ホンダ

カーライフニュース - ホンダ (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダは5月8日、2019年3月期の連結決算と今期(20年3月期)の業績予想を発表した。今期の営業利益は前期比6%増の7700億円と、コストダウンの強化などにより3期ぶりの増益を見込んでいる。

今期の四輪車グローバル販売計画は3%減の516万台と、前期の過去最高から減少に転じる。海外では中国を含むアジアが1%減の222万台としたほか、主力の北米も市場の鈍化傾向から4%減の188万台を見込んだ。さらに日本も3%減の70万台とマイナスの計・・・

ニュースを読む

ホンダの八郷隆弘社長は5月8日に都内にある本社で開いた事業方針説明会で、次期型『フィット』に2モーターハイブリッドシステムを搭載するとともに、2019年秋に開催する東京モーターショーで世界初公開することを明らかにした。

八郷隆弘社長は会見でまず「ホンダはインフラやクルマの使われ方を考えると、CAFE(企業平均燃費)対応には最も有効な技術はハイブリッドだと考えている。全世界での拡販を通じて燃費の向上による地球環境への貢献を目指し、電動化・・・

ニュースを読む

ホンダの八郷隆弘社長は5月8日、事業方針説明会見にて、四輪事業の体質強化および電動化の方向性について説明を行った。

ホンダは現在、『シビック』、『アコード』、『CR-V』、『フィット/ジャズ』、『ヴェゼル/HR-V』の5機種をグローバルモデルとして展開、四輪車販売の6割を占める強い商品となっている。また、日本の『Nシリーズ』、北米の『パイロット』、中国の『クライダー(凌派)』などが、地域専用モデルとして重要な役割を果たしている。しかし・・・

ニュースを読む

ホンダは5月8日、2019年3月期(2018年4月〜2019年3月)の連結決算を発表。四輪・二輪ともに販売が伸び、売上高は過去最高の15兆8886億円を記録した。

売上高は、すべての事業における増加などにより、前年同期比3.4%増の15兆8886億円と過去最高となった。営業利益は、アジアなどの二輪車の販売増加や、コストダウン効果、前年度の集団訴訟和解金などはあったものの、四輪車生産体制の変更に伴う欧州における影響や為替影響などにより、・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

「平成」から「令和」という二つの時代をつなぐ超大型「GW10連休」が明け、5月7日は仕事始めの人も多かったが、元号が令和になって初取引の東京株式市場は、祝賀ムードの相場とはならなかったようだ。

日経平均株価は約1カ月ぶりに節目の2万2000円を割・・・

ニュースを読む

いま排気量125ccの原付2種クラスが「便利で経済的」と人気だが、このクラスには昔から“隠れ名車”が数多く存在し、重宝されてきたのはいまに始まったことではない。

教習所ではヨンヒャク(400cc)に乗る前のクラッチ操作習得用として、大排気量車を持つライダーにはセカンドバイクとして、あるいはビギナーが最初に選ぶ愛車として、大車輪の活躍をしてきた。


80年代はもちろん、90年代頃までは街でよく見かけたビジネスバイクも、このクラスが主流・・・

ニュースを読む

先日、ホンダ『シビックタイプR』の限定モデルと思われるプロトタイプをスクープしたばかりが、これとは異なる謎の開発車両をニュルブルクリンクで激写した。

この車両のフロントエンドには、リップスポイラーの下にさらに薄いボードが装備されている。それを複数のワイヤーで固定しているほか、リアドアには、ルーフ部分からコードで繋げられた謎のセンサーが見てとれる。

リアエンドには、既存のものより控えめなウィングを装備しており、『シビッククーペSi』に・・・

ニュースを読む

ホンダのオーストラリア部門は4月24日、レゴ(LEGO)ブロックで製作した実物大の『シビックタイプR』(Honda Civic Type R)を初公開した。

シビックタイプRには、新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力320ps、最大トルク40.8kgmを引き出し、0〜100km/h加速5.7秒、最高速272km/hの性能を発揮する。

レゴブロックの実物大シビックタイプRは、オーストラリア在住のレゴ公・・・

ニュースを読む

ホンダCBシリーズは1959年の『ベンリイCB92スーパースポーツ』(124cc)が登場して以来、いつの時代もさまざまな排気量の機種が発売され、じつに60年間にもおよぶ伝統あるホンダの血統だ。

そんななか、いまとなってはマニアックな中間排気量のモデルも数多く存在した。1970年に発売された『ベンリイCB90』もそのうちの1台。90ccと聞けば、現在では「なんてハンパな…」と思うかもしれないが、70年代までは決して珍しくなかった。

1・・・

ニュースを読む

気がつけば、新車ではもう買うことができなくなってしまっているクラッチ付きの原付1種=50ccバイク。70年代ならCB、RD、ハスラー、80年代ならRZ、RGガンマ、MBX、AR、オフ車だってDT、TS、CRM、KS-1、いくらでもあった。

400ccまで乗ることができる“中免”(中型限定自動2輪免許)をとるまえに、まずは原付免許というティーンエイジャーは少なくなく、硬派なバイク好きならスクーターではなく、マニュアルのバイクでクラッチ操・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

しんじ

燃費計について。

車種名:マツダ CX-8 (ディーゼル)
投稿ユーザー:しん***** さん
総合評価:

納車後3500km走ってのレビューです。マツダ車は免許取得した時初めて買...[ 続きを見る ]

god

rav4 ガソリン車

車種名:トヨタ RAV4
投稿ユーザー:god***** さん
総合評価:

rav4 の購入を考えているのですが(>人<;) ガソリン車の平均実質...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針