日本EVクラブ

カーライフニュース - 日本EVクラブ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日本EVクラブが主催する第1回「SDGs ERK on ICE〜氷上の電気レーシングカートの祭典」が10月3日、新横浜スケートセンターで開催された。メディア対抗戦としてモータージャーナリストや編集者がERKによるパシュートで競い合い、「driver」チームが初代チャンピオンに輝いた。

ERK on ICEは、通常のレーシングカートを電動化した上でスパイク付きの特製スタッドレスタイヤを装着して氷上を走行するもので、主催は長年にわたって電・・・

ニュースを読む

氷上を走る電気レーシングカート、「SDGs ERK on ICE」開催 10月3日

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年09月19日(土) 09時30分

日本EVクラブは、第1回「SDGs ERK on ICE〜氷上の電気レーシングカートの祭典」を10月3日、新横浜スケートセンターで開催する。

ERK on ICEは、電気レーシングカート(ERK)にスパイク付きの特製スタッドレスタイヤを装着して氷上を走行。排ガスやCO2を出さず、地球温暖化を防ぎつつ、アクセル全開で楽しめる21世紀の都市型電気四輪氷上スポーツだ。

今回は新型コロナウィルス対策への配慮もあり、メディア対抗戦として事前に・・・

ニュースを読む

日本EVクラブは、「親子電気レーシングカート組立体験&最新EV試乗」を2020年1月19日に日本科学未来館(東京都江東区)で開催、参加者を募集している。

日本EVクラブでは、地球温暖化・気候変動と自動車の関係を学び、EVの楽しさを発見し、その魅力を体験できるイベントとして、親子電気レーシングカート組み立て体験とメーカー製の最新EVやPHEVの試乗会を開催。親子で電気レーシングカートの組立やプログラミング、モーターの性能調整に挑戦するこ・・・

ニュースを読む

EVの面白さはわかる人にはわかる。そしてこの楽しさは、内燃機関のクルマにも共通するもので、両立できるもの。……なのだが「EVなんて」と思っている人が少なくないのも事実だ。

たしかに日本の場合、大手メーカーがHVに注力しているので、業界もジャーナリストも、EV・PHEVをイロモノとして見ているような気がする。普及に時間がかかるのも事実だが、新しい技術や製品、価値を取り入れていかなければ、産業も社会も発展しない。EVを否定したところで、モ・・・

ニュースを読む

ジャパンEVラリー白馬、9月14-15日開催決定

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年07月03日(水) 10時30分

日本EVクラブは、「ジャパンEVラリー白馬 2019」を9月14〜15日、長野県白馬村で開催する。

ジャパンEVラリーは速さを競う競技ラリーではなく、EVおよびプラグインハイブリッド車オーナーが全国各地から集まり、語り学び遊び、親交を深める集い。EVとプラグインハイブリッド車の普及を応援するイベントだ。

9月14日の集合場所は、山岳リゾートの白馬東急ホテル。ここで参加者を「EV普及アンバサダー」として認定する。白馬東急ホテルでは、ビ・・・

ニュースを読む

日本EVクラブは、国連の提唱するSDGs(持続可能な開発目標)に即した都市型電気四輪氷上スポーツ「SDGs Urban Electric Four Wheel Ice Sports」のプレゼンテーションイベントを7月13日、コーセー新横浜スケートセンター(横浜市港北区)で開催する。見学無料。

SDGs Urban Electric Four Wheel Ice Sportsは排ガスやCO2を出さず、再生可能エネルギーの使用が可能。地球・・・

ニュースを読む

日本EVクラブは、「親子電気レーシングカート組立体験&最新EV・PHEV試乗」を6月23日に日本科学未来館(東京都江東区)で開催、参加者を募集している。

同イベントは、EVの楽しさを発見し、その魅力を体験できるイベント「EVの楽しさ発見シリーズ」として開催しているもの。親子で電気レーシングカートの組立やプログラミング、モーターの性能調整に挑戦することで、EVの構造や仕組みを楽しく理解できるほか、日本EVフェスティバルや、ERK(エレク・・・

ニュースを読む

日本EVクラブは5月14日、2人乗り電気フォーミュラーカー『EV SIDE by SIDE』を復活させ、100人以上の子どもたちを乗せてギネス記録に挑戦するファンディングプロジェクトを開始。個人や企業・団体に向け広く支援を募集している。

EV SIDE by SIDEは、2007年に世田谷区の「中学生EV教室」で中学生が組み立てた世界に1台の2人乗り電気フォーミュラーカー。シビックHV用のモーター4基を搭載し、最高出力111psを発生・・・

ニュースを読む

日本EVクラブは、「親子電気レーシングカート教室」の第3弾を5月18日、埼玉アイスアリーナにて開催する。Kids ERK(子ども用電気レーシングカート)でスケートリンクを走行するのは世界初の試み。

今回使用するKids ERKは、子どもが運転しやすいように調整してあり、特性のスパイクタイヤを装着。安心してスムーズに乗ることができる。

「地球温暖化とEVのしくみを知ろう教室」では、地球温暖化の基礎知識を学び、 ERKを利用して、EVの・・・

ニュースを読む

日本EVクラブは、「親子電気レーシングカート組立体験と最新EV・PHEV試乗会」を3月24日に東京都江東区の日本科学未来館で開催予定で、参加者を募集している。

同イベントは、EVの楽しさを発見し、その魅力を体験できるイベント「EVの楽しさ発見シリーズ」として開催されているもの。親子で電気レーシングカートの組立やプログラミング、モーターの性能調整に挑戦することで、EVの構造や仕組みを楽しく理解できるほか、日本EVフェスティバルや、ERK・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hayabusa

スバル製造最終型を新車で購入してもうすぐ十年、見たくれ使い方と好みはある...[ 続きを見る ]

sinn

W247 AMGラインフル装備

車種名:メルセデスベンツ Bクラス
投稿ユーザー:sin***** さん
総合評価:

街乗りは、車重が1.5トン、排気量が1332のM282エンジン、10km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針