新型

カーライフニュース - 新型

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三菱 パジェロスポーツ 新型、7月に欧州発売へ

by 森脇稔 on 2018年06月20日(水) 23時49分

三菱自動車は6月19日、欧州で新型『ショーグンスポーツ』(グローバル名:新型『パジェロスポーツ』)を発表した。7月に販売を開始する予定。

初代パジェロスポーツは、1996年に誕生。日本市場では、『チャレンジャー』として販売された。2世代目となるパジェロスポーツは、2008年に発表。新型パジェロスポーツは3世代目モデルとなる。

新型パジェロスポーツは、タイ、オーストラリア、ASEAN、中東、アフリカ、中南米、ロシアなど、世界およそ90・・・

ニュースを読む

BMW 8シリーズ クーペ 新型、ベース価格は10万ユーロと発表

by 森脇稔 on 2018年06月20日(水) 21時00分

BMWグループは6月19日、新型BMW『8シリーズクーペ』のドイツ本国価格を公表した。ベース価格は10万ユーロ(約1275万円)となる。

新型8シリーズクーペには、ディーゼルエンジンの「840d xDrive クーペ」と、ガソリンエンジンの「M850i xDrive クーペ」の2グレードをラインナップ。

840d xDrive クーペには、3.0リットルの直列6気筒ターボディーゼルエンジンを搭載。最大出力320ps、最大トルク69.・・・

ニュースを読む

スバル(SUBARU)が7月19日から日本国内で順次販売を開始する新型『フォレスター』には、ドライバーの動きを検知して安全運転を支援するドライバーモニタリングシステムが新たに採用された。

新型フォレスターの開発責任者を務める布目智之プロジェクトゼネラルマネージャー(PGM)は「安全性をさらに高めるしシステムだが、新型フォレスターでは快適な分野への活用も考えた」と話す。

ドライバーモニタリングシステムは、ドライバーがクルマに乗り込むと・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機は、ROV(Recreational Off-highway Vehicle。ATA、サイドバイサイドとも)の新製品として、2人乗りレクリエーショナルモデル『ウルヴァリンX2』を6月から北米市場などで発売する。

ROVは、北米を中心に業務、レクリエーショナル、スポーツといった幅広い市場があり、ヤマハ発動機は2013年に発売した第1弾『バイキング』を皮切りに、RV事業の主力製品としてラインナップを拡充してきた。

ウルヴァリ・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は、新型『Sクラスクーペ』および『Sクラスカブリオレ』を発表、6月20日より販売を開始した。

新型Sクラスクーペ/カブリオレは、安全性と快適性、効率性を高次元で融合する「インテリジェントドライブ」が大きく進化。テレマティクスサービス「メルセデス ミー コネクト」、新開発パワートレインの導入、リアコンビネーションランプに有機ELを採用するなど、最先端技術を積極的に取り入れた。

エクステリアでは、フロントおよびリア・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は6月20日、主力SUVの新型『フォレスター』を7月19日に発売すると発表した。2012年11月以来の全面改良であり、月間2500台の販売を計画している。

動力は新開発の2.5リットルDOHC直噴ガソリンエンジンのほか、2.0リットルの同エンジンにモーターを組み合わせたスバル独自のハイブリッド車(HV)システム「e-BOXER」を設定した。また、安全運転支援と快適の新装備「ドライバーモニタリングシステム」も実用化・・・

ニュースを読む

スバル(SUBARU)が7月19日から日本国内で順次販売を開始する新型『フォレスター』は、2.5リットル直噴エンジンと、e-BOXERと名付けた2.0リットル直噴エンジンとモーターを組み合わせた2つのパワートレインが設定されている。

新型フォレスターの開発責任者を務める布目智之プロジェクトゼネラルマネージャー(PGM)は「乗り味は実際に乗って頂くと本当に違うとわかる。きっと好みが分かれると思う」と語る

まず2.5リットル直噴エンジン・・・

ニュースを読む

アウディは6月20日、新型『A1スポーツバック』を発表した。欧州では今夏から受注を開始し、今秋発売される予定。

アウディ『A1』は、アウディブランドの入門コンパクトハッチバックとして2010年春、ジュネーブモーターショー2010で3ドアがデビュー。2011年秋、東京モーターショー2011では、5ドアのA1スポーツバックが発表された。

今回、発表された新型A1は、2世代目モデル。新型には3ドアは用意されず、5ドアのA1スポーツバックの・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は20日、ニューヨークモーターショー2018でワールドプレミアをした新型『フォレスター』を日本でも発表した。フルモデルチェンジの開発コンセプトは“快適”と“冒険”だという

◇スバルの屋台骨

フォレスターの歴史は、21年前の1997年に始まる。当時は『レガシィ』もターボ全盛で、フォレスターも当初はターボモデルのみの販売だった。インディアナポリスで24時間のSUV世界最高速度の記録を樹立したことでも知られている。
・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は6月20日、新型『フォレスター』を日本市場で発表した。7月19日に「Premium」、「Touring」、「X-BREAK」の各グレードを、9月14日に「Advance」グレードを発売する。

第5世代となる新型フォレスターは、スバルが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車だ。スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を採用、安全な走行をサポートする。モーターアシストによる加速により、日常シーン・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

horiuchi518

レンタカーとして乗りました。

車種名:トヨタ シエンタ
投稿ユーザー:hor***** さん
総合評価:

アクセルを踏んだときの一瞬の加速の出遅れなど、 ちょこちょこネットで見る...[ 続きを見る ]

FD乗り

燃費と感想

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

走行距離4600kmの実績、感想。(下記燃費は車載メーター。エコモード、...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針