パイオニア VREC-DS800DC《写真提供 パイオニア》

パイオニアは、カーナビゲーション連動2カメラタイプのドライブレコーダーユニット「VREC-DS800DC」を12月より発売する。

新製品はドライブレコーダーで録画した映像をカーナビの画面で確認できる連動機能を搭載。楽ナビと接続すれば、高精細なHD画質で確認できる「ドライブレコーダーリンクHD」対応によりカーナビ画面上で本機をスムーズに操作できるほか、画面上の「カメラ切換」キーで録画映像の表示も切り換えることができる。

200万画素の高画質フルHDカメラを採用し、前方の走行映像だけでなく後方の映像も高画質で同時に録画できる「ダブルレコーディング機能」を搭載。また、急な明るさの変化による白とびや黒つぶれを補正し、昼も夜も鮮明な映像を録画できる「WDR機能」も搭載する。CMOSセンサーは、夜間の録画に適したSONY製「STARVIS」を採用する。従来のドライブレコーダーに比べ約100分の1の光量でも撮影が可能な「ナイトサイト」を搭載。トンネルや街灯が少ない夜間の駐車時でも、前後の2カメラで鮮明な映像を録画できる。

Gセンサーは本体に加え、フロントカメラにも搭載。走行中にはフロントカメラのGセンサーを、駐車監視中には本体のGセンサーを使用することで車の衝撃を正確に検知する。

また、車両の盗難やいたずら防止に効果を発揮する「駐車監視機能(セキュリティモード)」を搭載。駐車中に衝撃を検知した場合、前後のカメラで自動的に録画を開始し、次回、ドライブレコーダーとカーナビを起動した際にカーナビの画面上に通知し、録画映像を確認できる。エンジン停止後バッテリー電圧が設定より低い値になった場合に電源供給を停止する電圧監視機能や、駐車監視機能の動作時間を設定できるタイマー機能も搭載する。

実勢価格(税別)は4万円前後となる見込み。

車の状況に応じて2つのGセンサー(フロントカメラと本体)で車の衝撃を検知《写真提供 パイオニア》