ハイブリッド

カーライフニュース - ハイブリッド (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

プジョー『508 ハイブリッド』に続けて試乗したのは、同じPSAのシトロエン『C5エアクロスSUV プラグインハイブリッド』である。この2台、実はパワートレーンを共有したPHEVだ。

つまり、1.6リットル、ピュアテック直4エンジン(180ps、300Nm)と電気モーター(110ps、320Nm)を組み合わせ、e-EATと呼ばれる8速ATを介して、前輪のみを駆動するPHEVである。

◆プジョーとの違いは足回り


ではどこが異なるか・・・

ニュースを読む

今や日本を代表するハイブリッドカーへと成長したトヨタ『アクア』。2代目となる新型は、TNGA(GA-B)プラットフォームを採用し基本性能を向上しただけでなく、高出力な「バイポーラ型ニッケル水素電池」の搭載、AC100V・1500Wのコンセントを標準装備化するなど、ハイブリッドカーとしての価値をさらに高めた。

デザインの印象は変わらず、ひと目でアクアと認識できるものながら、よりシャープに。「Harmo-tech」(知性・感性を刺激する、・・・

ニュースを読む

◆あと14年で内燃機関がEVに置き換わるのか

何でも、欧州委員会は2035年以降、ハイブリッド車を含む内燃機関エンジン搭載車の販売を禁止することを検討しているとか…。

個人的考えを記すと、「無理だと思います」である。2035年と言えばあとたったの14年だ。14年を長いと思うか短いと思うかは別として、自動車の開発なんてそんな一朝一夕に出来るものではないし、そもそも買う側の準備など全くできていない。

インフラだってそう。高速道路にある・・・

ニュースを読む

2018年の発売以来、絶大な人気を誇っているスズキの本格クロカン軽自動車『ジムニー』。これまでたびたび、5ドアのロングバージョンが登場するという情報を掴んできたが、この新モデルが日本市場で発売される可能性が高いことがスクープサイト「Spyder7」の調べでわかった。

5ドア仕様は、海外版ジムニー、日本でいう『ジムニーシエラ』をベースに開発される。全長はシエラより300mm延長され3850mmに、全幅は変更なく1645mmをキープ。ホイ・・・

ニュースを読む

2023年までに新型車10車種以上を投入すると宣言している高級スポーツカーブランドのアストンマーティン。ブランド初の『DBX』にもファミリーが増えそうだ。スクープサイト「Spyder7」が、その第一弾となるハイブリッドモデルをスクープした。

ニュルブルクリンク付近で捉えたプロトタイプは、リアウィンドウに黄色いステッカーが貼られており、これが電動モデルであることがわかる。ニュルブルクリンクで待機する消防チームは、万が一事故が起こった場合・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツの高性能車部門のメルセデスAMGは8月26日、ドイツで9月1日に開催するIAAモビリティ2021のプレビューイベントにおいて、新たな電動化技術「Eパフォーマンス」を搭載する最初の高性能ハイブリッド車を初公開すると発表した。

◆F1のノウハウをEパフォーマンスに導入

Eパフォーマンスとは、メルセデスAMGのパフォーマンス指向の電動化テクノロジーを意味する。Eパフォーマンスのロゴの下で、パワフルで効率的なハイブリッドテク・・・

ニュースを読む

ジャガーカーズは8月25日、ジャガー『XE』(Jaguar XE)の2022年モデルを欧州で発表した。

ジャガーXEは2014年秋、パリモーターショー2014で初公開された。中型セダン/ワゴンの『XF』の下に位置するジャガーの新しい小型スポーツセダンがXEだ。BMW『3シリーズ』、メルセデスベンツ『Cクラス』、アウディ『A4』、レクサス『IS』など、欧州Dセグメント・プレミアムカー市場に参入するために開発された。

◆「R-DYNAM・・・

ニュースを読む

この夏、愛犬と泊まれる宿泊施設が続々とオープンしている。それも、海沿いに建つ密を避けられる一軒家のヴィレッジ、愛犬家も憧れるドッグフレンドリーな国内最高峰の地、軽井沢のプリンス通り沿いに建つリゾートホテル、そして船旅で訪れる離島のヴィラである。今回のわんダフルカーライフは、その3軒を紹介するとともに、そのうちの1軒を訪れた際に気づいた、ドッグフレンドリーなハイブリッド車(HV)にも愛犬を乗車させる際に意外なる盲点があったことを報告したい・・・

ニュースを読む

ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは8月13日、『NSXタイプS』(Acura NSX Type S)を米国で発表した。

現行『NSX』の最終モデルとなる「タイプS」は、NSX史上、最高のパフォーマンスを発揮する公道走行可能なモデルを標榜する。他の電動スーパーカーよりも優れた加速、鋭いコーナリング、感情的な運転体験を提供する、と自負する。

NSXタイプSは、現行NSXの生産のファイナルイヤーを祝って、350台を限定生産する。こ・・・

ニュースを読む

ランボルギーニは8月13日、米国カリフォルニア州で開催中の「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」において、『カウンタックLPI 800-4』(Lamborghini Countach LPI 800-4)を初公開した。

同車は、ランボルギーニの名車『カウンタック』の50周年を記念して、世界限定112台を生産する。オリジナルのカウンタックは1971年に先行発表され、市販モデルの「LP400」が1974年に発表された。排気量4.・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

ochan

大満足

車種名:トヨタ C-HR(ハイブリッド)
投稿ユーザー:och***** さん
総合評価:

通勤で高速8割の片道約70kmですが、メータ燃費は26km/lです。モー...[ 続きを見る ]

チャッピーパパ

久しぶりの無給油1,000km超え...

車種名:トヨタ アクア
投稿ユーザー:チャ***** さん
総合評価:

2017/6/26以来の無給油1,000km超えができました。 今年の秋...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針