モニター注視による事故

カーライフニュース - モニター注視による事故

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

タクシー予約をハンズフリーで受注、DiDiが機能を搭載…停車が不要に

by レスポンス編集部 on 2019年07月11日(木) 11時15分

DiDiモビリティジャパンは、タクシー乗務員向けアプリで、音声操作できる機能「ハンズフリー」を7月11日から新たに搭載すると発表した。

タクシー乗務員は「DiDi」アプリに配車依頼が来た際、事前に乗務員が個々に指定した「了解しました」などの言葉を発話することで、受注できるようになる。音声を使って受注できる機能を搭載したのは「DiDi」が国内で初めて。

タクシー乗務員は、「DiDi」アプリで配車依頼を受ける際に一度停車して、車内に設置・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

マイカーなどの運転中にスマートフォン(スマホ)や携帯電話を手に持って使う「ながら運転」を行った場合の厳罰を強化した改正道路交通法が、衆院本会議で可決・成立。ながら運転の規定は2019年12月までに施行されるという。

きょうの読売などが取り上げてい・・・

ニュースを読む

三井住友海上火災保険は5月27日、企業の安全運転の取り組みを支援するため、スマートフォン「ながら運転」防止アプリを開発し、2019年夏からフリート契約者向けにサービスを提供すると発表した。

サービスはビーコン技術を搭載したブルートゥースを発信する専用車載器端末とスマートフォンアプリを活用して、運転中の着信や、スマートフォンのアプリ操作を制限し、「ながら運転」を防止する。

管理者は、専用のWEBサイトを通じて従業員ごとのアプリ起動状態・・・

ニュースを読む

グーグル(Google)は5月7日、米国で開幕した開発者カンファレンス「Google I/O 2019」において、「グーグルアシスタント」(Google Assistant)に新機能として、ドライビングモードを採用すると発表した。

この新機能を利用すれば、ドライバーは運転中でも、Androidスマートフォンに搭載されているグーグルアシスタントを、ハンズフリーで操作することが可能になる。

ドライビングモードでは、ドライバーが運転中に必・・・

ニュースを読む

自動運転レベル3でのスマホ操作を解禁、道交法を改正ヘ

by レスポンス編集部 on 2019年03月12日(火) 16時15分

政府は、自動運転レベル3(システムの要請に応じて自動運転)の技術を実用化するための道路交通法改正案を閣議決定し、今国会に提出する。

自動車を運転するドライバーの認知、予測、判断、操作に関する能力の全てを代替する自動運転システムを、一定の条件付きで自動運行装置として新たに定義を規定するとともに、装置を使用して自動車を用いる行為は法上の運転に含まれることを明記する。条件は高速道路や一般道路、天候、昼間・夜間などを想定している。自動運行装置・・・

ニュースを読む

「ながら運転」が死亡事故につながる比率は2.1倍…2018年の交通事故の特徴

by レスポンス編集部 on 2019年02月16日(土) 15時00分

携帯電話やカーナビ操作など、ながら運転による交通事故のうち、死亡事故になる率が約2.1倍になることが警察庁の発表した「2018年における交通死亡事故の特徴」で明らかになった。

携帯電話やカーナビを操作するなど、ながら運転による交通事故件数は2018年に2790件発生した。ながら運転ではない事故の死亡事故比率が0.73だったのに対して、ながら運転による死亡事故比率は1.51と、2.1倍だった。

2018年の交通死者数は前年比162人減・・・

ニュースを読む

警察庁は12月25日、運転中の携帯電話使用に対する罰則を強化するための道路交通法改正試案に対する一般からの意見を募集すると発表した。

スマートフォンの普及に伴って自動車やオートバイの運転中、携帯電話での通話や、携帯電話やカーナビの画面を注視していたことが原因の交通事故は増加傾向にある。2017年中は2832件で5年前の約1.5倍に増えている。携帯電話使用違反は、年間90万件以上の取締りを実施しており、違反全体の取締り件数の約14%を占・・・

ニュースを読む

レベル3の自動運転中、スマホ操作はOK 警察庁がパブリックコメント募集

by レスポンス編集部 on 2018年12月26日(水) 11時15分

警察庁は12月25日、自動運転車の実用化に向けて道路交通法改正試案について一般からの意見を募集すると発表した。

今回、一般公道での自動運転レベル3(緊急時以外は自動運転)を想定して法改正するもの。

具体的には、自動車運転中、一定の条件を満たさなくなった場合、直ぐに適切に対処することができる態勢にある場合に限って、携帯電話の通話やスマートフォン(スマホ)の操作してもよいことにする。レベル3の場合、システムが制御する自動運転からドライバ・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2018年8月28日付

●米メキシコ新合意、車関税ゼロ条件厳格化(読売・2面)

●自動タクシー実験、都内の公道、スマホで解錠(読売・2面)

●新幹線整備費3460億円増、国見通し、北陸と九州・長崎ルート(読売・9面)

●日産EVで中国戦・・・

ニュースを読む

東北大学は、喫煙者の交通事故死亡のリスクが高い傾向にあるとの研究成果を発表した。

喫煙はがんや循環器疾患などによる死亡リスクを高めることが報告されている。外因死との関連についても研究されているが、外因死には転倒、交通事故、窒息、火災といった不慮の事故、他殺、自殺などの死亡が含まれており、交通事故による死亡と喫煙との関連を検討した研究は多くない。

今回、東北大学大学院歯学研究科が喫煙と交通事故死亡の関連について調べたところ、1993年・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針