ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》

無限はホンダ『シビックタイプR』に多くの無限パーツを組み込んだモデルを合同試乗会に出展した。エアロパーツなどもふんだんに盛り込まれたモデルだが、最大の注目はホイールとクイックシフターだ。

ホイールは8.5J×20インチの鍛造の切削仕上げとなる「MDCF」。フロント用ホイールは1本でノーマル比マイナス2.75kg、リヤ用はマイナス3.1kgとそれぞれ軽量されている。前後で軽量化される重量が違うのは、インセットが異なるからだ。フロントのインセットは45mm、リヤのインセットは53mmでフロントのほうが外に出る、つまりトレッドが広がる。

このホイールの設定は、フロントのトレッドを広げることでアンダーステア傾向を弱めようというのが目的なのだ。コーナーに向かってステアリングを切り込んでいくと最初の反応がいいことに気づく。ステアリング操作に対してのタイヤの反応に遅れがなく、ステアリングをスッときるのと同時にフロントタイヤが反応する。そのままコーナーに入りアクセルを踏んでいってもアンダーステア傾向は少なめで、ねらったラインをトレースしやすい。素直にポテンシャルアップを実現しているが、ショックアブソーバーやスプリングはノーマルのままなので、乗り心地をスポイルしていない部分が好感を持てる部分だ。

クイックシフターはシフトストロークをマイナス10mm(6%)するとともに、ゴムブッシュを金属カラーに変更、リターンスプリングを18%ほどレートアップし、カッチリしたフィーリングを実現している。シフトフィールがいいだけでなく、レバー位置がドライバー側に14mmオフセットされるので、手の短い日本人には使いやすさがアップするはずだ。

ステアリングはグリップがかなり太いタイプになっているが、ステアリングのホームポジションである9時15分の部分は細めとなっているのでさほど違和感はない。太く、力強い印象と持ちやすさを両立しているというわけ。ノーマルのスイッチ類やエアバッグも移植できるところもワークスならではといったところだ。

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。

ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》 ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》 ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》 ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》 ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》 ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》 ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》 ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》 ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》 ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》 ホンダ・シビックタイプR無限仕様《撮影 諸星陽一》