BMW i3

カーライフニュース - BMW i3 (3ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMW i3 に大容量バッテリーの新グレード、航続2割拡大

by 森脇稔 on 2018年10月01日(月) 20時30分

BMWグループは9月28日、EVの『i3』に大容量バッテリーを搭載し、航続を拡大した新グレード「120Ah」を、欧州仕様に設定すると発表した。

バッテリーの大きさは従来通りながら、蓄電容量を現行「94Ah」の33.2kWhから42.2kWhへ、27%大容量化。これにより、1回の充電での航続(NEDC計測モード)は、標準グレードが最大300kmから359kmへ、i3sが最大280kmから345kmへ、およそ2割の航続拡大を果たす。

モ・・・

ニュースを読む

独BMWの日本法人、ビー・エム・ダブリューは9月25日、テレビ通販最大手、ジュピターショップチャンネルが運営する「ショップチャンネル」でプレミアム電気自動車(EV)『i3』(BMW i3)を販売すると発表した。

東京・新川にあるジュピターショップチャンネルの本社で行われた会見で、ビー・エム・ダブリューの営業ディビジョン担当マネージャーの京谷麻矢氏は「これまで競合プレミアムブランドが全く取り組んだことのない新しい試み」と語り、こう続ける・・・

ニュースを読む

ショップチャンネルに BMW i3 登場、専用特典も用意 11月24日生放送

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年09月25日(火) 17時06分

BMWの電気自動車(EV)『i3』(BMW i3)が11月24日10〜11時、ショップチャンネルの生放送に登場。特典付きの「BMW i3 Atelier レンジ・エクステンダー(発電用エンジン)装備車」が10台限定で用意される。

日本市場でBMW車両がテレビ通販に登場するのは今回が初めて。またショップチャンネルがEVを紹介することも初めての試みとなる。

番組にはBMW担当者がゲストとして出演し、BMW i3の魅力、航続可能距離、充電・・・

ニュースを読む

日産『リーフ』、BMW『i3』、フォルクスワーゲン『e-ゴルフ』。この3車種の日欧のEVに関して、2018年上半期(1〜6月)の米国販売実績がまとまった。

これは、各社が公表した販売データから明らかになったもの。北米日産の発表によると、2018年上半期のリーフの米国販売台数は6659台と、日欧EVの首位を維持した。前年同期比は8.1%のマイナス。なお新型リーフは、米国では2018年1月から、納車を開始している。

BMW i3の201・・・

ニュースを読む

BMW i3s、ブリヂストンの低燃費タイヤ技術「オロジック」を採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年06月14日(木) 16時30分

ブリヂストンは6月13日、BMWの電気自動車(EV)『i3』のスポーティモデル「i3s」に、低燃費タイヤ技術「オロジック」を適用した新車装着タイヤ「ECOPIA EP500 オロジック」を納入すると発表した。

低燃費タイヤ技術オロジックは、タイヤを幅狭化・大径化することで転がり抵抗と空気抵抗を低減し、車両の燃費を向上。さらに専用パタンとコンパウンドを組み合わせることで、濡れた路面や乾燥路面での優れたグリップ性能も確保している。

i3・・・

ニュースを読む

日産『リーフ』、BMW『i3』、フォルクスワーゲン『e-ゴルフ』。この3車種の日欧のEVに関して、2018年第1四半期(1〜3月)の米国販売実績がまとまった。

これは、各社が公表した販売データから明らかになったもの。北米日産の発表によると、2018年第1四半期のリーフの米国販売台数は2545台と、日欧EVの首位を守った。ただし、前年同期比は22.6%減と落ち込む。これは1月から販売が開始された新型リーフの納車が進んでいない影響。

B・・・

ニュースを読む

BMWグループは2月26日、スペインで開幕した世界最大規模の携帯通信関連見本市、「MWC(モバイル・ワールド・コングレス2018)」において、レベル5の完全自動運転車のプロトタイプを初公開した。

現在、米国のSAE(自動車技術者協会)が定めている自動運転のレベルは、0〜5まで。最高のレベル5は、ドライバーが運転操作を行わない完全自動運転車となる。また、現時点で実用化されているのは、部分自動運転が可能なレベル3まで。

BMWグループが・・・

ニュースを読む

BMWの電気自動車、BMW『i3』がマイナーチェンジした。これまでグローバルでおよそ9万7000台が販売されたi3について、日本市場のユーザー層や購入動機、そして、今回の変更ポイント等をBMWジャパンでサブブランド“i”の責任者を務めるホルム・リヒター氏に話を聞いた。

◇i3の多くがBMW初のユーザー

---:i3は2013年に欧州で発表、2014年4月に日本で発売されて以降、約4年が経過しました。そこで、日本でBMW i3を購入し・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、航続約400kmを実現した電気自動車(EV)『i3』の新型モデルを1月15日より販売を開始すると発表した。

i3は、サブブランド「BMW i」のEVとして、2014年4月に発売。量産車として初めてCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を基本骨格に採用し、徹底的な軽量化を図ったほか、2016年10月には、大容量33kWhの新開発リチウムイオンバッテリーを搭載し、一充電走行距離を70%アップの3・・・

ニュースを読む

BMWの電動車 i3、10万台目がラインオフ…生産開始から4年

by 森脇稔 on 2017年10月27日(金) 17時45分

BMWグループは10月26日、ドイツ・ライプツィヒ工場から10万台目となる『i3』がラインオフした、と発表した。

BMWグループは2011年、サスティナビリティを重視したライフスタイル提案ブランドとして、「BMW i」を立ち上げ。BMW iの市販モデルの第一号車として、2013年9月から生産を開始したのが、EVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の i3。

2017年9月には、デビュー以来、初の改良新型モデルを発表。内外装に改良・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

otou

3か月で5000km 初めてのオイル交換をしました 燃費は21km/L ...[ 続きを見る ]

たつろう

納車しました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:たつ***** さん
総合評価:

2023年1月に納車しました。 発売前8月19日に契約してから5か月ちょ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針