アイシン精機

カーライフニュース - アイシン精機

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ダイハツは、2021年度よりモビリティサービスに関する取り組みを全国で展開することを発表。第1弾として、長崎県五島市でオンデマンド乗合送迎サービスを4月1日より開始する。

ダイハツは、地方部における高齢化や公共交通機関の減少を背景に、「いくつになっても自由に移動できる自立した生活」を実現するため、2017年から「地域密着プロジェクト 健康安全運転講座」を開始し、全国80か所で実施してきた。その一方、社会問題ともなっている運転免許返納後・・・

ニュースを読む

アイシン精機、秋葉原にAI開発の新拠点開設へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年03月25日(木) 07時15分

アイシン精機は、AI開発を担う新拠点「Tokyo Research Center」を4月1日、東京・秋葉原に開設すると発表した。

アイシングループは近年、CASEに対応する商品開発や、生産現場の自動化、効率化に不可欠となるAI開発の促進をねらいとして体制を強化している。

AI開発の中心となる本社では人員を増強しグループ・グローバルでの先端技術統括を行う一方、各開発拠点については異業種や学術機関とのスムーズな連携、最先端の情報のタイム・・・

ニュースを読む

アイシングループ、愛知県刈谷市に水素ステーション開設

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年03月22日(月) 18時15分

アイシン精機の子会社、光南工業は3月22日、日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)との共同事業で建設を進めてきた「光南水素ステーション刈谷」(愛知県刈谷市)を開所した。光南工業としては、初めての水素ステーション開設となる。

光南水素ステーション刈谷はオフサイト式の定置型ステーションで供給能力は300Nm3/時間、充填圧力は82Mpa。

アイシングループは、水素社会の拡大に向けて、これまでも家庭用燃料電池「エネファーム」・・・

ニュースを読む

アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは、道路維持管理支援サービスにおいて、バンダイナムコエンターテインメントの「パックマン」とコラボレーション、「みちログpowered by PAC-MAN」を提供する予定だ。3社が18日に発表した。

アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュが提供している道路維持管理支援サービスは、走行車両で収集したデータから道路の異常を検知し、その情報の提供、補修に向けた計画の支援、対策の実施といった、道路の維持管・・・

ニュースを読む

自動車部品大手のるアイシン精機は3月2日、車内でのコミュニケーションに最適なマルチモーダルエージェントを開発したと発表した。アイシンはこのエージェントを活用し、自動運転バス車内のみならず、街や社会全体をさらに住みやすく快適にするための展開をめざす考えだ。

◆インターフェースには3D・CGのバーチャル女子高生「Saya」を使用

このエージェントを開発するにあたってアイシンは、MaaS など新たな“移動”のかたちが求められる社会の中で、・・・

ニュースを読む

新生アイシンのトップにトヨタ元副社長の吉田氏…CASE対応を強化

by レスポンス編集部 on 2021年02月26日(金) 08時30分

アイシン精機は2月25日、アイシン・エィ・ダブリュとの経営統合会社「アイシン」の社長に、トヨタ自動車の元副社長の吉田守孝豊田中央研究所会長が就任する役員人事を内定したと発表した。

アイシン精機はアイシン・エイ・ダブリュと4月1日付けで経営統合して「アイシン」に社名変更する予定。

トヨタの技術部門のトップを務めた吉田氏は6月の定時株主総会でアイシンの社長に就任する予定。アイシン精機の伊勢清貴社長は、アイシンの副会長に就任する。

吉田・・・

ニュースを読む

アイシン精機は、2020年4〜12月期の連結決算を発表。第3四半期の売上収益・営業利益が四半期として過去最高を更新。通期業績予想を上方修正した。

売上収益は第2四半期以降の市場環境は回復傾向にあるものの、第1四半期の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、前年同期比12.8%減の2兆5044億円となった。利益については、原価低減の強化、構造改革による固定費削減の進捗があるものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、営業利益は同36・・・

ニュースを読む

トヨタの超小型EV『C+pod』、アイシンの新開発駆動ユニットを搭載

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年01月14日(木) 10時00分

アイシン精機は、新たに超小型EV用駆動ユニットを開発し、2020年12月にトヨタが発売した『C+pod』に搭載されたと発表した。

C+podは、日常の移動を支える2人乗りの超小型EV。買い物や外出に気軽に利用できるほか、企業でも顧客訪問などの近距離移動で活用できる、環境に良い新たなカテゴリーの車両としてトヨタ自動車が開発した。

今回開発した商品は、2016年発売のトヨタ『プリウス』のE-Fourとして後輪駆動用に搭載された電気式4W・・・

ニュースを読む

アイシン、「振り子式加速度低減技術」初公開へ CES 2021

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年01月08日(金) 14時30分

アイシングループは、1月11日から14日(米国東海岸時間)まで、オンラインで開催される世界最大のテクノロジー見本市「CES 2021」に出展する。

今回は、アイシングループがこれまで培ってきたナビゲーションシステムやコネクテッド技術をもとに、ConnectedとSharedの技術・サービスを紹介。人が荷物を台車で運搬する際に発生する加速度や、路面の傾きによる影響を低減し、安定した運搬に貢献する「振り子式加速度低減技術(Pendulum・・・

ニュースを読む

アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは、2021年4月1日に経営統合し設立する新会社「株式会社アイシン」の経営理念、ロゴ・ブランドスローガンを制定した。

アイシングループ経営理念は「“移動”に感動を、未来に笑顔を。」とし、「使命 Mission 〜私たちの使命・存在意義」、「めざす姿 Vision 〜私たちが達成したい姿〜」、「提供価値 Value 〜私たちが提供する価値〜」の3つで構成する。

アイシングループは、移動に自由と喜び・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

KP-61

愛犬用の車(130G)

車種名:トヨタ iQ
投稿ユーザー:KP-***** さん
総合評価:

3月に愛犬とのドライブ用にセカンドカーとして2014年型(2014年11...[ 続きを見る ]

4台目エスティマ

良い車

車種名:トヨタ エスティマ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:4台***** さん
総合評価:

エスティマ・エミーナ、エスティマT、50系アエラス、4型ハイブリットと4...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針