新型

カーライフニュース - 新型

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ自動車の欧州部門は、商用車の『プロエースシティ』(Toyota Proace City)の改良新型を2024年、欧州市場で発売すると発表した。EV版の「プロエースシティ・エレクトリック」も設定される。

プロエースシティは、トヨタとステランティスの提携の成果となるOEMモデルだ。プロエースシティは、ステランティスの小型商用車、プジョー『パートナー』、シトロエン『ベルランゴ』、フィアット『ドブロ』と車台やエンジン、ボディの一部を共用・・・

ニュースを読む

『MX-30』と名の付くクルマが誕生したのは2019年のこと。日本市場に最初に投入されたのは24Vのマイルドハイブリッド仕様(MHEV)だった。ヨーロッパでは先行してBEVが投入されたが、日本でBEVが投入されたのはMHEVから4か月ほど遅れて2021年1月にデビューである。

試乗会の時はいざ知らず、その後じっくり乗せて頂くとやはり負の側面が大きく顔をもたげた。それは当時試乗した試乗車の価格(506万円)がファーストカーに対して支払う・・・

ニュースを読む

◆「どこのイケメンですか」と尋ねたくなる高身長
今回のワンポイント確認は、「まさにBOX(箱)で背が高いけれど、走りはどうなの?」である。

ホンダの「Nシリーズ」のなかでも、一番、“箱”な『N-BOX』である。高さは1790mmと、どこのイケメンですかと尋ねたくなる高身長だ。もちろん、軽自動車規格なので背は高くとも、全長も全幅も、ちまっと小さく、車庫に入れるとびっくりするくらいコンパクトにたたずんでいる。

運転席に座ると、まあ、広い・・・

ニュースを読む

MINIは、3ドアハッチバック新型のEV『クーパーSE』に、欧州で「JCW(ジョン・クーパー・ワークス)」仕様を設定すると発表した。EVパワートレインは変更を受けていない。

JCW仕様のモーターは、クーパーSEと同じで、最大出力218hp、最大トルク33.6kgmを発生する。0〜100km/h加速は6.7秒だ。バッテリーの蓄電容量は54.2kWh。これにより、1回の充電での航続は402km(WLTPサイクル)を可能にしている。

内燃・・・

ニュースを読む

◆ICEシリーズとの統合1歩目を踏み出した
ファーストモデルの日本導入は確か2020年末だったから、今回の試乗会で実車を目の前にして、もうフェイスリフト?というか、まだ3年しか経っていないのに!? という感は否めなかった。2020年後半といえばコロナ禍の真っ最中だったから、アウディ初の純BEV市販モデルとして、満足のいくモデルライフを過ごしているとは言い難いのかもしれない。

ふり返れば、『e-tronスポーツバック』と名のっていた頃は・・・

ニュースを読む

スズキは「エネルギッシュ×軽やか」をコンセプトとする新型『スイフト』をCVT車は12月13日、5MT車は来年1月17日に発売。外観はラウンド形状で先進的な印象を与え、内装はドライバーとの一体感を強調。新開発のエンジンとCVT、高い空力性能により燃費性能と走行性能を両立。また、ドライバーモニタリングシステムを初採用など安全装備も充実。「クルマと日常を愉しめる」という新たな価値が加わり、進化した。・・・

ニュースを読む

アルファロメオ(Alfa Romeo)は12月7日、新型車と見られるティザー映像を公開した。

ティザー映像には、車体にカモフラージュをまとった新型車が登場する。ボンネットからフロントフェンダーにかけて、紹介されており、赤いボディカラーにはアルファロメオの黒いロゴマークが描かれている。

また、ティザー映像には、6桁の数字と「N」、「E」の記号が。これは、緯度と経度を示していると見られ、北緯のNと東経のEが交わる地球上の「ある場所」を指・・・

ニュースを読む

スズキは、福祉車両ウィズシリーズに、『スペーシア』新型をベースとした車いす移動車を設定し、2WD車は12月22日、4WD車は2024年3月21日に発売する。

スペーシア 車いす移動車 新型は、ベースモデル同様、安全装備を充実。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポートII」、「低速前進時ブレーキサポート」、「後退時ブレーキサポート」を全車に標準装備した。

デュアルセンサーブレーキサポートIIは、ミリ波レーダーと単眼カメラ・・・

ニュースを読む

無限ブランドを展開するM-TECが新型ホンダ『オデッセイ』用の各種アクセサリーパーツを発表、順次全国のHonda Carsおよび無限パーツ取扱店より発売が開始される。

エクステリアでは、レーシングマシンに採用しているドライカーボン製の「カーボンフロントロアスポイラー」(税込価格24万2000円)を設定。フロントバンパー下部に装着するデザインとし、スポーティな個性と高級感を高めている。併せてフロントグリル上部へドライカーボン製に無限ロゴ・・・

ニュースを読む

スズキは、コンパクトハッチバック『スイフト』をフルモデルチェンジし、CVT車を2023年12月13日より、5MT車を2024年1月17日より発売する。パッケージングは、従来のコンパクトで取り回しの良いボディサイズを踏襲した。

新型スイフトは、エネルギッシュで軽やかなデザインと高い走行性能が進化し、更なる安全性と利便性を持った「スマートコンパクトカー」が商品企画。一目で印象的に残るデザインを目指し、インテリアではインパネとドアトリムをつ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

グランパパ

リコール

車種名:日産 セレナ
投稿ユーザー:グラ***** さん
総合評価:

2023にECOモータがリコール発表 9月にカバー取り付けましたが、10...[ 続きを見る ]

Yasuhiro

オーラNISMO

車種名:日産 ノート オーラ(e-POWER)
投稿ユーザー:Yas***** さん
総合評価:

オーラNISMOに乗って、丸1年になりました。 走行性能は二重丸です。特...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針