佐藤正樹(キハユニ工房)

カーライフニュース - 佐藤正樹(キハユニ工房)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BRT化も視野に入れた日田彦山線の復旧案はJRから説明を 5月14日の福岡県知事会見

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年05月16日(木) 18時00分

福岡県の小川洋知事は5月14日の定例記者会見で、4月23日に開催された第4回「日田彦山線復旧会議」後の対応について言及した。

4回目の復旧会議では、沿線自治体に対して年間1億6000万円の運行経費の負担を求めていたJR九州が、負担に難色を示す自治体側に対して添田〜夜明(よあけ)間のバス高速輸送システム(BRT)による復旧を提案していた。

これに対して小川知事は「地域の活性化、あるいは観光の振興、それ自身が観光の資源になるかもしれない・・・

ニュースを読む

北海道初の鉄道利用による貨客混載事業…宗谷本線稚内-幌延間 4月18日から

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年04月12日(金) 06時45分

佐川急便とJR北海道は4月18日、宅配便荷物を旅客列車で運ぶ貨客混載事業を開始する。

宗谷本線稚内〜幌延間で実施するもので、同事業は2018年10月29日に両者が合意していた。利用する旅客列車は、稚内10時27分発4326Dと幌延10時56分発4325Dで、平日のみ実施する。

往路の4326Dでは、佐川急便稚内営業所の担当者が配達荷物を積んだ専用ボックスを稚内駅から列車に積み込み、幌延駅に到着後、幌延町で配送委託された天塩ハイヤーの・・・

ニュースを読む

パンタグラフを通し高速充電…関電の旧トロバス路線に電気バス 4月15日から

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年04月04日(木) 06時45分

関西電力は4月15日、扇沢駅(長野県大町市)と黒部ダム駅(富山県立山町)の間6.1kmを結ぶ旧「関電トンネルトロリーバス」路線で電気バスの運行を開始する。

2018年12月1日に廃止された「関電トンネルトロリーバス」の「無軌条電車」(トロリーバス)に代わる車両として登場するもので、ディーゼルエンジンの代わりにリチウムイオンバッテリー4パックを搭載。扇沢駅のホームで車載のパンタグラフを通して、およそ10分で超高速充電を行なう。

車体の・・・

ニュースを読む

京急の「だるま」こと800形が6月中旬に引退へ…さよなら記念乗車券を発売 4月6日から

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年03月29日(金) 21時30分

京浜急行電鉄(京急)は3月29日、800形電車が6月中旬に引退する予定になったことを明らかにした。

800形は1978年に3両固定編成として登場した4扉の通勤型電車で、おもに京急本線で運用。1986年までに総勢132両が登場した。界磁チョッパ制御や電力回生ブレーキを採用することで、普通列車の加減速性能の向上を図った意欲的な車両で、1979年には京急車両としては初めて鉄道友の会の「ローレル賞」を受賞。1982年には中間車を増結した6両固・・・

ニュースを読む

若桜鉄道にスズキ製バイク『隼』の新ラッピング車…バイクと並走パレード 3月16日

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年03月14日(木) 20時30分

鳥取県の郡家(こおげ)駅(八頭町)と若桜(わかさ)駅(若桜町)を結ぶ若桜鉄道は、スズキ製大型バイク『隼(ハヤブサ)』にちなんだ新しいラッピング列車を3月16日から運行する。

『隼』のラッピング列車は、若桜鉄道にある隼駅(鳥取県八頭町)が『隼』のライダーたちが集まる聖地のような存在になっていることから、町おこしの一環として2016年3月から運行されており、同駅では2009年からスズキの協賛で隼駅まつりが行なわれている。

