住友ゴム工業

カーライフニュース - 住友ゴム工業 (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

住友ゴムは、サンド・マッド路面向けモトクロス競技専用タイヤとして、ダンロップ「GEOMAX MX14」を6月20日から発売する。リア8サイズで価格はオープン。

サンド・マッド路面のレースでは、砂浜のような底のないサンド路面から、硬い下地の上に砂が乗った路面や水を含んで泥になった路面などさまざまな環境下で性能を発揮するタイヤが求められる。GEOMAX MX14は、MXGPライダーの声をもとに、国内外のレースで培ったダンロップの最新テクノ・・・

ニュースを読む

住友ゴムは、米国で開発したハイグリップタイヤ、ダンロップ「SPORTMAX Q5」を7月1日から順次発売する。フロント2サイズ、リア8サイズで価格はオープン。

SPORTMAX Q5は、公道走行で必要とされるウォームアップ性やウエット性能を確保しつつ、レース用微粒子カーボンを採用したコンパウンドや新プロファイルを採用。米国で高い評価を受けた従来品「SPORTMAX Q4」からさらにサーキット性能(ドライグリップ)を強化した。「サーキッ・・・

ニュースを読む

タイヤ整備不良率は20.1%、前年から6.9ポイント改善---ダンロップ

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年05月24日(火) 10時00分

住友ゴム工業は、4月8日から24日に「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を実施。点検の結果、整備不良率は20.1%で前年から6.9ポイント減少と改善傾向が見られた。

住友ゴムでは、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの残溝、空気圧、表面の損傷などの点検を行う「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を2008年から継続して行っている。昨年秋の点検から、プロの点検に加え、AIタイヤ点検ツールを導入。今回はダンロップ直営店「・・・

ニュースを読む

住友ゴム工業は、新車への純正搭載向けに展開していたタイヤパンク応急修理キット「IMS(Instant Mobility System)」を、5月18日から一般ユーザー向けにダンロップタイヤ取扱店舗などで順次販売する。

タイヤパンク応急修理キットは、タイヤに釘やネジが刺さった軽度のパンクを応急修理して、最寄りの車両販売店や整備工場までの移動を可能にする。スペアタイヤを積む必要がなくコンパクトかつ軽量なため、トランクルームを広く使え、燃費・・・

ニュースを読む

住友ゴムは、SUVタイプの新型EV、トヨタ『bZ4X』およびスバル『ソルテラ』の新車装着用タイヤとして、ダンロップ「SP SPORT MAXX 060」の納入を開始した。

bZ4X/ソルテラはトヨタとスバルが共同開発したEV専用プラットフォームを採用。EVならではの滑らかで意のままになる走行性能と、本格SUVの走破性を追求した。

SP SPORT MAXX 060には、EVに求められる低燃費(電費)性能と静粛性能に貢献できるよう、住・・・

ニュースを読む

住友ゴムは、埼玉大学・戸澤譲教授、東北大学・高橋征司准教授、金沢大学・山下哲准教授らと共同で、天然ゴム生合成メカニズム解明につながる人工膜(ナノディスク)を用いた酵素評価方法を発明したと発表した。

従来は天然由来の膜を使用していたが、人工膜を利用した新手法により、不純物を含まない環境で、より精度の高い評価が可能になった。今回の発明により、今後新たな重要成分の発見を通して、天然ゴムの収率改善や、人工的な生合成などにつながることが期待され・・・

ニュースを読む

住友ゴム工業は4月12日、トヨタ自動車の材料解析クラウドサービス「ウエイブベイス」を活用し、ゴム材料開発における解析時間を100分の1以下に短縮することに成功したと発表した。

ウエイブベイスはトヨタが実証実験中のクラウドサービス。「解析に多大な労力がかかる」、「解析技術が属人的である」、「データが点在している」など、材料研究・開発における課題解決を支援する。ウエイブベイスでは、データ活用コンサルティングの提供を通じて、実験・計測データ・・・

ニュースを読む

住友ゴムは、タイヤの日である4月8日から24日まで、全国のタイヤセレクトでプロのタイヤ点検を無料で受けられる「2022年春の全国タイヤ安全点検活動」を実施する。

住友ゴムでは、タイヤに起因する事故の未然防止を目的として、「ダンロップ全国タイヤ安全点検」を2008年から継続して実施。装着されているタイヤの表面の損傷・空気圧の過不足・残溝・偏摩耗などを無料で診断する。また、昨年10月の点検で導入したAIタイヤ点検ツールも引き続き活用してい・・・

ニュースを読む

住友ゴムは、スローパンク検知機能を搭載したタイヤの空気圧や温度をリモート監視する「空気圧・温度管理サービス」の実証実験をオリックス自動車のレンタカー事業で開始した。

スローパンクとは、ごく小さい穴や亀裂、リムとタイヤビード間、エアバルブからのエア漏れなどにより徐々に空気が抜けていく状態のこと。住友ゴムは、これまでの車両リース事業、レンタカー事業をはじめとする数十社との実証実験を通して、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)から取得した空・・・

ニュースを読む

電動レーシングカート対応、ダンロップが新タイヤ「KE-1」発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年04月02日(土) 10時00分

住友ゴム工業は4月1日、電動カートにも対応するレーシングカート用タイヤ、ダンロップ「KE-1」を発売した。

カーボンニュートラル対応の流れはモータースポーツ分野でも広がっており、今年からは全日本カート選手権でもEV部門が設けられるなど、カート車両においてもハイトルクな走りに対応するタイヤへの要求が高まっている。

KE-1は、近年世界で進みつつある電動カートへのシフトに伴う車体の重量化に対応するために構造を最適化。優れた操縦安定性能と・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ほだ

結構良い

車種名:三菱自動車 eKクロス (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:ほだ***** さん
総合評価:

なかなかのびる、4WDターボなのでどうかなぁと思っていたが、夏タイヤで2...[ 続きを見る ]

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針