BMW i3

カーライフニュース - BMW i3 (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMWグループは、2020年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2020において、BMW『i3』をベースにしたコンセプトカー、『i3 アーバンスイート』(BMW i3 Urban Suite)を初公開すると発表した。

BMW i3は、デビュー以来7年間、都市部における電動ドライブの楽しさ、持続可能性、インテリジェントなコネクティビティなど、「i」ブランドのアンバサダーの役割を果たしてきた。顧客にも評価されており、プレミアムコンパク・・・

ニュースを読む

BMWグループは11月8日、EVなどの電動車の双方向充電マネジメント研究プロジェクトを欧州で開始すると発表した。

双方向充電機能を備えた電動車は、充電ステーションや家庭のウォールボックスに接続して、車載の高電圧バッテリーを充電する。このプロセスを逆にして、エネルギーを電力網にフィードバックすることができる。これにより、電動車のバッテリーは、必要なときに電力を供給できるモバイルエネルギーストレージデバイスに変わる。

できるだけ多くの電・・・

ニュースを読む

BMWは、フランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、『i3s エディション・ロードスタイル』(BMW i3s Edition RoadStyle)を初公開した。

同車は、BMW iブランドのピュアEVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)に、ドライビングプレジャーとサステイナビリティ(持続可能性)という独特の組み合わせを強調するスペシャルエディションモデルだ。

◆専用仕立ての内外装
・・・

ニュースを読む

BMWグループ(BMW Group)は9月4日、ドイツ・ミュンヘン市との提携を拡大し、2019年内に200台のEV『i3』を、カーシェアリング車両として配備すると発表した。

BMWグループとダイムラーは2019年初頭、カーシェアリング事業を統合し、「SHARE NOW」を立ち上げた。SHARE NOW は、BMW、MINI、スマート、メルセデスベンツの各ブランド車でカーシェアリングを行っており、カーシェアリング事業のさらなる拡大を目指・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、香川県と岡山県にて4月26日から春、夏、秋の3シーズンに分けて合計107日間開催される「瀬戸内国際芸術祭 2019」に、次世代EVブランド「BMW i」にて協賛する。

瀬戸内国際芸術祭は2010年の第1回以来3年に一度のペースで開催されており、期間中に約100万人の来場が見込まれる世界最大規模のアートイベント。瀬戸内海の12の島と2つの港を舞台に、32の国と地域から225組の芸術家たちが21・・・

ニュースを読む

BMWグループ(BMW Group)は4月11日、2019年第1四半期(1〜3月)の電動車両(EVおよびプラグインハイブリッド車)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は2万7044台。前年同期比は0.7%増とプラスを維持した。

BMWグループの電動車両には、「i」ブランドのEVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の『i3』と、PHVスポーツカーの『i8』がある。

また、BMWブランドでは、『2シリーズ アクティブ ツアラー・・・

ニュースを読む

BMW i3、新型バッテリー搭載車発売 最大航続距離466kmを実現

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年02月06日(水) 18時15分

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、最大航続距離466kmを実現した電気自動車『i3新型バッテリー(120Ah)』を2月6日より発売した。

i3新型バッテリー(120Ah)は、約30%容量を拡大した新型リチウムイオンバッテリーを搭載し、総電力量は33kWhから42kWhに増加。これにより、一回の充電走行可能距離(WLTCモード)は360km、さらに発電用エンジンを積むレンジエクステンダー装備車では466kmを達成する。新型車は・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は1月15日、昨年11月に始動した新オンラインプラットフォーム「BMWプレオーダー」を拡充し、「i3新型バッテリー」の先行予約受付を開始した。

BMWプレオーダーは、BMWの最新モデルを正式発売前に先行予約できる新オンラインプラットフォームとして、昨年11月の新型『X7』のプレオーダー受付開始から導入。新プラットフォーム導入によりBMWは、プレオーダーをした顧客にいち早く新型モデルを提供できるよ・・・

ニュースを読む

BMWグループは11月8日、EVの『i3』(BMW i3)の電動パワートレインを、小型のEVバス向けに供給すると発表した。

BMWグループがi3の電動パワートレインを供給するのは、トルコのカルサン(Karsan)社だ。BMWグループはカルサン社と契約を結び、カルサン社の小型EVバス『Jest』に、i3の電動パワートレインが搭載される。

供給されるi3の電動パワートレインは、市販車用と共通だ。モーターは最大出力170hp、最大トルク2・・・

ニュースを読む

BMW i3 に「120Ah」、航続360kmを実現…パリモーターショー2018

by 森脇稔 on 2018年10月04日(木) 19時45分

◆大容量バッテリーを搭載し、航続を延長

BMWグループは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー2018において、EVの『i3』の新グレード、「120Ah」をワールドプレミアした。大容量バッテリーを搭載し、航続を拡大した仕様となる。

120Ahでは、バッテリーの大きさは従来通りながら、蓄電容量を現行「94Ah」の33.2kWhから42.2kWhへ、27%大容量化。これにより、1回の充電での航続(NEDC計測モード)は、標準グ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

リュウリュウ

10台目の新車

車種名:ホンダ ヴェゼル
投稿ユーザー:リュ***** さん
総合評価:

新車10台。中古車4台を乗ってきました。bBから5台目になりますが少しつ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針