ハイブリッド

カーライフニュース - ハイブリッド

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダは6月24日、2021年秋に発売を予定している新型『シビック』を世界初公開した。日本市場に投入する新型はハッチバックのみで、まず1.5リットルエンジン搭載車を先行発売し、2022年にはハイブリッドモデルおよび『タイプR』も追加設定する。

◆グランドコンセプトは「爽快シビック」


11代目となる新型シビックのグランドコンセプトは「爽快シビック」。開発責任者を務める佐藤洋介氏は「お客様にとっての一服の清涼剤のようなそんなクルマにし・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは6月16日、新型メルセデスマイバッハ『Sクラス』(Mercedes-Maybach S-Class)を欧州市場で発売した。ドイツ本国でのベース価格は、16万4565ユーロ(約2185万円)と発表されている。

同車は、新型メルセデスベンツSクラスをベースに、よりラグジュアリー性を高めた「メルセデスマイバッハ」ブランドのモデルとなる。新型は、メルセデスマイバッハSクラスとしては、2世代目となる。

◆手作業で施されるツー・・・

ニュースを読む

マセラティジャパンは、初の電動化モデル『ギブリ ハイブリッド』を正規ディーラーショールームでの展示に先駆け、6月18日から23日の6日間、東京・表参道のポップアップストアにて特別展示する。

ギブリ ハイブリッドは、2.0リットル4気筒ガソリンターボエンジンと48Vオルタネーター、eブースターを組み合わせ、最高出力330ps/最大トルク450Nmを発生。最高速度255km/h、0〜100km/h加速5.7秒のパフォーマンスを発揮する。
・・・

ニュースを読む

フェラーリが現在開発している、車内コードネーム「Progetto F171」と呼ばれる新型モデルのプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

キャッチした車両は、生産仕様のボディパネルをまとい、細部をカモフラージュしている。しかし、以前目撃されたプロトタイプからボンネットフードが変わり、『SF90ストラダーレ』から多くの影響を受けたボディ、スリムなヘッドライト、クワッドテールライト、サイドミラー、コーナーエアイ・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは、ホンダ『フィット e:HEV』改良新型に、両足だけで運転操作できる運転補助装置「ホンダフランツシステム」を適用し、10月初旬より発売する。

フランツシステムは、両上肢が不自由な人に向け、1965年にドイツで開発されて以来、欧州で高い評価を得てきた足動運転補助装置だ。ホンダは1981年に開発者フランツ氏から技術指導を直接受け、さらに独自の技術を加え1982年に国内で初めてフランツシステムを販売。現在、国内で唯一のフラン・・・

ニュースを読む

ルノーは5月31日、新型SUVクーペの『アルカナ』(Renault Arkana)に、ハイブリッド2車種を欧州で追加設定すると発表した。

アルカナのパワートレインには、ルノーグループが開発したハイブリッド技術、「E-TECH」を搭載する。E-TECHは、ルノーのエンジニアリングによって開発され、多くの特許を取得しており、ルノー日産三菱アライアンスで、構造部品を共用する。

◆最大出力145hpのハイブリッドを追加

今回、アルカナのE・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機は、6月14日から16日まで幕張メッセで開催されるドローン展示商談会「ジャパンドローン2021」に出展する。

ジャパンドローンは、ドローンに関する製品・サービス/システムが一堂に集まる日本最大の国際展示会&カンファレンス。ヤマハブースは、「圧倒的な空中散布事業の実績」「次世代無人航空機の可能性」「さらなる無人航空機の進化」の3つのコーナーで構成する。

圧倒的な空中散布事業の実績コーナーでは、自動散布機能(オートパイロット・・・

ニュースを読む

全くの上から目線で恐縮だが、このクルマに乗ってへぇ〜プジョーもこんなクルマ作れるんだ…なんて素直に感心してしまった。

では一体何がこんなクルマ…なのか。それが今回プジョー『3008』に追加設定された、「ハイブリッド4」と名付けられたPHEVである。このクルマ、フロントにエンジンとトランスミッション、その間にモーター。リアにもモーターを装備していわゆる電動四駆のシステムを持っている。まあ、ここまでは他メーカーでも存在していると思うのだが・・・

ニュースを読む

ボルグワーナー(Borgwarner)は5月18日、高電圧ハイブリッド乗用車向けに、電動ターボの「eTurbo」を供給する契約を、欧州の大手自動車メーカーと締結した、と発表した。

ボルグワーナーの電動ターボチャージャー技術は、エンジン効率や性能の向上に貢献すると同時に、厳しくなる排出ガス規制への対応を可能にする。ボルグワーナーの電動アシストターボチャージャーを、高電圧ハイブリッド車に採用するのは、今回が初めてという。

eTurboの・・・

ニュースを読む

スズキ、2020年度のハイブリッド比率24%…欧州で大幅上昇

by レスポンス編集部 on 2021年05月15日(土) 07時30分

スズキは5月13日、2021年3月期の世界販売のマイルドハイブリッド車を含むハイブリッド車比率が、23.9%になったと発表した。前年度と比べて6.8ポイントアップした。

前期のハイブリッド車の販売台数は同9.9%減の257万1000台だった。

地域別のハイブリッド比率では日本が52.3%と、前年度比1.6ポイントアップした。インドは2.0ポイントアップの8.9%だった。

欧州は、トヨタ自動車からのハイブリッド車のOEM(相手先ブラ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

KP-61

愛犬用の車(130G)

車種名:トヨタ iQ
投稿ユーザー:KP-***** さん
総合評価:

3月に愛犬とのドライブ用にセカンドカーとして2014年型(2014年11...[ 続きを見る ]

4台目エスティマ

良い車

車種名:トヨタ エスティマ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:4台***** さん
総合評価:

エスティマ・エミーナ、エスティマT、50系アエラス、4型ハイブリットと4...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針