ホンダ

カーライフニュース - ホンダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

19日、ホンダはレッドブル・グループと、来季2019年からのレッドブル・レーシングに対する2年間のパワーユニット(PU)供給について合意したと発表した。スクーデリア・トロロッソと合わせて、来季は2チーム供給になる。

ホンダは2015年シーズンにF1に復帰し、PU供給社として活動中。昨季までの3シーズンはマクラーレンと組んでいたが、今季からはトロロッソと共闘している。トロロッソはカラーリングからも分かるように、レッドブルの系列チームにあ・・・

ニュースを読む

ホンダの欧州部門、ホンダモーターヨーロッパは6月18日、新型『シビックタイプR』が「タイプRチャレンジ2018」として、ベルギーのスパ・フランコルシャンで市販FF車最速のラップタイムを記録した、と発表した。

新型シビックタイプRは2017年4月、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、市販FF車最速の7分43秒8のラップタイムを計測。タイプRチャレンジ2018は、このニュルでの挑戦にインスパイアされ、欧州の有名サーキットにおいてタ・・・

ニュースを読む

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月15日、電気自動車(EV)向けの次世代蓄電池として注目される全固体リチウムイオン電池の開発を産学連携で始めると発表した。

「今回のプロジェクトでは産学の英知を結集して、日本が世界に先駆けて全固体電池の実用化・量産化する共通のアーキテクチャーを構築していく」とNEDOの細井敬プロジェクトマネージャー。

参画企業は自動車メーカー4社、電池メーカー5社、材料メーカー14社の計23社。自動・・・

ニュースを読む

救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)、トヨタ自動車、ホンダ、および日本緊急通報サービス(HELPNET)は6月15日、救急自動通報システム「D-Call Net」を全国規模に拡大し、本格運用を開始したと発表した。

D-Call Netは、車両のコネクティッド技術を活用した救急自動通報システムだ。交通事故発生時の車両データを国内の事故データ約280万件をベースとしたアルゴリズムに基づき自動で分析し、死亡重症確率を推定。消防本部およ・・・

ニュースを読む

ホンダは6月13日、中国上海市で開幕したCESアジア2018において、スタートアップと共同開発した複数の新技術を発表した。

この新技術は、グローバルで優れた技術を発掘し、イノベーターとの協業を促進するプログラム「ホンダ・エクセラレーター」で開発されたもの。ホンダ・エクセラレーターでは、スタートアップ企業とオープンイノベーションで、新技術の開発に取り組んでいる。

AR(拡張現実)を自動車向けに応用した新技術は、スタートアップのWayR・・・

ニュースを読む

米国のコンシューマー技術協会(CTA)が主催する「CESアジア2018」が6月13日より中国・上海市でスタートした。今年は開催4回目となり、スタート時の4年前の約2倍となる約500社が参加。ベンチャー100社が含まれるものの、過去最高の規模で会場には熱気にあふれた。

CESは本来、コンシューマ向けの家電製品を中心としていたが、ラスベガスでの開催と同様、自動車関連の出展が際立っている。その数は50社以上にも上り、日本からはホンダが自動車・・・

ニュースを読む

ホンダは、汎用エンジン『GCV』シリーズをフルモデルチェンジし、欧州の各種作業機械メーカーに向けて2018年9月より順次販売を開始する。

GCVシリーズは、芝刈機や高圧洗浄機のパワーユニットに採用され、累計生産台数は全世界で3600万台を超えている。新型GCVシリーズでは、従来の「GCV160」「GCV190」の2モデル構成に対し、「GCV145(総排気量:145cc)」「GCV170(166cc)」「GCV200(201cc)」の3・・・

ニュースを読む

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは6月7日、『モンキー』(日本名:『モンキー125』)と『スーパーカブC125』を、米国市場に2019年モデルとして投入すると発表した。

モンキー125は、ホンダ二輪の遊び心を象徴するモデル。モダナイズされたデザインのレジャーモデルだ。ショート&トールボディによるモンキーならではのバランス、ワディングシートなどで構成されたデフォルメ感ある車体に、125cc水平単気筒エンジンを搭載する。

フロント倒立・・・

ニュースを読む

ホンダ CR-V 新型をホームページで先行公開 今夏発売予定

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年06月08日(金) 15時00分

ホンダは6月8日、今夏発売を予定している新型SUV『CR-V』に関する情報をホームページで先行公開した。

CR-Vは1995年にSUVの先駆けとして登場。現在、世界160か国以上で販売され、多くのユーザーから支持を集めるホンダを代表するグローバルモデルの一つ。5代目となる新型CR-Vは、デザイン、プラットフォーム、パワートレインなどすべてを刷新し、快適性や使い勝手の良さを進化させるとともに、世界のさまざまな道路環境に対応する、力強くも・・・

ニュースを読む

ホンダは、ロードスポーツモデル『CB400スーパーフォア』と『CB400スーパーボルドール』に、新色のキャンディークロモスフィアレッドを追加し6月15日より発売する。

CB400スーパーフォア/スーパーボルドールは、扱いやすいエンジン特性や、端正かつ普遍的なデザインなどが好評でロングセラーとなっているミドルクラススポーツ。スーパーボルドールは、防風効果の高いフロントカウルを装着する。

新色は、艶やかで上質感のあるキャンディークロモス・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

horiuchi518

レンタカーとして乗りました。

車種名:トヨタ シエンタ
投稿ユーザー:hor***** さん
総合評価:

アクセルを踏んだときの一瞬の加速の出遅れなど、 ちょこちょこネットで見る...[ 続きを見る ]

FD乗り

燃費と感想

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

走行距離4600kmの実績、感想。(下記燃費は車載メーター。エコモード、...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針