Hideyuki Gomibuchi

カーライフニュース - Hideyuki Gomibuchi

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

米国で大人気のNASCARにタイヤを供給して2020年で66年目を数えるグッドイヤー。東京オートサロン2020では、タイヤ交換デモンストレーションやドライブシミュレーターの設置で来場者にレースの迫力を伝えた。

ブースに足を運ぶとNASCAR参戦のトヨタ『スープラ』と世界耐久選手権(WEC)参戦の『Jota Sport オレカ車』の出迎えがあり、モータースポーツ好きにはたまらない。


グッドイヤーは昨年WECに復帰。来シーズンからは世・・・

ニュースを読む

ワックスなどカーケア用品を展開するソフト99は、東京オートサロン2020でガラス系コーティング『G’ZOX』の新ラインナップ3種を展示した。

4月発売予定の3種はリアルガラスコートシリーズとなり、撥水性に優れた『R』、水キレが良い疎水系コーティングの『H』、Rの撥水を維持しながら深い艶も実現した最上位モデルの『M』がある。


いずれも個人ユーザーではなく、ショップなどプロユース向けに販売する。新シリーズは従来品よりも作業工程を短縮さ・・・

ニュースを読む

4WDのパーツを販売するプロスタッフは、車高を上げる“リフトアップ”を施したメルセデスベンツ『Gクラス』やスズキ『キャリイ』を東京オートサロン2020で展示した。一段と大きくなったクルマに驚く声も多かった。

リフトアップと言えばスズキ『ジムニー』のチューンナップで有名だが、Gクラスであってもメルセデスベンツにはリフトアップのイメージはない。すると担当者は、「プロスタッフは4駆を得意にしていた会社で、その行き着いた最終型が今のところベン・・・

ニュースを読む

ダンロップは東京オートサロン2020で“カーアミューズメントパーク”というテーマを設定し、来場者自身が体験できる展示を行った。

従来の鑑賞型の展示ではなく、自分から能動的に動くことで何かが始まる展示は「安全・安心な家族のダンロップ」というコンセプトで用意。ブースは以下の5つに分かれ、

・うごかす GESTURE VISION
・のぞく TYRE-TRIP THEATER
・さわる HISTORY WALL
・くらべる VEURO D・・・

ニュースを読む

チューニングパーツを手がけるHKSは、オリジナルワイドボディキット『HKSプレミアムボディキット for GRスープラ』などGRスープラ関連プロダクツを東京オートサロン2020で展示した。


同キットはHKSによる歴代タイムアタックマシン『CT230R』『TRB-04』のボディスタイルを踏襲。大型のフェンダー、リヤカナードは整流効果もある大胆なデザインが採用されており、ボディ全幅は2070mmと大迫力の面構え。これがHSKレーシングカ・・・

ニュースを読む

日産自動車は東京オートサロン2020で、方向性の異なる『スカイライン』のコンセプトカーを2台展示した。

まず1台は、高性能グレード「スカイライン400R」をカスタマイズした「スカイライン400R スプリント・コンセプト」だ。スカイラインのデザインを壊すことなくフロントバンパーにリップスポイラー、サイドシルスポイラー、リアバンパーまでエアロパーツで見事につながっている。足回りは20インチのレイズ製鍛造アルミホイールだ。

「一般のお客様・・・

ニュースを読む

アルパインスタイルは東京オートサロン2020で、コンセプトカー「プレミアム リムジン ブラッシュド ブラック コンセプト(Premium Limousine Brushed Black Concept)」を出展した。

◆ラグジュアリーな未来への提案

トヨタ『アルファード』がベースのコンセプトカー。外装で目を引くのがフロントグリルだ。一見するとシンプルだが、ヒューマンインターフェースを想定したLED明滅システムが搭載されている。


・・・

ニュースを読む

横浜ゴムの東京モーターショー2019でのテーマは「OPEN FUTURE」だ。

これまでタイヤの快適性の指標は走行時の静粛性や乗り心地の良さだったが、EV(電気自動車)の登場により快適性の意味合いも変わってきているという。これからの未来に向けて、横浜ゴムはタイヤのさまざまな研究をしている。

EVはクルマそのものが静かになっているため、より一層タイヤの静粛性が求められる。また将来的に自動(無人)運転が実用化されると、これまで以上に「パ・・・

ニュースを読む

スパナやトルクレンチといったハンドツールを展開するKTC(京都機械工具)は、2020年8月2日に創業70周年を迎える。東京モーターショー2019では、同社がそこに向かってどのような製品を世に送り出してきているかを振り返る。

ブースではKTCの歴史を3つのDNAに見立て、

「構造機構の進化」設計思想や作り方へのこだわり
「材質の進化」鋼材の選び方、加工技術へのこだわり
「統合の進化」工具×デジタル、技術の統合

として壁面で表現してい・・・

ニュースを読む

キッザニアが東京モーターショーで特別プログラム『Out of KidZania in TMS2019』を実施して人気を呼んでいる。クルマ関連の仕事を子どもたちが体験できるのだ。

キッザニアとは、3〜15歳までの子どもたちが職業体験を通して、楽しみながら社会の仕組みを学べる“子どもが主役の街”だ。Out of KidZania(アウトオブキッザニア)は通常キッザニアで体験している仕事からさらに踏み込み、実社会の仕事を体験したりするプログ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

sam

いい車です

車種名:BMW X1 (ディーゼル)
投稿ユーザー:sam***** さん
総合評価:

BMWらしく、加速時にしっかりGを感じ、運転を楽しめます。 バランスが取...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算63回目)を7/18に行いました。前回の給油から497.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針