スマートにも展開している。

今回キャッチしたのは、4ドアの「EQ フォーフォー」だ。フロントマスクは完全にカモフラージュされているが、一部見えるグリル形状は、2017年に公開された完全自動運転車『ビジョンEQフォーツー』を彷彿させ・・・

ニュースを読む

◆軽量スポーツと錯覚するほど軽い身のこなし

せっかく気合を入れてスポーツカーを作るなら、危険な香りがするくらい鋭く曲がったほうが刺激的で楽しい。

新型トヨタ『スープラ』の出来栄えは素晴らしく、そんな期待を裏切らなかった。車両前部が重い6気筒エンジン搭載車は物理特性として曲がり始めが苦手だが、新型スープラはタイトでツイスティな峠道を走ってもそんなことを感じさないほどシャープに切り込み、軽量スポーツカーかと錯覚するほど軽い身のこなしが印・・・

ニュースを読む

スバル アウトバック 新型、2万6645ドルから…この秋発売

by 森脇稔 on 2019年07月23日(火) 19時00分

SUBARU(スバル)の米国部門は、新型『アウトバック』(SUBARU OUTBACK。日本名:『レガシィアウトバック』に相当)の米国ベース価格を、2万6645ドル(約290万円)と発表した。この秋から販売店の店頭に並ぶ。

◆現行比で75mm背が高いSUVらしいデザイン

6世代目となる新型のエクステリアは、スバル共通のデザイン理念「DYNAMIC×SOLID」をアウトバックのキャラクターに適応させ、「アクティブ&タフ」というデザイン・・・

ニュースを読む

日産自動車(Nissan)の欧州部門は7月22日、9月3日に発表予定の新型車の新たなティザーイメージを公開した。

欧州日産は今回、この新型車のフロントマスクを正面から捉えたティザーイメージを1点配信した。

スリムなLEDポジショニングランプの下側には、独立した丸型ヘッドライトが配されている。このライト配置は、現行『ジューク』の個性のひとつであり、新型車が次期ジュークである可能性が高い。

なお、次期ジュークに関しては、9月3日に発表・・・

ニュースを読む

◆ディーゼルの知見をもつアウディ

遡るとアウディ『100』(『A6』の前身)の時代に、2リットル5気筒ディーゼルが日本市場にも正規輸入されたことがある(1979年の“L5D”)。その後、直噴ターボディーゼルのTDIが開発され、4気筒、V6、V8と展開。アウディによればこのTDI搭載車の累計生産台数は800万台以上という。


ざっと前述のような経緯と知見をもつアウディが送り出す、新時代のクリーンディーゼルが『Q5』に搭載されるパワーユ・・・

ニュースを読む

シボレー コルベット 新型、コンバーチブルの設定が決定

by 森脇稔 on 2019年07月23日(火) 11時30分

GMのシボレーブランドは、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)の発表プレゼンテーションにおいて、「コンバーチブル」を近い将来、設定すると発表した。

過去のコルベットには、オープン版のコンバーチブルが用意されてきた。例えば、先代モデルのルーフシステムは、走行中でも50km以下なら、開閉することができる設計とした。

また、先代モデルには、厚い三重構造の布地を採用して、防音効果を高め・・・

ニュースを読む

アウディは、新型『A8』(Audi A8)の欧州仕様車に、「AIアクティブサスペンション」を2019年8月から設定すると発表した。ドイツ本国での価格は、車両価格プラス5400ユーロ(約65万円)と公表されている。

◆路面の凹凸を先読みしてサスペンションを制御

AIアクティブサスペンションは、レーザースキャナーやカメラセンサーを用い、路面の凹凸を先読みすることで、サスペンションストロークをアクティブ制御するシステムだ。四輪それぞれに最・・・

ニュースを読む

7月16日に発表された日産『スカイライン』改良新型のガソリン車には、スカイライン史上最高の405PSを実現した「400R」仕様がラインアップされた。スカイライン改良新型は「VR30DDTT」型3.0リットルV6ツインターボエンジンを新たに搭載している。

VR30DDTTエンジンの開発にあたり日産は、プレミアムスポーツセダンとしての運転の楽しさと圧倒的な走行性能を追求したという。ドライバーは、様々な走行シーンにおいてアクセルを踏んだ瞬間・・・

ニュースを読む

フルモデルチェンジしたホンダ『N-WGN』のボディカラーは、全体のデザインコンセプト、「私の毎日ハッピーベーシック」をもとに開発された。その詳細についてカラーデザイナーに話を聞いた。

◆飽きの来ないノイズレスなカラーを目指して

----:N-WGNのデザインコンセプトは“私の毎日ハッピーベーシック”で、これは内外装、カラーとも同じとのことですね。それを踏まえ、カラーデザインとして心掛けたことは何でしょう。

ホンダ技術研究所オートモ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

久保田

デミオ1.5D AT 10万Km燃...

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:久保***** さん
総合評価:

デミオ1.5D  10万Km燃費データー 走行距離      ...[ 続きを見る ]

ねばくん

燃費が悪化する条件が見えてきました...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

使用グレード:G 5MT あちらこちらの道路を走って、燃費悪化の条件が...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針