新ラッピング列・・・

ニュースを読む

忍者の日に伊賀鉄道伊賀線が「忍者線」に…伊賀市の玄関駅は「忍者駅」 2月22日

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年02月21日(木) 06時45分

三重県伊賀市の伊賀上野駅と伊賀神戸(いがかんべ)駅を結ぶ伊賀線を運営する伊賀鉄道は2月22日、路線名の伊賀線に「忍者線」、上野市駅に「忍者市駅」の愛称を付与する。

沿線の三重県伊賀市は、伊賀流忍者発祥の地として忍者を広く発信してきたことから、2017年に2月22日を「忍者の日」とする「忍者市」宣言を行ない、忍者市プロジェクト事業を推進。同市は、2017年4月に伊賀鉄道が公有民営方式へ移行したことに伴ない、同鉄道の施設を近畿日本鉄道(近・・・

ニュースを読む

阿佐海岸鉄道のDMVが初お披露目…青を基調とした「未来への波乗り」 3月9日

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年02月20日(水) 18時30分

徳島県海陽町の海部駅と高知県東洋町の甲浦(かんのうら)駅を結ぶ、阿佐東線を運営する阿佐海岸鉄道は3月9日、鉄道と道路の両方を走行できる「Dual Mode Vehicle」(DMV)の第1号車を宍喰駅(高知県海陽町)で公開する。

阿佐海岸鉄道のDMVは2020年の営業運行開始を予定しており、青・緑・赤を基調とした3両が登場するが、今回公開されるのは「未来への波乗り」という愛称が付けられた青を基調にした「DMV-1号」。

当日は13時・・・

ニュースを読む

気仙沼・大船渡線BRTでダイヤ改正…3駅を新設、大船渡線に初の土休日ダイヤ 3月16日

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年02月15日(金) 06時45分

JR東日本盛岡支社・仙台支社は2月14日、バス高速輸送システム(気仙沼線BRT、大船渡線BRT)のダイヤ改正を3月16日に実施すると発表した。

宮城県の前谷地(まえやち)駅(石巻市)と気仙沼駅(気仙沼市)を結ぶ気仙沼線BRTでは、気仙沼市内にある最知(さいち)駅と松岩駅との間の専用道内に「岩月」駅を新設。合わせて列車との乗換時分を一部短縮する。

気仙沼駅と岩手県大船渡市の盛(さかり)駅を結ぶ大船渡線BRTでは、宮城県気仙沼市の八幡大・・・

ニュースを読む

大阪初のBRT『いまざとライナー』、4月1日から社会実験 3月29・30日に体験乗車会

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年02月13日(水) 13時00分

大阪市と大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は、『いまざとライナー』の体験乗車会を3月29・30日に実施する。

『いまざとライナー』は、現在、井高野(いたかの)駅(大阪市東淀川区)と今里駅(大阪市東成区)の間11.9kmを結んでいるOsaka Metro今里筋線の延伸部での運行を計画しているバス高速輸送システム(BRT)路線。

同線は、Osaka Metroの路線では唯一、大阪市内の中心部を通らないことから、地下鉄での延伸に・・・

ニュースを読む

観光型MaaS、アプリ「Izuko」で伊豆エリアをシームレスに…日本初 4月1日から実証実験

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年01月31日(木) 20時00分

東京急行電鉄(東急)、JR東日本、ジェイアール東日本企画の3者は1月31日、日本初の観光型Mobility as a Service(MaaS、マース)の実証実験を4月1日から開始すると発表した。

国土交通省によると、MaaSとは「ICTを活用して交通をクラウド化し、公共交通か否か、またその運営主体にかかわらず、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな『移動』の概念」・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

しんじ

燃費計について。

車種名:マツダ CX-8 (ディーゼル)
投稿ユーザー:しん***** さん
総合評価:

納車後3500km走ってのレビューです。マツダ車は免許取得した時初めて買...[ 続きを見る ]

god

rav4 ガソリン車

車種名:トヨタ RAV4
投稿ユーザー:god***** さん
総合評価:

rav4 の購入を考えているのですが(>人<;) ガソリン車の平均実質...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針