スバル フォレスター

カーライフニュース - スバル フォレスター

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スバルは6月14日に『フォレスター』改良新型を初公開し、国内SUBARU販売店で先行予約を開始する。現行フォレスターはスバルが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車となっている。

走行性能については全グレードで足回りを改良した。しなやかさとスポーティさを高い次元で両立したという。さらにアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」をe-BOXER搭載車全グレードに拡大展開した。

安全性能では「新世代アイサイト」を搭載。ステ・・・

ニュースを読む

スバルは6月14日に『フォレスター』改良新型を初公開し、国内SUBARU販売店で先行予約を開始する。正式発表は8月の予定だ。2019年以降登場のモデルから採用されているスバルの「BOLDER」表現を取り入れた。

現行フォレスターは2018年6月に発表された第5世代。乗る人すべてが愉しく快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージング、使い勝手の良い装備を採用し、SUVらしいたくましさが感じられるデザイン、・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は4月15日、『XV』および『フォレスター』のリヤスタビライザに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年4月21日から2019年5月31日に製造された9万6560台。

対象車両は、使用過程でリヤスタビライザのブラケットと車体を締結するボルトが緩み、取り付け部にガタが生じて異音が発生することがある。そのまま使用を続けるとボルトが脱落する可能性があり、最悪の場合・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の欧州子会社のスバルヨーロッパは12月14日、スバルが欧州市場において、新型EVの発売を準備していることを確認した、と発表した。

スバルヨーロッパによると、スバルの新型EVは2020年代の前半に発売が予定されている。『フォレスター』クラスの中型SUVとなり、トヨタと共有するプラットフォームをベースにするという。

今回の発表は、ヨーロッパにおいてCO2排出量を削減し、代替パワートレインに対する需要の高まりに対応す・・・

ニュースを読む

パナソニックは、プラットフォームを刷新してユーザーインターフェイスを大幅に進化させたカーナビゲーションシステムを開発。スバル車向け車種専用ビルトインナビとしてスバル系ディーラーにおいて10月より順次発売していくと発表した。

◆新プラットフォームの採用で地図のHD化やインターフェイスを刷新

対応したのは新型『レヴォーグ』と『インプレッサ』、『XV』、『フォレスター』の4車種で、画面サイズはレヴォーグが9型、残り3車種は8型となる。

・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は10月22日、ミドルサイズSUV『フォレスター』の改良モデルを発表した。

今回の改良では、最上級スポーツグレード「スポーツ」を追加。力強い走りと環境性能を両立した新開発1.8リットル直噴ターボDITエンジンを搭載する。さらに電動技術eBOXER搭載グレードを「Xブレーク」「ツーリング」に拡大。Xブレークには新制御のモーターアシスト、eアクティブシフトコントロールを採用した。

新グレードのスポーツでは、新開発エ・・・

ニュースを読む

スバル米国販売、フォレスター が新記録 2020年1-9月

by 森脇稔 on 2020年10月05日(月) 10時45分

SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは10月1日、2020年1〜9月の新車販売の結果を発表した。総販売台数は43万6560台。前年同期比は16.9%減とマイナスに転じている。

そんな中、SUVの『フォレスター』は好調だった。1〜9月は、新記録となる13万4082台を販売。前年同期比は2%増と、2年連続のプラスを維持した。3列シートSUVの『アセント』は、前年同期比17%減の4万9835台と後退する。

また、『アウトバ・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国部門は8月19日、『フォレスター』(SUBARU Forester)の2021年モデルを発表した。10月、米国市場で発売される予定だ。

フォレスターは、『レガシィアウトバック』と並ぶ米国市場におけるスバルの主力車種だ。現行型は5世代目モデルで、2018年春、米国で開催されたニューヨークモーターショー2018でワールドプレミアされた。

◆安全面を中心に装備を充実

現行型のデビュー2年を経て、米国で発表され・・・

ニュースを読む

スバル(SUBARU)は8日、日本ライフセービング協会に12台の車両を貸し出すことを発表し、車両の贈呈式を行った。

提供される車両は『フォレスター』など計12台。内訳はフォレスター9台のほか、『XV』2台、『レヴォーグ』1台となっている。貸与される「ライフセーバーカー」の活動エリアは、神奈川県、千葉県、静岡県の3県。このうち神奈川県は自治体の要請を受け、閉鎖中の海水浴場などのパトロールを強化するために利用されるという(日本ライフセービ・・・

ニュースを読む

ソニックデザインは、車種別スピーカーパッケージ「ソニックプラス」スバル車専用モデルにチューニングポート「G-チューナー」を搭載したスタンダードモデル特別企画品(フロント専用)を20セット限定で6月11日より発売する。

特別企画品「SP-S300EL」(スタンダードモデル)は、既存モデル「SPS300F」(トップグレードモデル)、および「SP-S300M」(ハイグレードモデル)とは別に、新たな最適化チューニングを行い、ナチュラルで心地良・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

NISMO:NE

e-powerからの乗り換えです。まだ500kmほどしか走行していないの...[ 続きを見る ]

A男

エンジン絶好調!

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:A男***** さん
総合評価:

購入から1年半が経過、走行距離も23000キロとなりエンジンは絶好調とい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針